看護師の履歴書「志望動機」例文集―応募書類の作成


看護師転職成功ガイド

STEP3 履歴書・職務経歴書の作成

志望動機の書き方と例文集

ここでは志望動機の例文を紹介しています。
志望動機では、数ある医療施設の中から、なぜその施設を選んだのかの理由を明確に伝えることが大切です。
履歴書の中でも1番悩む項目ではないでしょうか。
よかったら参考にしてみてくださいね。
なお、履歴書・職務経歴書の書き方を知りたい方は、以下のページを参考にしてください。

施設形態別の志望動機の例文

病院を志望する場合
これまで内科系を中心に様々な経験を積み、現在は救急対応のある急性期病院の混合病棟に勤めて約3年になります。現職の病院では急変が多く、入退院も頻回あります。看護のスキルは身につきましたが、患者としっかり向き合ってコミュニケーションを取る時間が短いと感じています。
そこで今後は患者とじっくりと関われる看護がしたいと思い、慢性期を中心とする医療を提供されていて、「患者第一」を理念に掲げる貴院を志望いたしました。入職後はこれまでの経験を活かしながら、患者の声に耳を傾け、患者に寄り添った看護を実践してまいります。
介護施設を志望する場合
現在は急性期病院に勤めています。もう少し長く患者と関わりを持つことができれば、退院後の生活も視野に入れた、継続的な看護を提供できるのではないか、と日々感じるようになりました。そこで今後は一人ひとりとじっくり信頼関係を築いていきたいと考え、介護施設を希望いたしました。
介護施設の中でも、貴社は教育体制が充実しており、自身の努力次第で多くを学べる点に魅力を感じ、志望いたしました。高齢者ケアを中心とした看護知識を吸収しながら、長期的にキャリアを重ねられると感じます。今後は生活の場で、ご入居者一人ひとりに寄り添った看護を行えればと思います。
訪問看護を志望する場合
これまでの病棟経験の中で、在宅療養を希望される患者が多く、退院後の生活に興味を持っていました。ある受け持ちの患者から「最期は在宅で迎えたい」と強い訴えがあったことをきっかけに、今後は訪問看護師として、同じ思いを持つ患者を支えたい、患者の気持ちを尊重した看護がしたいと思うようになりました。
貴社はターミナル期の患者も多く、特に緩和ケアと看取りに力を入れているため、私の考える看護を実践できると思い、志望いたしました。訪問看護は未経験ではありますが、積極性を持ってアセスメント力等を身につけてまいります。5年間の病棟経験も活かし、患者やご家族に安心して頼っていただける訪問看護師になります。
クリニックを志望する場合
これまでICU、消化器内科、循環器内科と幅広い疾患を学んでまいりました。病棟では患者の健康状態や服薬などが管理されており、また患者と接する期間が短いため、なかなか患者の普段の姿が見えないと感じていました。
クリニックを志望したのは、より患者に近い場所で、地域に根差した看護がしたいと考えたためです。特に貴院は長年にわたり○○地域で医療を提供しており、継続的に患者を支えられる環境であり、患者を第一に考える理念にも共感します。患者の生活指導などには私の経験も大いに活かせると感じました。
今後は患者が安心して通院し続けていただけるよう自身の学びを深め、貴院の発展に貢献してまいります。
美容皮膚科・美容外科を志望する場合
これまで急性期病棟にて3年間、疾患を治療するための看護業務に携わりました。次なるステップとしてはもとより興味を抱いていた、患者様の人生をより豊かに明るくできる「美容」の分野から、看護師としての仕事の幅を新たに広げていきたいと考えています。
貴院を志望したのは、スタッフの方々が患者様と真摯に向き合う姿勢をみて、プロ意識の高さを感じたためです。私も人と話をすることが好きな性格を活かし、お悩みに共感したり、努力を応援したり、心に寄り添ったケアを提供できるような看護師になりたいと思います。未経験ではありますが、専門的な知識や技術、接遇などをできるかぎり早く身につけ、貴院に貢献いたします。

転職目的別の志望動機の例文

転居に伴う転職を目的とする場合
看護学校卒業後、A病院の急性期の循環器内科病棟で3年、その後B病院の消化器内科病棟で2年半経験を積みました。このたび結婚を機に転居したため、新たな勤務先を探しています。
貴院を志望したのは、院内外での研修が充実しており、これまでの内科系の経験を活かしつつも、さらに専門性を高めることのできる環境と感じたためです。また、近隣にお住いの方々から厚い信頼を得て、地域に根差した医療を提供されています。私にとってはまだ不慣れな土地ではありますが、貴院であれば愛着を持って長期就業することができると感じています。持ち前の明るさで新しい環境に早く慣れ、私も患者から信頼される看護師を目指します。
復職を目的とする場合
看護学校卒業後、A病院の内科系病棟に5年間勤めていましたが、出産を機に2015年に退職し、以降は育児に専念しておりました。子どもの手が離れてきたため、復職をしたいと考えています。
病棟勤務の頃には糖尿病の患者さんと接する機会が多く、専門的な知識・スキルをさらに身につけて、より具体的なアドバイスをしたいと考えておりました。その思いを実現するためには、糖尿病を専門とし、かつ地域に根ざした医療を提供されている貴院が最適であると感じ、応募いたしました。看護業務から離れていた期間を一刻も早く取り戻すため、謙虚に学び続ける姿勢を持って、新しい業務にも挑戦してまいります。
キャリアアップ・スキルアップを目的とする場合
病棟経験を4年間積むなかで、認知症の患者と接する機会が多く、特にご本人やご家族との接し方では勉強不足を痛感し、悩むことが多々ありました。書籍等から知識を得るだけでなく、やはり専門の実務経験が積みたいと考え、認知症患者のケアに特に力を入れている貴院を志望いたしました。
認知症の病態を熟知するのはもちろんのこと、合併する疾患の症状や患者の生活背景などを考慮したうえで、適切な対応を取れる看護師になりたいと思います。貴院に貢献できるよう努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。
家庭との両立を目的とする場合
内科系の混合病棟で4年間経験を積み、結婚・出産を経て2017年4月から現在まで、A病院の小児科に勤めています。小児領域の知識を身につけ、仕事に面白みを感じています。しかしまだ自分の子どもが小さく、夜勤のある働き方を続けることが難しくなったため、しばらくは日勤として家庭と両立しながら、責任を持って業務をしたいと思っています。
貴クリニックは子育てをしながら働いている看護師の方も多く、実際に働かれている方からも支援体制が整っていると伺いました。また、患児の将来を考え食育教室を開くなど、独自の取り組みをされていることも魅力に感じます。引き続き小児領域での経験を重ねて、患児とそのご家族から頼りにされる看護師になりたいと思います。

ナースフルなら、志望動機の書き方もアドバイスします

志望動機はうまく書けそうですか?
ナースフルでは、看護師の転職に知見の広いキャリアアドバイザーが、志望動機の書き方をはじめ、応募書類作成のコツもお伝えします。
採用する医療機関側の情報に精通しているナースフルだからこそ、具体的なアドバイスができます。
ひとりで転職活動を進めるのに不安がある方、施設側の情報収集を効率よく進めたい方などは、ぜひご活用ください。

ナースフルへのご相談はこちらから
キャリアドバイザーとともに納得できる転職を実現しましょう 無料登録はこちら