2009年度(第98回)版 看護師国家試験 過去問題

午後94成人看護学

次の文を読み〔午後問題94〕、〔午後問題95〕、〔午後問題96〕の問いに答えよ。58歳の男性。コンピュータプログラマー。3か月前から右下肢に歩行時の疼痛があり右下肢閉塞性動脈硬化症と診断され、経皮的血管形成術の目的で入院した。〔午後問題94〕右大腿動脈からカテーテルを挿入し、右外腸骨動脈閉塞部へのステント留置術が施行された。ステント留置術施行後の看護で最も重要なのはどれか。

  • 1.四肢の他動運動
  • 2.両下肢の安静保持
  • 3.穿刺部位の止血確認
  • 4.膀胱留置カテーテルの抜去
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ