看護現場のエキスパート 認定看護師の資格紹介|看護師の転職や求人ならナースフル


ナースのスキルやキャリアアップと言われる認定看護師。実際になるにはどうしたらいい?どんなスキルが必要?という疑問にお答えします。キャリアを「認定看護師」という角度から考えてみるのもいいかもしれません。
認定看護師として働くナースインタビュー

認定看護師って?

専門分野に特化した臨床看護のエキスパート

時代のニーズを受けて看護の高度化・専門化を後押しするため、1995年に2つの分野を特定して認定看護師制度がスタートしました。以来、認定分野数も認定者数も増えて、2012年には累計1万人(21分野合計)を突破。認定看護師の主な役割は「実践・指導・相談」。自らが水準の高いケアを提供するだけでなく、それを一般の看護師に伝授するため院内研修会の講師となったり、業務上のコンサルテーションを受けたりもします。まさに看護現場のエキスパートです。

看護師さんにとってキャリアアップの王道ともいえ、病院からの期待も厚いものがあります。生半可な気持ちでは手が届かない資格ですが、理想の看護を実現するために挑戦するのもよいでしょう。

認定資格取得のために必要なことって?

スキル

実務経験が通算5年以上、そのうち通算3年以上は特定分野での経験が必要

認定看護師資格を取得するためには、実務経験が通算5年以上で、そのうち通算3年以上は取得を希望する認定看護分野での経験が必要です。さらに、多くの分野で、当該領域における看護ケースの担当実績(5例以上)が求められています。

取得までの学習

所定の認定看護師教育機関で6か月以上の専門教育を受ける

認定看護師教育機関に出願して入学検定をパスしたら、6か月以上(615時間以上)の専門教育課程を受講することになります。共通科目は105時間以上、専門基礎科目と専門科目は時間規定なし、学内演習および臨地実習 は200時間以上と決められています。また、課程は「原則として連続した(集中した)昼間の教育であること」とされているので、日勤で働くことはできなくなります。

以上のことから、認定看護師資格を目指すためには、次のことを事前に確認しておくとよいでしょう。

  1. 希望する看護領域の仕事ができるか(希望する病棟に配属されるか)
  2. 希望する看護領域での担当実績を積むことができるか
  3. 教育機関での学習中は、夜勤に限ったシフトを組んでもらえるか
    (それが無理であれば、休職制度が使えるか。また、その際の給与補填があるか)
  4. 授業料支援や費用貸与の制度が設けられているか(※)

※教育機関が奨学金制度を設けていたり、自治体や各種財団などが支援を行っていたりすることもあるので、担当窓口で確認してみるとよいでしょう。

認定看護師になるには

step0

  1. 日本国の看護師免許を保有
  2. 実務経験通算5年以上(そのうち通算3年以上は特定の専門看護分野のもの)

step1

認定看護師教育機関(課程)入学・修了(6か月以上・615時間以上)

step2

認定審査(筆記試験)合格

※認定後は、5年ごとに更新のための書類審査を受けることになります。

認定分野

現在21領域にわたって看護エキスパートを養成中

認定看護師の資格詳細はこちら

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!