2015年度(第104回)版 看護師国家試験 過去問題

午後116在宅看護論

次の文を読み〔午後問題115〕、〔午後問題116〕、〔午後問題117〕の問いに答えよ。Aさん(35歳、男性、建設業)は、両親と3人で暮らしている。3年前の仕事中に屋根から転落して、第12胸髄を損傷した。1か月前から車で作業所に通い、作業中はほとんど車椅子に座っている。週1回の訪問看護を利用している。〔午後問題116〕Aさんは繰り返し使用できるカテーテルによる間欠的自己導尿を行っている。排尿のセルフケアの指導として最も適切なのはどれか。

  • 1.24時間の蓄尿を勧める。
  • 2.カテーテルの挿入は無菌操作で行う。
  • 3.急に発熱した場合は医師に連絡する。
  • 4.カテーテルを保管するケースの消毒薬は週1回交換する。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ