2013年度(第102回)版 看護師国家試験 過去問題

午前2N01

飲酒に起因する健康障害はどれか。

  • 1.肝硬変
  • 2.膠原病
  • 3.Meniere〈メニエール〉病
  • 4.Parkinson〈パーキンソン〉病
正解・解説を見る
1 肝硬変
飲酒を継続すると脂肪肝になりやすく、その状態で大量の飲酒をするとアルコール性肝炎に悪化し、それでも止められないと肝硬変になる。
×2 膠原病
膠原病のうち、いくつかの疾患は難病に指定されているように、原因は明らかになっておらず、飲酒に起因するとはいえない。
×3 Meniere〈メニエール〉病
メニエール病も難病に指定されているように、原因は明らかになっておらず、飲酒に起因するとはいえない。
×4 Parkinson〈パーキンソン〉病
パーキンソン病も難病に指定されているように、原因は明らかになっておらず、飲酒に起因するとはいえない。

解説

飲酒による健康障害は、肝疾患以外にもたくさんあり、がん、膵疾患、メタボリックシンドローム、アルコール依存症、認知症などがあります。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題