母に代わってありがとう|リクルートのナースフルなストーリー

看護師求人TOP看護師さんがくれたいいい話 ナースフルなストーリー天理よろづ相談所病院の看護師さんへ 母に代わってありがとう

天理よろづ相談所病院の看護師さんへ 母に代わってありがとう



グランプリ作品

母の臨終の際、私が取り乱さずに穏やかな看取りができたのは看護師さんの温かい心遣いのおかげです。母の様子がおかしいと思った私のナースコールで主治医と看護師さんが駆けつけて来られました「さっき帰られたお父さんにすぐに戻ってきてもらってください」ただならぬ気配に母の旅立ちが迫っていることがわかりました。携帯にかけても、父は運転中なのか応答がありません。慌てているに私に「連絡はこちらに任せて。あなたはお母さんのそばへ」と看護師さんに背中を押されました。

病室の看護師さんは泣き出した私に「お母さんは、お父さんとの釣りが楽しかったって言ってたけど、どこに行っていたのかな」と独り言のようにつぶやきました。「赤穂です。釣った魚は母が天ぷらにしていました」「お料理が上手なのね」と言いながら母の手を優しくさすります。

私は、父の一刻も早い到着を待ちながらも、看護師さんのゆっくりした口調に少し落ち着き始めたから不思議です。 「お父さんも毎日病院に来られて、仲のよいご夫婦ね」「父は、苦労したあの頃が一番楽しかったなって昨日も二人で話していたんだとさっき教えてくれました」「お母さんは幸せな毎日を送ってこられたのね。はい交代」と言って私の手を母の手に重ねてくださいました。

「お母さんは病棟の人気者だって知ってる?」「そうなんですか? 『病院の人はみんな優しくて私は本当に幸せ』が母の口癖なんです。いつもありがとうございます」 私がいつの間にか看護師さんのペースに乗せられてほのぼのとした気持ちになったそのとき、母は二回大きく息をして旅立っていきました。「幸せな人生だった。私の代わりにありがとうって言ってくれたのね」母の満足そうな顔を見て、この会話を母はしっかり聞いていたのだと思いました。止まっていた涙があふれてきました。

このストーリーを友達に教えよう!
各部門別 優秀作品

グランプリ作品

準グランプリ作品

※優秀賞・部門賞の受賞作以外のご投稿いただきました「ナースフルなストーリー」については、後日公開予定です。

人気のエリアからさがす
関東
 
関西
 ナースフルなストーリー トップへ