2011年度(第100回)版 看護師国家試験 過去問題

午前7N01

介護老人保健施設はどれか。

  • 1.医業を行い、20名以上の患者が入院できる施設
  • 2.医業を行い、患者が入院できるための設備が無い施設
  • 3.要介護者が入所し、必要な医療や日常生活の援助を受ける施設
  • 4.認知症の要介護者が共同生活をしながら、日常生活の援助を受ける施設
正解・解説を見る
×1 医業を行い、20名以上の患者が入院できる施設
これは病院の説明である。
×2 医業を行い、患者が入院できるための設備が無い施設
医業を行い、患者が入院できる設備が無い、もしくは19床以下の医療機関は診療所である。
3 要介護者が入所し、必要な医療や日常生活の援助を受ける施設
介護老人保健施設は、要介護の人が入所し、介護や機能訓練、日常生活の世話などを行い、自宅生活への復帰を目指す施設。
×4 認知症の要介護者が共同生活をしながら、日常生活の援助を受ける施設
認知症対応型共同生活介護の説明で、これは認知症の人が入所できるグループホームのこと。

解説

介護老人保健施設と間違いやすいものに、介護療養型医療施設と介護老人福祉施設があります。医学的管理の下で介護が行われるのは、介護老人保健施設と介護療養型医療施設です。この2施設には常勤の医師がいますが、介護老人福祉施設は特別養護老人ホームとも呼ばれる福祉施設のため医師が非常勤の場合もあります。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題