臨床指導者8人からの応援メッセージ

1. よい実習経験をした科が将来の担当領域に

イムス三芳総合病院 外科・泌尿器科混合病棟 大橋美和子さん

看護って楽しいな、と思えるような実習をして欲しいです。私が学生時代に実習で担当した患者さんはみんな覚えています。一番つらかった実習が一番鮮明な記憶として残っています。そして、実習時に一番嬉しい経験をした科が、今後も担当したい科になりました。そういう意味では、実習が今後の看護観を作り上げると言っても過言ではないと思います。ぜひ、嫌がらずに挑んで下さいね。

(イムス三芳総合病院 外科・泌尿器科混合病棟 大橋美和子さん)

2. 精神的にも自分を強く持って

精神的にも自分を強く持つことが大切です。臨床指導者から強く言われて心が折れてしまうと、毎日行きたくないという気持ちのまま終わってしまいます。根性で乗り切るしかない部分もあります。キーはコミュニケーションでしょうか。臨床指導者とうまくコミュニケーションがとれれば、よいアドバイスがもらえるでしょうし、質問もしやすい環境になると思います。

(都内総合病院 内科病棟 主任 福岡さん<仮名>)

3. 悩んで苦しかったことも必ず次に繋がります

東京北社会保険病院 小児科病棟 門中葉子さん

毎日、体調を崩さずに来るということだけでも大切。そして、悩むことができる、聞くことができる、というのも学生の強みです。悩んだ末にできなくても、それがわかるだけでも貴重な経験です。患者さんにありがとうと言われることがだけが喜びではありません。悩んで苦しかったことも絶対に次に繋がります。

(東京北社会保険病院 小児科病棟 門中葉子さん)

4. よい体験を仲間で共有する

情報交換をする場所はわきまえる必要がありますが、一人が経験したことを学生同士で共有できるようにすると、学びが広がります。ぜひ仲間同士のコミュニケーションも大切にして下さい。

(東京北社会保険病院 小児看護専門看護師 教育担当看護師長 佐々木祥子さん)

5. よかったと思ってもらえること

東埼玉総合病院 外科病棟 西井由紀子さん

会話の際、患者さんの意図は何か考えると看護展開がしやすいですよ。単に愚痴なのか、対応の改善を求めているのか把握し対応すると、担当してもらってよかったと思ってもらえるはず。自己満足になりがちですが、私たちの仕事を評価するのは患者さんです。また、看護の楽しさを見出す瞬間は人それぞれですが、患者さんにどれだけ寄り添えたかが大切です。自分の看護を一つひとつ振り返りながら、日々考えるとよりよい実習になると思います。

(東埼玉総合病院 外科病棟 西井由紀子さん)

6. グループ内の協力がチーム医療の学びに

済生会横浜市東部病院 消化器センター 久住結衣さん

実習は団体行動なので、学校では学べないチーム医療を少しでも実感できるよい機会です。チームで一人の患者さんに関わり、看護師がコーディネーターになる臨床現場の様子を知って、自分たちのグループカンファレンスに応用してもらってもよいですね。何でも臨床指導者だけに相談するのでなく、学生間で情報を共有し協力しあうことで経験値も上がり、各自の成長に繋がります

(済生会横浜市東部病院 消化器センター 久住結衣さん)

7. 自分の殻を破って

済生会横浜市東部病院 こどもセンター 森裕子さん

実習の受け持ち患者さんは就職後も覚えているもの。そのくらい看護人生で有意義な体験です。辛いとは思いますが、ベッドサイドで今しかできないケアを実践して欲しいです。ケアを考える過程など、経験は必ず生きてきます。それから、臨床現場ではチームでのケアが必須なので、今から人と協力する経験を積みましょう。壁を作るタイプは、殻を破らないと後で苦労します。実習は就職前の訓練の場でもあるので、人との関係を学ぶよい機会です。

(済生会横浜市東部病院 こどもセンター 森裕子さん)

8. 1:1で看護できるラストチャンス

済生会横浜市東部病院 整形・リウマチセンター 千葉鮎美さん

実習は一人の患者さんを受け持てる最後のチャンスなので、じっくり看護過程を展開し、自分なりにケアを考えましょう。先日、オペ後に強く痛みを訴える患者さんのそばに一緒にいた学生がいました。その患者さんからとても安心したと感謝されていました。ただ近くにいるということは学生ならではできること。そんな今しかできない経験をぜひして下さいね。臨床のナースがしたくてもできない、そばにいること、手を握ってさすることが体験できるのが実習で、“看護師がそこにいることに意味がある”と実感できるはずです。そういう看護の楽しさをわかってもらえると嬉しいですね。

(済生会横浜市東部病院 整形・リウマチセンター 千葉鮎美さん)

実習コミュニケーションお役立ちマニュアルトップへ

その他の実習コミュニケーションお役立ちマニュアルを読む

指導看護師8人からの応援メッセージ

現場で活躍する臨床指導者・教育担当者から、看護学生が実習を成功させるために心に留めておいて欲しい、元気が出る応援メッセージが届いています。

金曜配信のメルマガでも実習のお役立ち情報を配信中♪
会員登録して、メルマガ登録しよう!

会員登録

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ