認定看護師 訪問看護の資格紹介|看護師の転職や求人ならナースフル


訪問看護 の認定看護師ってどんな仕事?

在宅療養者に対するケアの提供と家族支援、地域連携のコーディネートを担う

医療提供体制が見直され、近年、病院の在院日数が短縮化するなか、在宅医療への期待、訪問看護の重要性が高まっています。

しかし、医療機器を装着した状態での在宅移行や、終末期、独居や老々介護など、多様なケースが増えており、訪問看護師には社会背景やその人の生き方を尊重した柔軟かつ専門職としての対応が求められています。

また、医療機関と介護も含めた在宅ケアチームとの連携がその後の療養生活に大きな影響を及ぼすことからも、訪問看護師は病院と在宅、地域との連携・調整役としての役割も担っています。訪問看護認定看護師は、地域で在宅ケアにかかわるさまざまな職種とのネットワークを構築し、患者や家族が安心して在宅での療養生活が送れるよう、知識と技術はもちろん、コミュニケーション能力を磨き、リーダーシップを発揮することが重要です。

認定看護師として活躍するナース~Close Up Interview~

家庭の育児能力の低下や虐待などの社会問題へ 地域連携の橋渡し役として貢献していきたい 伊勢原協同病院 小児救急看護認定看護師 牛見美和

PROFILE

関屋 博子 (せきや ひろこ):

1995年に東京医科歯科大学保健衛生学科を卒業後、東京医科歯科大学医学部附属病院に入職。2006年、新松戸ロイヤル訪問看護ステーションに転職。2009年、訪問看護認定看護師資格を取得。

キッカケから資格取得まで

他職種との連携の方法を模索し
独居高齢者の療養支援を充実させたい

 現在は医療法人IMSグループ内の看護職にケアについての講義を行ったり、看護学校の講師を務めたりする機会が増えました。スタッフに対する指導では、事例検討をすることでケアに深みが出ることを伝えたり、実践を通してこういうやり方もあるということを感じ取ってもらえればと思っています。

 そのほか、月1回、IMSグループの認定委員会に参加し、各分野の認定看護師と協働して研修会を開いたり、共同で看護研究も行っています。他分野の認定看護師からアドバイスをもらうこともでき、非常に勉強になります。

 今後は、独居の患者さんの療養支援に対する医療職のかかわり方や他職種との連携にも取り組んでいきたいと考えています。たとえば、ヘルパーの方が異変に気づいたときに連絡を取り合うことができれば、入院期間が短縮できるかもしれません。連携の仕方、情報共有のツールなどを整備していくことも検討していかなければと考えています。

取得してよかった事

訪問看護の7つ道具の画像

聴診器と体温計、血圧計、ストップウォッチ、パルスオキシメーター、やすり、爪切りニッパーが訪問看護の7つ道具。

患者の変化や今後の見通しについて
説得力のある説明ができるように

 教育課程に通っている間も勤務していましたので、学んだことをすぐにケアに活かせました。学びが深まったことで、実施したケアや患者さんの変化、今後の見通しについて、説得力のある説明ができるようになりました。また、私は昔からあまり勉強が好きではなかったのですが、看護は勉強すればするほど面白さがわかる仕事だと気づくことができました。

 講義でとくに印象に残っているのは、難しく考えてしまいがちな看護倫理を日常的な例を示しながらわかりやすく教えていただいたことです。看護師として最善の方法を示しても家族が受け入れてくれないときに感じていた“もやもや”が、実は「倫理的ジレンマ」だったことがわかり、心が晴れました。患者さんのご家族が長年培ってきたやり方を尊重しながら、その思いをほぐしていくためにはどういうアプローチが必要か、もしくは必ずしも変える必要がないことかどうかもふまえて、一歩引いて考えることが重要だということも学びました。

現在の活動とこれからの目標

訪問看護先に電動自転車で移動する関屋さんの画像

訪問看護先には電動自転車で移動している関屋さん。取材当日も訪問の依頼が入り、終了後すぐに訪問先に向かった。

他職種との連携の方法を模索し
独居高齢者の療養支援を充実させたい

 現在は医療法人IMSグループ内の看護職にケアについての講義を行ったり、看護学校の講師を務めたりする機会が増えました。スタッフに対する指導では、事例検討をすることでケアに深みが出ることを伝えたり、実践を通してこういうやり方もあるということを感じ取ってもらえればと思っています。

 そのほか、月1回、IMSグループの認定委員会に参加し、各分野の認定看護師と協働して研修会を開いたり、共同で看護研究も行っています。他分野の認定看護師からアドバイスをもらうこともでき、非常に勉強になります。

 今後は、独居の患者さんの療養支援に対する医療職のかかわり方や他職種との連携にも取り組んでいきたいと考えています。たとえば、ヘルパーの方が異変に気づいたときに連絡を取り合うことができれば、入院期間が短縮できるかもしれません。連携の仕方、情報共有のツールなどを整備していくことも検討していかなければと考えています。

認定看護師を目指す方へ

認定看護師になっても気を張らず
理論を伴った実践が大切

 とくに半年間集中型の教育課程の場合、職場や家族の理解がないと難しい点はあると思います。しかし、学ぶことは自分にとってプラスになることばかりですし、訪問看護の場合、授業料の一部に日本財団からの助成もあるので、周りの協力が得られるなら、ぜひチャレンジしてもらいたいと思います。

 ただ、認定看護師になったからといって気を張らずに、理論を伴った実践ができることが大切だとも思います。

新松戸ロイヤル訪問看護ステーション 所長 森山 とみ子さん

日常の業務に追われた状態で、ともすると認定看護師としての活動に十分時間を割ける状態ではないかもしれませんが、看護学校での教育活動も継続しており、実務のなかでは主任の立場も含め、スタッフの質の向上に目を向け指導確認を行っている、頼もしい存在です。

何事にも意欲的で明るい性格です。今後、認定看護師としての活動の場をもっと増やせるようにスタッフ全員で支援したいと思います。訪問看護普及への一躍を期待します。

取材日:2013年3月14日

認定看護師一覧に戻る

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!