手続き ≪STEP 06≫|看護師の転職や求人など、看護師の募集ならナースフル


STEP06 手続き 転職に関する各種手続きもお忘れなく。

転職先が決まって雇用者が変われば、それに伴う保険関係の手続きが必要です。また、いったん退職してから転職先を探す場合は、雇用保険の給付を受けることができます。各種手続きの概要を押さえておけば安心です。

健康保険・年金

退職してからブランクなしに転職先で働く場合、社会保険関係の移行手続きは主に転職先が行なってくれます。一方、退職後すぐには新しい職場へ移らず、時期を置いてから再就職する場合は、無保険・無年金となる期間を生じさせないため、いったん国民健康保険・国民年金へ加入することになり、その手続きは自分で行なう必要があります。

  • 健康保険
    国民健康保険へ加入する場合は、退職日の翌日から14 日以内に、居住地の役所で手続きを行ないます。再就職後は、全国健康保険協会(協会けんぽ)または健康保険組合が管掌する健康保険に加入することができます。
  • 年金
    国民年金へ加入する場合も、退職日の翌日から14 日以内に、居住地の役所で手続きを行ないます。再就職後は、厚生年金保険に加入することができます。

失業保険・再就職手当

退職後、しばらく仕事をお休みするときは、雇用保険の各種給付について退職時に総務から説明を受けるか、居住地を管轄する公共職業安定所(ハローワーク)で確認するといいでしょう。

  • 失業保険
    失業保険(求職者給付の基本手当)は、雇用保険に加入していた被保険者が失業状態になったとき、その間の生活を心配することなく求職活動ができるように支給されるものです。居住地を管轄する公共職業安定所での申請が必要になります。すぐには支給されないので、なるべく早く手続きを行なうといいでしょう。
  • 再就職手当
    基本手当の支給を受け始めてから早期に(受給できる日数を1/3以上残して)再就職した場合、もらい残した基本手当の約半額程度が支給されます。詳しい条件や支給額については、再就職先の総務や居住地を管轄する公共職業安定所で確認するといいでしょう。

看護師免許

求人に応募する際は、原則として、看護師免許の「原本」が必要になります。前もって手元に取り寄せておきましょう。

  • 更新
    本籍地や姓名に変更があれば更新を。ただし、数か月かかることも
    結婚による姓の変更などがあったときは、変更後30日以内に、就業者なら勤務地を管轄する保健所、未就業者なら居住地を管轄する保健所(一部県庁)で申請します。
  • 再発行
    毀損・紛失したら再発行が可能。ただし、数か月かかることも
    再発行を希望する場合は、就業者なら勤務地を管轄する保健所、未就業者なら居住地を管轄する保健所(一部県庁)で申請します。

PAGE TOP

ナースフルに希望通りの求人を紹介してもらう 無料登録はこちら!