第4章 腎・泌尿器領域の治療 尿道留置カテーテル ~ ナースフル疾患別シリーズの看護師基礎知識 ~

看護師求人TOP > ナースフル疾患別シリーズ > 腎・泌尿器疾患 >第4章 腎・泌尿器領域の治療 尿道留置カテーテル

第4章腎・泌尿器領域の治療
尿道留置カテーテル

カテーテルの挿入

尿道留置カテーテルの目的

  • カテーテルを尿道から膀胱内へ挿入して、尿を排出させることが目的である。
  • 尿閉、排尿困難などの場合。
  • 手術後における安静、創部の汚染防止のために、尿道を確保する。

カテーテルの種類

  • 尿道留置カテーテルの中で、最も多く使用されているのは、2wayのフォーリー型カテーテルである(表1)。

挿入の流れ

  • 体位は、男性では仰臥位、女性では砕石位とする。
  • 麻酔は不要だが、強い痛みを訴える場合は、キシロカインゼリーなどを用いる。
  • 尿道口を消毒する。
  • カテーテルを鉗子で保持し、尿道口にゆっくり丁寧に挿入していく(図1)。
  • カテーテルの先端が膀胱に入ると抵抗がなくなるが、さらに数cm奥まで挿入する。注射器に入れた蒸留水を、ゆっくりと挿入し、バルーンを膨らませる。
  • カテーテルをゆっくりと抜き、バルーンが引っかかることを確認する。
  • テープで固定する(図2)。

尿道留置カテーテルの管理

感染リスク

  • 尿道留置カテーテルを管理する上で、尿路感染の予防は大変重要である。
感染経路
主な感染経路は、カテーテル挿入部、カテーテルと蓄尿バッグの接続部、チューブの逆流、尿排出口などである(図3)。
図 3  尿道カ テ ーテ ルの感染経路
閉鎖式導尿セット
感染を防ぐため、あらかじめ蓄尿バッグとカテーテルが接続されているタイプがある。

起こりやすい合併症

膀胱結石
尿路感染になると、アルカリ尿となり、結石がカテーテルの内腔や表面に付着する。
対策は、以下のとおりである。
飲水を促して、尿量を確保する。
尿のアルカリ化を防ぐために、クランベリージュースやビタミンCを摂取する。
カテーテル交換の間隔を短縮する。
尿道損傷
男性の場合、カテーテルが下を向いていたり、角度により尿道を圧迫していると、血流障害を起こし、尿道皮膚ろうを形成することがある。
主な対策は、以下のとおりである。
下腹部のカテーテル固定を調節する。
カテーテルの素材を軟らかいものにする。
カテーテル周囲からの尿もれ
カテーテルが尿道や膀胱粘膜を刺激したり、細菌感染することによって、疼痛やカテーテル周囲からの尿もれが起こることがある。
カテーテルのサイズが細すぎる場合に起こる。
主な対策は、以下のとおりである。
カテーテルのサイズを太いものに交換する。
カテーテルの素材を刺激の少ないものに変える。
必要に応じて、抗コリン薬や鎮痛薬などを投与する。
カテーテル抜去ができない
バルーン内に挿入した蒸留水を抜くことができなくなり、カテーテル抜去ができないことがある。
バルーンへの注入液を生理食塩水にすると、結晶ができやすい。
蒸留水を抜く際に、シリンジの内筒を強く引きすぎて、強い陰圧をかけて閉塞してしまう。
主な対策は、以下のとおりである。
注入液は、蒸留水を用いる。
シリンジの内筒を強く引かない。
それでも蒸留水が抜けない場合は、さらに勢いよく蒸留水をバルーンへ入れてみる。
それでも抜けない場合は、カテーテルを少しずつ切っていく。
バルーン内にベンゼンなどを注入して、バルーンを破裂させる。このとき、膀胱粘膜への影響を避けるたさせておき、さらにバルーンが抜けた直後に、すぐ膀胱洗浄する。

看護のポイント

カテーテルのトラブルを防ぐには、患者および家族の自己管理が重要。日常ケアのポイントをよく説明する。
カテーテルのトラブルを見つけたら、ただちに医師に連絡する。
感染のリスクを抑えるために、清潔な状態で操作する。