看護師の職務経歴書の書き方―応募書類の作成


STEP03 応募書類の作成 マナーを押さえて、好印象を与える書類をつくりましょう!

履歴書や職務経歴書はあなたの第一印象を左右します。ひどく堅苦しく考える必要はありませんが、マナーを押さえて、心をこめてていねいに作成しましょう。読む人の顔を思い浮かべながら、ポイントを絞って自分の魅力をアピールしてみましょう。

看護師免許原本の確認CHECK!!

  • 応募の際は、原則として看護師免許の「原本」を提出する必要があります(コピーしてから返却されます)。前もって手元に取り寄せておきましょう。どうしても間に合わないときは、応募先に相談してみてください。

職務経歴書の書き方

職務経歴書を記入する前に―何を書いたらいい?

マネジメント経験や大きな業務を任された経験を記載しましょう

これまで任されてきたことを具体的に書くことで、あなたが業務を通じて徐々に成長していったことが、より伝わりやすくなります。プリセプターやリーダー、師長などのマネジメント経験のほか、委員会活動や各種教育業務の経験、これ以外にも大切な業務を任された経験について記入しましょう。

どんな場合で必要?
看護師の転職ではあまり一般的ではありませんが、介護施設や訪問看護などの企業や、企業が設立した病院など一部で提出を求められることがあります。その場合は、書類審査の段階で応募者の経歴を詳しくチェックしたいという意図があるので、その期待に応えることができる内容を目指しましょう。
拡大する
  • 01 日付・氏名
    「記入した日付」ではなく、「提出する日付」を記載します。郵送するなら差出日、面接の際などに持参するなら当日の日付となります。
  • 02 志望動機(自己PR)
    現在の勤務先から応募先への転職を志望する理由について、ポイントを絞って簡潔に、しかし熱意が伝わるように記載します。前向きな気持ちで転職を希望していることを伝えるのが最大のポイントです。履歴書の記載よりも詳しく書くようにしましょう。
  • 03 職務経歴
    得意な領域や業務内容、力を入れた研究テーマなど、自分のスペシャリティを紹介するとともに、ジェネラリストとしての幅広い対応能力を示すことも必要です。プリセプター業務などからマネジメント能力を、院内の委員会活動などの取り組みから仕事に対する積極性をアピールすることもできます。
  • 04 資格
    看護師免許も必ず書きましょう。その他は仕事にかかわるものを記載します。あまりに趣味的なものは避けたほうが無難です。

ナースフルなら、あなたと一緒に応募書類をつくります!

ナースフルでは、この業界に知見の広いキャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書といった応募書類を、あなたとご相談しながら一緒につくらせていただきます。
時には転職したいと思ったきっかけからさかのぼり、あなたの自己分析にもアドバイス。転職理由が明確になり、応募動機が整理できるから、好印象の応募書類が作成できます。求人元の情報にも精通しているアドバイザーだから、施設のニーズに応じた書類の書き方もアドバイス。書類の時点で、転職ライバルに差をつけちゃいましょう!

ナースフルに登録する

PAGE TOP

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!