マナーの基本③ 立ち振る舞い

慣れてくると言葉遣いが乱れがち

3週間、4週間と実習期間が長くなると、患者さんと信頼関係を築くのはよいのですが、それに伴い友達同士のような言葉遣いになってしまうのが気になります。学ばせてもらっている立場を自覚し、礼儀ある態度で接して欲しいですね。敬語が苦手な人も最低限です・ますでお話するようにしましょう。

(東埼玉総合病院 外科病棟 西井由紀子さん)

先輩ナースや医師への態度にも注意

イムス三芳総合病院 外科・泌尿器科混合病棟 大橋美和子さん

医師やナースに対して友達感覚で話す人が多いと感じています。敬語がわからなくても、相手を尊重する気持ちが伝わるように話す方が得ですよ。学びにきているという姿勢が感じられるような態度であって欲しいと思います。

(イムス三芳総合病院 外科・泌尿器科混合病棟 大橋美和子さん)

クールに振る舞うより、やる気をみせて

済生会横浜市東部病院 こどもセンター 森裕子さん

こちらが尋ねても、全然発言しない人はもったいない。折角の機会なので、自分の殻に閉じこもらず、積極的に勉強して、質問した方が得るものも多いはずです。頑張っている子は周囲も応援したくなりますしね。

(済生会横浜市東部病院 こどもセンター 森裕子さん)

実習コミュニケーションお役立ちマニュアルトップへ

その他の実習コミュニケーションお役立ちマニュアルを読む

指導看護師8人からの応援メッセージ

現場で活躍する臨床指導者・教育担当者から、看護学生が実習を成功させるために心に留めておいて欲しい、元気が出る応援メッセージが届いています。

過去問6年間分をスマホアプリで解ける!

一問一答メルマガ