認定看護師 脳卒中リハビリテーション看護の資格紹介|看護師の転職や求人ならナースフル


脳卒中リハビリテーション看護 の認定看護師ってどんな仕事?

突然の脳卒中から社会復帰へ その人らしく生活することへのお手伝い

脳卒中による機能障害のある患者のセルフケア能力を高め、QOL向上を目指すためには、早期からリハビリテーション的な視点をもって患者に介入することが有効だといわれています。 そこで脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は、脳卒中患者に対して重篤化の予防ケアを行うほか、社会復帰を目指した脳卒中リハビリテーションを早期から提供します。生活再構築のため、病期に応じた機能回復支援や社会資源に関する情報提供も重要となります。また、それぞれの患者が“何ができて”“何ができないのか”を、観察とアセスメントによって残存機能を見極めていくことも脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の役割の1つです。“できること”に着目して介入することが、その後のリハビリテーションにつながっていくといわれています。

認定看護師として活躍するナース~Close Up Interview~

PROFILE

赤根 愛子(あかねあいこ):

2000年に東京都立北多摩看護専門学校を卒業後、荏原病院に入職。2011年、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師資格を取得。

キッカケから資格取得まで

目に見える変化を患者さんと共有
患者さんの可能性に目を向ける看護

 入職時からSU(ストロークユニット)・脳外科病棟に配属され、患者さんの回復への変化が見えるという点でやりがいを感じていました。しかし、一方で回復に個人差があり、ケアの限界を感じることも。もっと自分の知識と技術を身につけて、患者さんの役に立ちたいと思ったことがキッカケでした。

 教育機関に通い勉強を進めるなかで、一番心に残っていることがあります。それは、「患者さんの可能性に目を向ける」ということです。 リハビリ分野の先生の講義で、「急性期の看護師さんは待てませんよね。靴を履かせてしまったら、自分で靴を履けない患者さんをつくってしまうんですよ」と言われたことに衝撃を受けました。そこで、やってあげることが支援なのではなく、患者さん自身が学習すること、できる喜びにつなげることが支援なのだと学びました。

 実習では、自信につながる経験もできました。当時担当した脳梗塞の患者さんに、覚醒が芳しくない急性期でも、反応がよいときに積極的に嚥下訓練を行いました。実習終了後も別の看護師が継続し、3週間後には3食ご飯が食べられるまで回復したそうです。あとで師長さんに、「急性期でも介入が必要だと私たちもすごく実感できました」と言っていただき、とても嬉しく思いました。

 回復期で受けもった患者さんは、高次脳機能障害による失語のため語彙が少なく、会話ができなかったのですが、「何かを伝えたい」という本人の気持ちに寄り添い、地道に確認を取り続けた結果、最後は「うん」と「いいえ」だけで会話が可能になりました。一度「伝わる」とわかると、患者さんは話すことをあきらめなくなります。そうした環境づくりが必要で、こちらが先にあきらめずに患者さんとコミュニケーションをとることがいかに大事かを実感しました。

 一番効果が見えづらい急性期に効果があったこと、14日間1人の患者さんを担当し患者さんや家族の思いをじっくり聞いて受持ち看護師に伝達できたことなど、これからの自分の看護の自信につながる大変貴重な経験でした。

取得してよかった事

患者さんのベッドサイドで様子をうかがいます。ちょっとした会話が今後の看護に役立つことも。

患者さんのもつ力を引き出すことで
個々にあった指導が可能に

 患者さんがもつ力を活用すること”を常に考えるようになりました。必要なことを看護師側からすべて指導するのではなく、本人ができることを段階的に実施してもらうこと、それを伸ばして次につなげる指導をするようになりました。

 また、同じ教育を受け、同じ思いをもつ仲間が日本全国にいて、問題について一緒に考えていけることが、何より私の宝であり強みになりました。

現在の活動とこれからの目標

受験時に活用した参考書はロッカーに常備。資格取得を祈願して購入した太宰府天満宮のお守り、師長さんにもらった瞳孔計、ペンライトは常に携帯。

多職種による介入が回復を促進
新たな知識を実践し、充実したチーム看護を

 病棟で、SUの看護システムの構築や、多職種連携の活動推進に努めています。理学療法士らとケアプランを共有し介入することで、たとえば麻痺足のつっぱりが強かった患者さんの移動方法を共有したら、スムーズに移動ができるようになったなど効果を感じています。

 また、他病棟へのコンサルテーションや勉強会も実施しています。スタッフが納得したとき、目がキラッと輝くのをみると、やってよかった!と思います。

 今後は、こうした病院全体での取り組みとともに、院外では教育課程の仲間と協力して、脳卒中リハビリテーション看護のスタンダードケアを考えていきたいです。病期ごとのケアの違いが明確化し、それぞれの看護をつなぐ役割ができたらと考えています。

認定看護師を目指す方へ

仕事に自信とやりがいがより感じられるのは
得意だと胸を張れる分野があるから

 自分の得意分野があると、自信をもって仕事ができますし、それが仕事のやりがいにもつながります。とくに「興味がある」「気になる」ことの知識をつけると、実際の看護の場面で使えることが増えるので、自分だけでなく患者さんのためになっていることを実感できる日が多くなりますよ。

荏原病院 430病棟師長 万壽 るり子さん

SUが本格稼働し、緊急入院の患者さんの入院時から退院後を考え積極的にかかわるなど、役割を意識して頑張ってくれています。彼女の知識や技術を、院内や近隣の医療機関のスタッフに伝える公開講座の機会もあり、好評を得ています。実習生の指導にも携わり多忙をきわめる日々ですが、今後は後進の育成にも期待しています。

取材日:2013年1月22日

認定看護師一覧に戻る

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!