2011年度(第100回)版 看護師国家試験 過去問題

午後106小児看護学

次の文を読み〔午後問題106〕、〔午後問題107〕、〔午後問題108〕の問いに答えよ。Aくん(12歳、男子)は、5歳で気管支喘息と診断され、抗アレルギー薬の服用と副腎皮質ステロイドの吸入をしている。アレルゲンはハウスダストである。Aくんは小学3年生までは、年に数回の中発作を起こし入院治療をしていた。その後は、月に1回の外来通院で症状はコントロールされ、入院することはなかった。小学6年生の冬に学校で中発作を起こし、学校に迎えに来た母親とともに救急外来を受診した。〔午後問題106〕救急外来受診時のAくんの状態で考えられるのはどれか。

  • 1.呼気の延長はない。
  • 2.坐位になることを好む。
  • 3.日常会話は普通にできる。
  • 4.安静時の呼吸困難感はない。
  • 5.経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉は90%である。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ