2015年度(第104回)版 看護師国家試験 過去問題

午前117在宅看護論

次の文を読み〔午前問題115〕、〔午前問題116〕、〔午前問題117〕の問いに答えよ。Aさん(14歳、男子、中学生)は、両親と弟(7歳)との4人で暮らしている。Duchenne<デュシェンヌ>型筋ジストロフィーで2年前に誤嚥性肺炎を繰り返し、経鼻経管栄養法と在宅酸素療法とを開始した。その後、呼吸障害が進行し、非侵襲的陽圧換気による呼吸管理目的で入院した。Aさんは「特別支援学校に戻って友達に会いたい。夜に使うマスクに早く慣れたい」と訴えた。Aさんは自宅に戻って訪問看護を利用する予定である。身体障害者手帳(肢体不自由1級)が交付されている。〔午前問題117〕退院後6か月。Aさんは特別支援学校に通学している。弟の小学校でインフルエンザが例年より早い時期から流行し始めた。弟はインフルエンザの予防接種を受けていた。Aさんの母親は「Aにインフルエンザがうつらないか心配です」と訪問看護師に話した。母親への訪問看護師の助言として最も適切なのはどれか。

  • 1.「Aさんを隔離しましょう」
  • 2.「ショートステイを利用してみましょう」
  • 3.「予防接種について主治医に相談してみましょう」
  • 4.「弟さんは予防接種を受けているのでAさんにはうつりませんよ」
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ