2008年度(第97回)版 看護師国家試験 過去問題

午後33在宅看護論

次の文を読み〔午後問題31〕、〔午後問題32〕、〔午後問題33〕の問いに答えよ。74歳の男性。70歳の妻と2人暮らし。1か月前に脳梗塞を発症し入院した。右不全麻痺があるが病状が安定したため3日前に在宅療養となった。療養者は麻痺が受け入れられず、1人で食事を摂取する意欲が乏しく、退院後の食事はベッド上で坐位になり妻の介助で軟らかい物を経口摂取している。初回訪問時に妻から「食事に時間がかかって困ります」と訪問看護師に相談があった。食事の様子を観察すると、麻痺側の口腔内の食べ物は残りがちで、お茶はスプーンで摂取しているがむせることがある。〔午後問題33〕嚥下訓練を継続したことでむせることがなくなり、1人で食事を摂取することに意欲がみられ始めた。療養者は右利きであり「右手で自分で食べたい」と言う。妻も「少しでも自分で食事ができるようにしたい」と言う。指導で適切なのはどれか。

  • 1.従来使用していた箸を使う。
  • 2.スプーンの握りを太くする。
  • 3.体の左側を枕などで固定する。
  • 4.オーバーベッドテーブルの高さは胸の位置にする。
正解・解説を見る

前の番号の問題

次の番号の問題

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ