看護師の職務経歴書の書き方―応募書類の作成


看護師転職成功ガイド

STEP3 履歴書・職務経歴書の作成

職務経歴書の書き方

このページでは職務経歴書の書き方を解説します。
履歴書の書き方が知りたい方、志望動機の例文を読みたい方は以下のページもご参照ください。

職務経歴書とは

職務経歴書とは、今までの経歴を一覧で確認するための書類です。
履歴書同様、文房具売り場やコンビニなどで購入することができます。
看護師の転職ではあまり一般的ではありませんが、介護施設や訪問看護などの企業や、企業が設立した病院など一部で提出を求められることがあります。
書類審査の段階で応募者の経歴を詳しくチェックしたいという意図があるため、その期待に応えることができる内容を目指しましょう。

任されてきたことを時系列で具体的に書くことで、あなたが業務を通じて徐々に成長していったことが、より伝わりやすくなります。
これまで勤めた医療機関について、

・在籍期間
・配属先(夜勤があった場合は勤務形態も)
・科目

が一目でわかるようにしましょう。
プリセプターやリーダー、師長などのマネジメント経験のほか、委員会活動や各種教育業務の経験、これ以外にも大切な業務を任された経験について記入しましょう。

項目別・職務経歴書の書き方

拡大する
日付
「記入した日付」ではなく、「提出する日付」を記載します。
郵送するなら差出日、面接の際などに持参するなら当日の日付となります。
志望動機・自己PR
現在の勤務先から応募先への転職を志望する理由について、ポイントを絞って簡潔に、しかし熱意が伝わるように記載します。
前向きな気持ちで転職を希望していることを伝えるのが最大のポイントです。
履歴書の記載よりも詳しく、応募先で活かせそうなスキルや経験を中心に書くようにしましょう。
職務経歴
得意な領域や業務内容、力を入れた研究テーマなど、自分の専門分野を紹介するとともに、ジェネラリストとしての幅広い対応能力を示すことも必要です。
プリセプター業務などからマネジメント能力を、院内の委員会活動などの取り組みから仕事に対する積極性をアピールすることもできます。
資格
看護師免許も必ず書きましょう。
その他は仕事にかかわるものを記載します。
あまりに趣味的な資格の記載は避けたほうが無難です。

応募先によっては必要になるその他の書類

職務経歴書以外にも、応募先によっては提出が必要になることがある書類もあります。
代表的なものは以下の通りです。

成績証明書
国公立の病院などでは、看護学校の成績証明書の提出を求められる場合があります。
必要になった場合は、卒業した看護学校に問い合わせをして取り寄せましょう。
健康診断書
健康診断結果の提出を求められる場合もあります。
直近3ヵ月以内の診断結果の提出が基本ですが、受診していない場合は応募先に報告をして相談しましょう。

ナースフルは応募書類の作成もサポートします

自己PRや志望動機など、応募書類はうまく書けそうですか?
応募先の施設側の情報も豊富にあるナースフルなら、履歴書や職務経歴書など、応募書類の作成のコツも具体的にアドバイスすることができます。
看護師の転職に知見の広いキャリアアドバイザーに相談したい方は、以下のフォームからご登録ください。

ナースフルへのご相談はこちらから
キャリアドバイザーとともに納得できる転職を実現しましょう 無料登録はこちら