2012年度(第101回)版 看護師国家試験 過去問題

午前20N01

廃用症候群の予防で正しいのはどれか。

  • 1.温罨法
  • 2.安静臥床
  • 3.減塩食の提供
  • 4.関節可動域訓練
正解・解説を見る
×1 温罨法
筋肉の緊張緩和に効果はあるが、廃用症候群の予防にはならない。
×2 安静臥床
安静臥床の継続が廃用症候群の原因になるため、予防ではなく悪化させる。
×3 減塩食の提供
高血圧予防にはなるが、廃用症候群の予防にはならない。
4 関節可動域訓練
廃用症候群のひとつである関節拘縮は、関節可動域訓練によって関節を動かすことで予防につながる。

解説

廃用症候群の原因には、長期の安静臥床などによる、筋肉の萎縮、関節の拘縮、心肺機能低下、うつ状態などがあります。関節が拘縮すると改善が難しいことが多いため、関節可動域訓練で予防することが大切です。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題