高度なケアを提供する専門看護師の資格紹介|看護師の転職や求人ならナースフル


ナースの中でも卓越した技術が必要と言われる専門看護師。目指すには何が必要?どんな分野がある?という疑問にお答えします。今後のキャリアを「専門看護師」という観点から、考えてみてはいかがでしょうか。

専門看護師って?

卓越した知識・技術をもつ“看護ハカセ”

専門看護師は「特定の分野(現在11分野)において、複雑で解決困難な看護問題を抱える対象に高度なケアを提供するための卓越した知識・技術を有する」と認められた看護師さんのこと。資格取得のためには、看護大学院の修士課程を修了する必要があるのが最大の特徴。まさに良い意味で“看護ハカセ”といえるでしょう。

求められる役割もとても高度で、認定看護師と同様の「実践・指導・相談」に加え、地域の保健医療福祉職のコーディネート(一体的・組織的なケア提供のための調整)、研究活動、執筆や講演などによる啓蒙活動まで含まれます。

専門看護師になった方は、臨床経験を積んでから大学院に入学したケースがほとんど。学術的知見と実務経験をもとに看護のあり方自体を追究したいという、高い志をもつ方に向いたキャリアだといえると思います。

認定資格取得のために必要なことって?

スキル

実務経験が通算5年以上、そのうち通算3年以上は特定分野での経験が必要

専門看護師資格を取得するためには、実務経験が通算5年以上で、そのうち通算3年以上は取得を希望する専門看護分野での経験が必要です。また、看護実践報告書に記載する提出事例として、看護実践2例、コンサルテーション1例、コーディネーション1例、倫理調整1例、実施した教育活動の報告が求められ、加えて修士課程で取り組んだ研究(修士論文等)の題名を通知することになります。

なお、2011年以前の認定審査要件では、「実務経験には教育課程修了後6か月以上の経験が含まれること」「実務経験を積む間の雇用形態が常勤(フルタイム)であること」が規定されていましたが、2012年からの認定審査ではいずれも撤廃されています。

取得までの学習

看護系大学院の修士課程(2年間)で専門教育を受け、所定の単位を取得する

看護系大学院に出願して入学検定をパスしたら、日本看護系大学協会専門看護師教育課程基準で定める26単位または38単位を取得することになります。

2年間の長期にわたって大学院生として実習を含む勉強や研究に専念するので、病院などで勤務している場合は基本的に休職または退職することが多いようです。ただし、研究フィールド確保のため、可能であればアルバイトとして病院との関係を保っておく方もいるようです。

以上のことから、専門看護師資格を目指すためには、次のことを事前に確認しておくとよいでしょう。

  1. 希望する看護領域の仕事ができるか(希望する病棟に配属されるか)
  2. 希望する看護領域での担当実績を積むことができるか
  3. 大学院での学習中は休職制度が使えるか。また、その際の給与補填があるか
  4. 授業料支援や費用貸与の制度が設けられているか(※)

※教育機関が奨学金制度を設けていたり、自治体や各種財団などが支援を行っていたりすることもあるので、担当窓口で確認してみるとよいでしょう。

専門看護師になるには

step0

  1. 日本国の看護師免許を保有
  2. 実務経験通算5年以上(そのうち通算3年以上は特定の専門看護分野のもの)

step1

看護系大学院修士課程入学・修了(所定の26単位または38単位を取得)

step2

認定審査(一次:書類審査、二次:看護実績報告書・筆記試験)合格

※認定後は、5年ごとに更新のための書類審査を受けることになります。

認定分野

現在11領域にわたって高度な看護マスターを養成中

  • がん看護
  • 精神看護
  • 地域看護
  • 老人看護
  • 小児看護
  • 母性看護
  • 慢性疾患看護
  • 急性・重症患者看護
  • 感染症看護
  • 家族支援
  • 在宅看護

専門看護師の資格詳細はこちら

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!