山口 梨紗さんの社会医療法人 緑泉会 米盛病院のインタビュー|ナースフルの職場の魅力 大特集


学べる環境を活かして、救急と集中医療を極めたい

社会医療法人 緑泉会 米盛病院

山口 梨紗 入職1年目

新設のICUで新人教育も

 新卒で入職した医療機関でICUに勤務していましたが、3交代で身体的にきつかったこともあり、一度冷静に考えたくなって退職しました。その後、前の職場で一緒に働いていた2人の先輩から誘われたのが米盛病院に入職することになったきっかけです。決め手は、もう一度、看護師としても人間としても尊敬できる先輩と働きたいと思ったこと。加えて、救急科ができたばかりの病院で、今から組織を立ち上げていく段階にあるということに惹かれたからです。
 ICU/ERの看護師は3チームに分かれて、一年ごとのローテーションでICUかERに配属。私の今の担当はICUです。出勤したら、まずは患者さんの状態で変わったことはないか情報収集。その後、自分の受け持ち患者さんの薬や点滴のチェックをします。バイタルを測って全身状態の観察を続けますが、点滴やモニター類が多いので、管の長さや状態のこまめな確認も欠かせません。また、重症の患者さんが多いICUでは、清拭や食事介助も看護師が行います。急患が入って来た時にはその対応をしたり、そのままオペ搬入になることもあります。手術室とICUがつながっているので、オペ搬入もスムーズにできます。その他にも、今年春に入ってきた3人の新人の教育担当もしています。ICUにいると病気に目が行きがちになりますが、看護には温かさも大切。看護観も大切にしてほしいと思いながら指導しています。

スペシャリストに囲まれて経験値を磨ける

スペシャリストに囲まれて経験値を磨ける

 当院には交通事故などによる外傷の患者さんが多く搬送されてきます。意識のない状態のところから、人工呼吸器が離脱できたり、全身の状態が落ち着いて特殊薬の必要もなくなったりすればHCUや一般病棟に移ってもらいます。ICUにいる間は意識や記憶のない状態の人が大半ですが、回復して一般病棟に移った後、リハビリがてらICUまで挨拶にきてくれる方に会えるのはうれしい瞬間です。
 当院にはドクターカーや民間用医療ヘリもあるので、救急で有名なドクターや経験豊富なスタッフが集まっていて、学びやすい環境だと思います。勉強会は月3~4回で、ICUに入ってきそうな患者さんを想定して、脳や呼吸や循環など、それぞれの得意分野について情報や知識を共有しあいます。認定看護師の方の知識を聞くのもすごく勉強になりますし、ME(臨床工学技士)も外部業者さんに協力を頼んで、看護師向けに人工呼吸器などの機械に関する勉強会を開いてくれます。リハビリスタッフとは合同カンファレンスをして看護やリハビリの方針を話し合うことも多く、職種の枠を超えて連携がとれているので、とても働きやすいです。副師長や主任など、管理職も中途入職の方なので、当院では「医療や看護のやり方は1つだけではない」ということが前提になっています。だから何でも相談もしやすいし、意見も言いやすい。新しいICUをつくることに参加できていることにもやりがいを感じています。

院外研修機会に恵まれ、資格取得支援も充実

院外研修機会に恵まれ、資格取得支援も充実

 看護師になりたての頃は、病棟とはまったく違うICUならではの医療用語や略語の意味が分からず、薬の種類も多いので戸惑うことばかりでした。どうしてこんなに勉強しないといけないの、と思ったこともあります。でもようやく、病態と知識がつながり、面白さが分かってきました。だから、この先もずっと救急や集中医療を極めていきたいと思っています。当院は研修も充実していますし、院外研修も積極的に受けさせてもらえるので、知識を深めるには理想的な環境です。著名な先生の研修は、休みをとって聞きに出かけていますし、法人では資格取得のための支援制度も整えてくれています。今後は仕事のローテーションでERに入ることもあります。急性期の初期対応を学んだり、民間用医療ヘリやドクターカーに乗るための研修も受けたりして、さまざまな経験を積んでいきたいです。
 仕事のモチベーションが上がるのは、しっかり働いてしっかり休める環境のおかげでもあると思います。今の職場は2交代勤務で、夜勤は月平均5~6日。ICUだからといってずっと働き詰めということはないし、有給も取りやすいです。お互いに声をかけやすい雰囲気なので、体調が悪い時は休ませてもらうこともあるし、逆に他の人に何かがあれば勤務交代するなど、カバーしあえる体制があるので助かっています。

※2015年9月時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!