2013年度(第102回)版 看護師国家試験 過去問題

午後107老年看護学

次の文を読み〔午後問題106〕、〔午後問題107〕、〔午後問題108〕の問いに答えよ。Aさん(85歳、男性)は、妻と2人で暮らしていたが、自宅で意識を消失して緊急入院した。検査の結果、右中大脳動脈領域の脳梗塞と診断された。意識は回復したが左片麻痺があり、発症後3日からベッド上での関節可動域訓練(ROM訓練)が開始された。〔午後問題107〕発症後3週。意識は明瞭となり、五分粥と軟菜の経口摂取もできるようになった。食事中、うまく飲み込めずに時々むせることがあり、食事摂取に40~50分かかっている。Aさんへの看護で適切なのはどれか。

  • 1.水分摂取には吸い飲みを使う。
  • 2.五分粥を摂取するときは大きいスプーンを使う。
  • 3.嚥下するときは顔を右側に向ける。
  • 4.食後は30分程度Fowler〈ファウラー〉位にする。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ