2009年度(第98回)版 看護師国家試験 過去問題

午前103成人看護学

次の文を読み〔午前問題103〕、〔午前問題104〕、〔午前問題105〕の問いに答えよ。48歳の男性。職場の健康診断で大腸癌が疑われ来院した。検査の結果、下部直腸に腫瘍があり、低位前方切除術が施行された。術前に自覚症状はなく、入院や手術は初めての経験であった。〔午前問題103〕術後順調に経過し翌日には離床が可能となった。歩行練習を促したが、患者は創部の痛みを訴え拒否している。術後の痛みに対しては、硬膜外チューブから持続的に鎮痛薬が投与されている。対応で適切なのはどれか。

  • 1.痛みがある間は歩行できないと説明する。
  • 2.歩行練習を1日延期することを提案する。
  • 3.痛みを気にしないで歩くように説明する。
  • 4.鎮痛薬を追加使用して歩行を促す。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ