2009年度(第98回)版 看護師国家試験 過去問題

午後91在宅看護論

次の文を読み〔午後問題91〕、〔午後問題92〕、〔午後問題93〕の問いに答えよ。70歳の女性。1人暮らし。肺気腫で在宅療養をしていた。夫とは死別し、長女は隣県に住んでいる。要支援2。介護予防訪問介護を利用していた。咳・痰の症状に加え呼吸困難感が増強したために入院した。今後も自宅での療養を強く希望している。〔午後問題91〕入院後、安静を保ち、酸素療法と薬物療法とで症状が軽減した。酸素流量の指示は1L/分、患者は酸素ボンベを引いて歩行可能であるが、ベッド上で臥床していることが多い。自宅での日常生活動作の不安を訴えている。病棟看護師が退院準備として支援するのはどれか。

  • 1.可能な限り安静を促す。
  • 2.長女との同居を勧める。
  • 3.呼吸リハビリテーションを勧める。
  • 4.ポータブルトイレの使用を勧める。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ