2008年度(第97回)版 看護師国家試験 過去問題

午後47成人看護学

次の文を読み〔午後問題46〕、〔午後問題47〕、〔午後問題48〕の問いに答えよ。63歳の男性。妻と2人暮らし。肝機能異常を指摘されていたが、自覚症状がなく積極的な治療を受けていなかった。最近、倦怠感があり受診したところ肝機能データが悪化しており、腹腔鏡検査と肝生検のため入院することになった。慢性心房細動のためにβ遮断薬、血栓予防のために低用量アスピリンを内服している。〔午後問題47〕精査の結果、肝硬変と食道静脈瘤が認められ、内視鏡的硬化塞栓療法が必要となった。医師から説明を受けた患者は「病気が悪くなっているようだ。これから必要な治療についてたくさん話されてもついていけない。何のためにこの治療が必要なのかもう一度教えてください」と看護師に尋ねた。内視鏡的硬化塞栓療法の目的で正しいのはどれか。

  • 1.腹水貯留の予防
  • 2.食道狭窄部の拡張
  • 3.食道静脈瘤の出血予防
  • 4.肝硬変部への薬剤の注入
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ