2010年度(第99回)版 看護師国家試験 過去問題

午後101老年看護学

次の文を読み〔午後問題100〕、〔午後問題101〕、〔午後問題102〕の問いに答えよ。80歳の女性。自宅で長男との2人暮らし。明け方にトイレに行こうとして廊下でつまずき転倒し、左大腿骨頸部骨折と診断され内固定術を受けた。術後は順調に経過し、杖を使った歩行が安全にできるようになり1週後の自宅退院が決定した。下肢の筋力および認知機能の低下はない。〔午後問題101〕杖歩行は順調に上達しているが、転倒したことを「息子に迷惑をかけた。転んだことを思い出すとおそろしくて胸がドキドキするし、また転ぶんじゃないかと思うと不安だ」と話す。本人への言葉かけで適切なのはどれか。

  • 1.「絶対に転倒してはいけませんよ」
  • 2.「転びにくいような歩き方ができていますよ」
  • 3.「骨折は治ったのだからもう安心して大丈夫ですよ」
  • 4.「もうお年ですからなんでも息子さんに手伝って貰いましょう」
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ