2016年度(第105回)版 看護師国家試験 過去問題

午前44基礎看護学

Aさん(59歳、男性)は、糖尿病で内服治療中、血糖コントロールの悪化を契機に膵癌と診断され手術予定である。HbAlc7.0%のため、手術の7日前に入院し、食事療法、内服薬およびインスリンの皮下注射で血糖をコントロールしている。Aさんは、空腹感とインスリンを使うことの不安とで、怒りやすくなっている。Aさんに対する説明で適切なのはどれか。

  • 1.「手術によって糖尿病は軽快します」
  • 2.「術後はインスリンを使用しません」
  • 3.「少量であれば間食をしても大丈夫です」
  • 4.「血糖のコントロールは術後の合併症を予防するために必要です」
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ