2010年度(第99回)版 看護師国家試験 過去問題

午前96在宅看護論

次の文を読み〔午前問題94〕、〔午前問題95〕、〔午前問題96〕の問いに答えよ。78歳の女性。82歳の夫との2人暮らし。5年前に乳癌と診断され、乳房の切除術を受けた。最近、肺とリンパ節への転移が認められたため、外来で化学療法が始まった。要介護2で、室内は手すりで歩行が可能であるが、通院などの外出時は疲れやすいため車椅子を使用している。夫のADLは自立しており、通院の介助をしている。〔午前問題96〕2週後、仙骨部に2×3cmの水疱が認められた。日中、傾眠傾向となったが声かけには覚醒し、介助で起き上がることはできる。会話は明瞭で苦痛症状はない。食事摂取量は少なく、血液検査で総蛋白5.0g/dL、アルブミン2.7g/dLとなった。褥瘡への対応で適切なのはどれか。2つ選べ。

  • 1.入眠中は2時間ごとに体位変換するよう夫に依頼する。
  • 2.経口栄養剤の処方について主治医と調整する。
  • 3.体圧分散マットに交換することを提案する。
  • 4.訪問介護を導入し、褥瘡処置を依頼する。
  • 5.直ちに膀胱留置カテーテルを留置する。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ