2015年度(第104回)版 看護師国家試験 過去問題

午後71在宅看護論

Aさん(60歳、男性)は、1年前に膵癌と診断されて自宅で療養中である。疼痛管理はレスキューとして追加注入ができるシリンジポンプを使用し、オピオイドを持続的に皮下注射している。訪問看護師のAさんへの疼痛管理の指導で適切なのはどれか。

  • 1.シリンジの交換はAさんが実施する。
  • 2.疼痛がないときには持続的な注入をやめてもよい。
  • 3.レスキューとしてのオピオイドの追加注入はAさんが行う。
  • 4.レスキューとして用いるオピオイドの1回量に制限はない。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ