2010年度(第99回)版 看護師国家試験 過去問題

午後98成人看護学

次の文を読み〔午後問題97〕、〔午後問題98〕、〔午後問題99〕の問いに答えよ。36歳の男性。妻と2歳の娘との3人暮らし。急性骨髄性白血病の診断で、中心静脈カテーテルが挿入され、寛解導入療法が開始された。妻は入院時に「娘が自分のそばを離れたがらず、夫の付き添いができない」と話した。〔午後問題98〕3歳年上の兄とヒト白血球抗原〈HLA〉が適合したため、血縁者間骨髄移植が検討された。ドナーとなる兄への説明で適切なのはどれか。

  • 1.兄が免疫抑制薬を内服する。
  • 2.全身麻酔下で骨髄液を採取する。
  • 3.骨髄液採取部位は翌日までドレーンを挿入する。
  • 4.兄の退院の目安は患者に生着が確認されるころである。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ