2016年度(第105回)版 看護師国家試験 過去問題

午前115在宅看護論

次の文を読み〔問題115〕、〔問題116〕、〔問題117〕の問いに答えよ。Aさん(42歳、女性)は、2年前に筋萎縮性側索硬化症〈ALS〉の確定診断を受けた。夫(50歳)と長女(16歳)と自宅で過ごしている。Aさんは「なるべく口から食べるようにしたい」と話し、食事と併せて胃瘻から栄養剤の注入を行っている。要介護2の認定を受け、訪問看護および訪問介護を利用している。食事の介助を行う夫から、訪問看護師に「介助の方法が良くないのか、妻はうまく飲み込めていません」と相談の電話があった。〔問題115〕夫に対する訪問看護師の対応として最も適切なのはどれか。

  • 1.「食事の介助に時間をかけましょう」
  • 2.「胃瘻からの栄養量を増やしましょう」
  • 3.「介助方法に問題があるかもしれません」
  • 4.「嚥下食の宅配サービスを頼んでみましょう」
  • 5.「飲み込みの状態に応じた食事を一緒に考えましょう」
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ