お仕事まるわかりガイド (1)介護業界編|看護師の転職や求人など、看護師の募集ならナースフル


お仕事まるわかりガイド(1)-介護編-

介護業界で働くナースに聞きました。あなたはなぜ、この仕事を選びましたか?

どんな「働く場所」がありますか?

place(1) 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設) ※通称「特養」

認知症や寝たきりなど常時介護を必要とする高齢者が、家庭では適切な介護を受けられなくなった場合に入所する施設。介護保険制度のもと、社会福祉法人や地方自治体などにより運営されています。身体介護や生活支援のほかレクリエーションなども提供され、高齢者の「生活」の場として機能しています。

place(2) 老人保健施設(介護老人保健施設)※通称「老健」

病状安定期にある高齢者が、在宅復帰を目指す施設です。医療法人や社会福祉法人などにより運営されています。医学管理下で医療ケアやリハビリなどを実施するとともに日常生活のサポートも行う、病院から在宅への中間的な位置づけの施設です。

place(3) 介護付き有料老人ホーム

民間経営の高齢者施設で、受け入れる高齢者の基準や提供するサービスが非常に幅広く、さまざまな施設があります。たとえば、介護が必要な人を対象とし、施設内のスタッフが介護する施設。介護が必要な人・必要のない人両方が入居でき、介護が必要な人には施設内のスタッフが対応する施設もあれば、外部の訪問介護サービスやデイサービスを提供する施設もあります。どんなサービスを誰が提供するのか、施設によって異なりますので、個別に調べることが必要です。

place(4) 通所介護サービス(デイサービス)

利用者が可能な限り自宅で自立した生活を送ることができるよう、心身機能の維持や家族の負担軽減を目的としたサービスを提供します。利用者は日中デイサービスセンターに通い、食事や入浴、体操・レクリエーションや動作訓練などを受けます。介護している家族を対象に介護者教室を開催している施設もあります。

place(5) 小規模多機能型居宅介護

利用者が可能な限り自宅で自立した生活を送ることができるよう、日常生活の支援や機能訓練を行います。利用者の選択に応じ、施設への通いを中心に、施設での短期間の宿泊と訪問介護を柔軟に組み合わせ、地域の中で生きる高齢者を支えます。

place(6) 地域包括支援センター

市町村が設置の責任主体となり、地域住民の健康の保持および生活の安定のために必要な支援を行います。介護保険法により保健師・社会福祉士・主任介護支援専門員等の配置が義務付けられていて、主な業務としては①介護予防ケアマネジメント ②総合相談支援業務 ③権利擁護業務 ④包括的・継続的ケアマネジメント業務 となっており、保健師は直接的なケアではなく、サービスを必要とする人をサービス提供者につなぐ役割を担います。

看護師の働き方は?仕事内容は?

人員の配置、勤務時間帯などは施設によって異なります。たとえば特養であれば入居者100名に対して看護師の配置は3名以上で常勤医の配置は必須ではありませんが、老健は入居者100名に対して看護師は10名以上で医師が常勤しています。勤務時間についても、老健は看護師の24時間勤務が義務付けられていますが、他の施設については24時間体制であっても看護師は日勤とし夜間はオンコール対応、という施設も多いようです。
仕事内容としては利用者の健康管理、施設内での見守り、服薬管理、血糖測定や経管栄養などの診療補助、褥瘡のケアや処置、といった事があげられます。利用者一人ひとりと向き合いその人らしい生き方ができるよう、看護の力で支援します。
地域包括支援センターのように、保健師(看護師)自身は直接のケアにはあたらず、必要な方に必要なサービスを提供する機関につなぐ役割を担う、という働き方もあります。
働き方や仕事内容の詳細は施設によって異なりますので、個別に調べてみることが必要です。

どんな人に向いていますか?

高齢者の健康面を支えるために看護師の専門性は欠かせません。と同時に、介護施設は「生活の場」。介護スタッフや厨房・清掃スタッフといった暮らしそのものを支えるスタッフの力も不可欠です。介護施設で働く看護師には、医療とは関わりのない職務の人も含む、多くのスタッフとのチームワークが求められます。
現在、介護施設で働いている看護師のメインは40代、50代の人たちですが、もちろん若手看護師も活躍しています。多様な働きひと方ができるため、フルタイムや夜勤が厳しい人がフレキシブルに働いたり、育児などでブランクがある人が復帰へのファーストステップとして勤務する事も多いようです。
利用者一人ひとりと向き合い、変化の予兆に気付いたり対応したりといった「一日として同じ日がない」仕事に魅力を感じる人、じっくりと取り組むことが好きな人に向いている仕事です。

介護施設で働く魅力はなんですか?

これからの超高齢化社会を考えると、介護医療の経験があることは看護師としてのキャリアに少なからずプラスになると思われます。また、介護分野は予防まで含めると非常に仕事の種類が多く、経験することで今後の仕事の幅が広がる可能性があります。また、介護施設は民間の大企業が経営するものも多く、人事処遇面が整っていて安心して働ける環境にあることも魅力です。
そしてなにより、利用者の「生活」を最後まで支える、その人らしく生きることを支援できる仕事であること。利用者の人生を、最後まで見届けられることに魅力を感じて働いている人も多くいます。

とはいえ、こんな不安がありますが...?

不安(1) 介護施設はとても忙しいと聞きますが…

看護師の職場で忙しくないところはあまりないと思いますが、医療現場とはまた違った忙しさを感じる事が多いかもしれません。介護施設での看護はそこに暮らす人の生活を支える仕事ですので、日常の会話の中からちょっとした異変を感じ取ったり介護スタッフから情報を引き出したり…医療的ケアももちろんしますが、多くの仕事は定型化される事のない、利用者一人ひとりへのフレキシブル対応となる事が、煩雑であると感じる人もいれば、非常に楽しいと感じる人もいる、というのが現実のようです。

不安(2) 一人の看護師にかかる責任が重いのでは…

医療機関に比べ、一施設当たりの人数が少なかったり夜中のオンコールに一人で応えなければならない、といったことから責任の重さ、多忙さを感じられる人もいるようです。しかし、施設によっては看護師をサポートするスタッフを配置していたり、エリアを統括する看護師が現場支援をしているところもあります。オンコール対応も、施設長を含む管理職が対応している施設もありますので、個別に調べてみることが必要です。

不安(3) 夜勤はあるのでしょうか

先にも紹介しました通り、老健は看護師の24時間勤務が義務付けられていますので基本、夜勤があると考えてください。しかし、その他の施設(特養や老人ホーム、小規模多機能施設)は、施設自体は24時間体制ですが看護職については夜勤がないところも多いので、個別の施設の条件を確かめてみることが必要です。

不安(4) ぶっちゃけ、お給料はどうですか

ぶっちゃけ、医療の現場と大差はなく相場並みです。ただ、特養の中には基本給の高い施設もあったり、有料老人ホームは民間の大手企業が経営する施設も多くあるのでそういった施設の場合は、福利厚生や時間外以外の手当、昇給賞与がしっかりしている事も多く、月々の給与だけでは評価できない場合もあります。個別施設の状況を、しっかりと研究することが必要です。

不安(5) 介護職との職務分離はどうなっていますか

基本的な役割はもちろん異なっており、看護師は利用者の健康状態の把握や医療行為を行いますし、介護職は生活のサポートを行います。しかし、褥瘡管理や口腔ケアなど生活に密着する処置も多いため職務の境目がはっきりしないと感じる事もあるかもしれません。また、施設によっては経営に関わる広い範囲での職務を看護師に求める場合もあります。どんな働き方を求められているのかを、事前に施設側としっかり摺合せする事も大切です。

不安(6) 土日休で働けますか

介護施設は土日祝も稼働していますので、完全に土日休というのは難しいケースが多いですが、非常勤で対応するところ、シフトの組み方を工夫しているところ、など、さまざまあるようです。そのあたりの職場環境についても事前に調べてみると良いでしょう。通所介護サービス(デイサービス)については、土日休の施設が多いので、土日休みで勤務できる可能性が高いです。

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!