2009年度(第98回)版 看護師国家試験 過去問題

午後45在宅看護論

76歳の男性。前立腺肥大症による尿閉を繰り返したため、膀胱留置カテーテルを挿入することとなった。介助によって歩行可能で、認知症の症状はみられない。訪問看護師が行う本人と家族への指導で適切なのはどれか。

  • 1.ミルキングは看護師の訪問時に行う。
  • 2.自宅の浴槽で入浴できることを伝える。
  • 3.歩行時は蓄尿袋をカテーテルよりも高くする。
  • 4.カテーテルの抜去を防止するため安静を促す。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ