2016年度(第105回)版 看護師国家試験 過去問題

午後96成人看護学

次の文を読み〔問題94〕、〔問題95〕、〔問題96〕の問いに答えよ。Aさん(48歳、男性)は、横断歩道を歩行中に乗用車に衝突され、救命救急センターに搬送された。搬送時、呼びかけに開眼せず、四肢の筋緊張が充進していた。呼吸数30/分、脈拍60/分、血圧142/98mmHgであった。右側頭部と右肩甲骨部の擦過傷以外に目立った外傷はなかった。〔問題96〕術後14日。Aさんの意識レベルはジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉Ⅰ—2で、左上下肢に軽度の麻痺と左の視空間失認とがある。Aさんは座位を保持し、自力で食事を摂ることが可能となったが、左側の食べ物を残す様子がみられる。車椅子への移乗は看護師の介助が必要であるが、1人でベッドから降りようとする。Aさんは右利きである。このときの適切な看護はどれか。

  • 1.離床センサーを設置する。
  • 2.右側を意識するように促す。
  • 3.食器をAさんの左側に配置する。
  • 4.残した食事は看護師が介助して口に運ぶ。
  • 5.視空間失認が改善してから歩行訓練を開始する。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ