2009年度(第98回)版 看護師国家試験 過去問題

午前11N01

緑内障で禁忌なのはどれか。

  • 1.アトロピン
  • 2.インスリン
  • 3.フロセミド
  • 4.ジゴキシン
正解・解説を見る
1 アトロピン
アトロピンは抗コリン薬で、散瞳薬としても用いられる。毛様体筋の弛緩を起こし、眼房水の排泄路であるシュレム管が狭くなり眼圧が上昇するので、緑内障では禁忌となる。
×2 インスリン
インスリンは糖尿病治療薬である。
×3 フロセミド
フロセミドはループ利尿薬である。
×4 ジゴキシン
ジゴキシンは強心薬である。

解説

アトロピンなどの抗コリン薬は、毛様体筋を弛緩させることでシュレム管からの房水の排泄を悪くし、眼圧を上昇させます。

※ このページに掲載されているすべての情報は参考として提供されており、第三者によって作成されているものも含まれます。Indeed は情報の正確性について保証できかねることをご了承ください。

前の番号の問題

次の番号の問題