三瓶 明子さんの埼玉県済生会川口総合病院のインタビュー|ナースフルの職場の魅力 大特集


「誰かに頼られる存在」でありたい…そんな看護師に近づける環境です。

埼玉県済生会川口総合病院

三瓶 明子 入職9年目

メンバー教育は私自身も勉強になります

 昔から「誰かに頼られる存在になりたい」という気持ちがあって、看護師に憧れはもっていました。でも、理学療法士やその他の道も検討するなど、迷いもありました。そんな中で高校生の時に、看護師をしていた姉の働く姿を見学に行った日が、看護師になることを決めた日だと思います。姉の患者さんに接する時のやさしい笑顔や、姉に相談をしている患者さんのご家族の信頼しきった顔を見た時、「私もこんな風になりたい」と強く思いました。
 看護学校を卒業後、この病院に就職して9年目。現在は泌尿器科、腎臓内科、産婦人科、皮膚科などの患者さんが入院する7A病棟でリーダーをしています。患者さんを受け持ちながら、チームの目標達成のための方法を考えたり、課題をうまく解決できるようにチームの看護師を支援したりしています。
 チームの目標のひとつに、「メンバーのジェネラリストとしての能力の底上げ」があります。そこで考えたのが、3年目以上の看護師が毎日のカンファレンスの司会進行を行うというもの。患者さんへの広範囲で細かな知識が必要になるため、指導する私にとってもとてもいい勉強になっています。

パートナーシップ・ナーシング・システムの効果に驚きです!

パートナーシップ・ナーシング・システムの効果に驚きです!

 リーダーとしては3年目を迎えました。視野がより広くなり、自分自身もチームも成長しているという実感を持っています。
 昨年の取り組みですが、ストーマケアを学ぶDVDを自分たちで製作。ストーリー、構成、撮影、キャストもすべて自分たちだけで担当しましたので、いろいろな面で勉強になりました。大変でしたが、みんなでひとつのことを成し遂げたのがうれしかったですね。今年は、これを看護師の教育に使ってもらうように、研究会で報告するのが目標です。とても欲しかった映像教材なので、たくさんの看護師がDVDを参考に勉強してくれたらと思います。
 私のいる7A病棟では、「パートナーシップ・ナーシング・システム」という看護方式(原則2名でペア組み、患者さんを担当)を採用しています。安全・安心な看護が目的です。これには、思わぬ副産物がありました。
 日々の業務でもペアを組むからでしょうか、以前よりも「ありがとう」「これは私がやるわ」といった声を掛け合う回数が目に見えて増えました。そして、ナースステーションでは仕事の話をしたり相談し合ったりする風景があちらこちらで見られるようになりました。お互い尊重し合え成長できる関係を目指しています。コミュニケーションをさらに密にして、ミスなどのもととなる事柄をもっと減らせるようにしたいですね。

素敵な上司や先輩をお手本に、副師長を目指したい

素敵な上司や先輩をお手本に、副師長を目指したい

 病院はチーム医療を推進しているので、他業種との連携が密にとられています。カンファレンスには、薬剤師やソーシャルワーカー、在宅支援の看護師、看護助手までも適宜参加しています。
 今後のキャリアプランとしては、リーダーとしての力を磨いて、次は副師長を目指したいですね。「スペシャリスト志向かジェネラリスト志向か?」とよく聞かれますが、自分ではまだ決めていませんが、ジェネラリストの方が合っていると思っています。
 日々の看護を一生懸命に行い、入職時から思っている「誰かに頼られる存在」に少しでも近づけたらいいと考えています。リーダーに任命していただいたときに、師長が私の志向や考えをいろいろ聞いてくださいました。今後も何が足りないか、どこを伸ばせばいいかなど相談にのっていただけると思います。
 今の職場はキャリアアップを全面的に支援してくれますし、部長、副部長、師長、副師長みなさんが素敵な上司ばかり。また、子育てをしながら働くママさん看護師も大切なお手本。目標にしたい存在には困りませんので、私は恵まれていますね。
 この病院は、キャリアアップしたい人にはとてもいい環境が整っていると思います。スペシャリストを目指したい人には、専門・認定看護師のよいお手本が身近にたくさんいます。また、中途採用の看護師さんを歓迎する風土があります。自分たちの病院以外の経験や知識から何か学びたいという看護師ばかりですので、一緒に働くことになった際には、ぜひいろんなお話をしていただきたいですね。

※2015年9月時点の情報です。最新の情報とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!