リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

看護師の働き方, 看護師転職ノウハウ

さまざまな疾患の知識が身につき看護スキルがアップ!ICU(集中治療室)で働く看護師の仕事内容と求人探しのポイント

看護師のあなたは、「ICUで働きたい」と思ったことはありますか?

重篤な患者さんを24時間体制で治療する「ICU(Intensive Care Unit)、別名「集中治療室」です。
一般病棟に入院していた患者さんの容体が急変した場合や、救急搬送されてきた患者さんの処置が終わった後に運ばれてくる場所ですよね。

ICUでは重篤な患者さんの治療をするため、看護師は仕事を通じて、次のようなメリットを実感できるんです。


  1. さまざまなケガや疾患の知識が身につく
  2. 緊急時に的確な判断ができるようになる
  3. 生命の危機にある患者さんを救う達成感がある

ICU看護師として働くメリット3つ

こうしたメリットにやりがいを感じているICU看護師は多く、「ずっとICUで働きたい」という人が多いです。

一方で、ICU看護師は緊迫した状況で働くプレッシャーや、患者さんの死に立ち会う機会が多いなど、精神的にハードな場面も多いんです。

もし、あなたがICUで働くことに興味があるなら、転職したあとに後悔することがないよう、ICU看護師のメリット・デメリット両面を知っておくといいでしょう。

というわけで、今回は、ICU看護師の仕事内容と求人探しのポイントを紹介します。

それでは、まいりますっ!

ICU看護師として働くメリット3つ

先ほどお話ししたとおり、ICU看護師のメリットは以下の3つです。


  1. さまざまなケガや疾患の知識が身につく
  2. 緊急事態に的確な判断ができるようになる
  3. 生命の危機にある患者さんを救う達成感がある

【ICU看護師として働くメリット】
1.さまざまなケガや疾患の知識が身につく

さまざまなケガや疾患の知識が身につく

ICUは、診療科の枠を超えて、重篤な患者さんを受け入れています。
そのため、ICU看護師はさまざまな疾患やケガに関する知識を身につけることができるんです。

こうした幅広い知識をもっていると、ICUからほかの診療科に異動した場合でも、即戦力として活躍できます。

【ICU看護師として働くメリット】
2.緊急事態に的確な判断ができるようになる

緊急事態に的確な判断ができるようになる

ICUの患者さんは重篤であるため、容体の急変が多いです。
ICU看護師は、予断を許さない状況で看護をし続けているため、緊急事態の判断力を身につけていくことができるんです。

【ICU看護師として働くメリット】
3.生命の危機にある患者さんを救う達成感がある

生命の危機にある患者さんの命を救う達成感がある

ICU看護師がやりがいを実感するのは、ICUの一員である自分の気づきやケアが、重篤な患者さんの容体の好転につながったとき。
そして、患者さんの容体が安定して一般病棟に移っていくときや退院するときが、一番うれしい瞬間なんです。


このように、ICUの仕事にはさまざまなやりがいがあるんです。

しかし、重篤な患者さんをケアするからこそ、精神的な負担を感じる瞬間もあります。
そのため、ICU看護師になってから「こんなに大変だと思わなかった・・・」と後悔してしまう人もいるんです。

そんな事態を避けるためには、ICU看護師の大変さもきちんと知っておく必要がありますよね。

というわけで、続いてはICU看護師として働くデメリットについても解説します!

ICU看護師として働くデメリットふたつ

ICU看護師のデメリット

ICU看護師のデメリットは、以下のふたつです。


1.精神的な疲労が大きい
患者さんの容体が急変したときは素早い処置が必要なので、ICU看護師にはスピードと正確さが求められます。
また、必死に治療しても患者さんの命を救えないことも・・・。
ICU看護師はこうした環境で働いているため、精神的な疲労が大きいんです。
2.夜勤が多い
ICUには重篤な患者さんが多いため、夜間に配置されている看護師の数が多いです。
そのため、ICU看護師は一般病棟と比べて、夜勤日数が多いんですね。
また、ICU看護師の仕事は集中力を必要とするので、勤務時間が短くなるように三交代制でシフトを組まれるケースが多いです。
三交代制は二交代制と比べると生活リズムが不規則になるので、体調管理の面で苦労する人もいます。

ここまで、ICU看護師のメリット・デメリットについてお話ししてきましたが、イメージはわきましたか?
それでは、次にICUの役割について解説していきます。

ICUでは、重篤な患者さんのモニタリングと治療を24時間体制で行う

先ほどお話ししたとおり、ICUでは、重篤な患者さんに対して、24時間体制でモニタリングと治療をおこないます。

ICU看護師はモニタリング装置を使って、以下のようなデータを取得しています。


  • 体温
  • 血圧
  • 脈拍数
  • 呼吸数
  • 心電図
  • 酸素飽和度

ICU

また、最近ではICUを細分化して、診療科ごとに集中治療室を設けている病院が増えているんです。
診療科別の集中治療室には、以下のような種類があります。


1.CCU(Cardiac Care Unit)
CCUとは「冠疾患治療室」のことで、虚血性心疾患をはじめとする心臓疾患のある患者さんを治療します。
2.SCU(Stroke Care Unit)
SCUとは「脳卒中治療室」のことで、脳卒中をはじめとする脳血管疾患がある患者さんを治療します。
3.NCU(Neurosurgical Care Unit)
NCUとは「脳神経外科治療室」のことで、脳梗塞やクモ膜下出血などの脳神経外科系の患者さんを治療します。
4.SICU(Surgical Intensive Care Unit)
SICUとは「外科系集中治療室」のことで、大規模な外科手術をした直後の患者さんを治療します。
5.KICU(Kidney Intensive Care Unit)
KICUとは「腎疾患集中治療室」のことで、急性の腎不全や肝炎によって緊急の処置が必要な患者さんや、腎障害を合併した患者さんを治療します。
6.RCU(Respiratory Care Unit)
RCUとは「呼吸器疾患治療室」のことで、重症の肺感染症や慢性の呼吸器疾患が悪化した患者さんを治療します。
7.PICU(Pediatric Intensive Care Unit)
PICUとは「小児集中治療室」のことで、急性肺炎や脳症、手術後などの子供を受け入れて、管理・治療します。
8.NICU(Neonatal Intensive Care Unit)
NICUとは「新生児集中治療室」のことで、未熟児や重篤な先天性疾患をもつ新生児を治療します。

ICUとは

上記以外にも、「HCU(High Care Unit)とよばれる「高度治療室」を設置している病院もあります。
HCUは、ICUと一般病棟の中間に位置します。

今後、このような診療科別の集中治療室を新設する動きが、「三次救急医療病院」をはじめとする医療機関で進んでいく可能性があります。
(三次救急医療病院とは、救急隊による救急搬送を受け入れる救急指定病院で、とくに重篤な患者さんを受け入れています)

もし、特定の診療科の看護スキルを伸ばしたい人は、こうした診療科別の集中治療室がある病院を選ぶのも選択肢のひとつです。

以下の記事では、三次救急医療病院や救急科について解説していますので、興味のある人は読んでみてください。

ここまでICUの役割を伝えてきたので、ここからはICU看護師の具体的な仕事内容について紹介しますね。

ICU看護師の主な仕事4つ

ICU看護師の主な仕事内容は、以下のとおりです。


  1. モニタリングと患者さんのケア
  2. 他の医療従事者との連携
  3. 設備機器の操作や管理
  4. 患者さんのご家族の精神的ケア

【ICU看護師の仕事内容】
1.モニタリングと患者さんのケア

モニタリングと患者さんのケア

ICUの患者さんは意識がなかったり、人工呼吸器を装着していたりするので、自分で病状の変化を医療スタッフに知らせることができません。
そのため、ICU看護師は心電図ををモニタリングしながら、常に患者さんの様子をチェックしておく必要があります。

また、患者さんの不安や苦痛が和らぐように、身のまわりのケアを行うこともICU看護師の仕事です。
具体的には、身体の保清や褥瘡(じょくそう)を予防するための体位変換、栄養管理といったことを行います。

【ICU看護師の仕事内容】
2.医療スタッフとの連携

他の医療従事者との連携

ICUには重篤な患者さんが多いため、ほかの病棟よりも医療スタッフの数が多い傾向があります。
主な医療スタッフは、以下の通りです。


●医師
医師は、ICU全体を統括します。
さまざまな疾患の患者さんを治療するため、各診療科と連携しながら、患者さんの治療方針を決定するリーダーです。
●臨床工学技士
臨床工学技士は、医師の指示を受けて、人工呼吸器や人工透析などの生命維持装置の操作を行います。
また、医療機器全般の保守・点検なども担当するんです。
●薬剤師
薬剤師は、ICUでの薬剤の管理・調整などを行います。

患者さんの急変時に迅速な対応をするためには、医療スタッフ同士の連携が欠かせません。

たとえば、患者さんの容体が急変したときには、ICU看護師が正確な状況を医師へ伝えて診断をサポート。
臨床工学技士や薬剤師が使用する医療機器や薬剤についても把握しておきます。

【ICU看護師の仕事内容】
3.医療機器の操作や管理

医療機器の操作や管理

ICUには、人工呼吸器や人工透析などの生命維持装置があり、これらの装置の点検は臨床工学技士が担当します。
また、臨床工学技士がICUに常駐している場合は、日常的な操作も臨床工学技士が行ないますが、常駐していない病院では看護師が代わりに対応します。

ICUで使用する医療機器については、以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

【ICU看護師の仕事内容】
4.患者さんのご家族の精神的ケア

ご家族のケア

ICUは一般病棟よりも面会時間が短いため、患者さんの様子をご家族が把握しづらいです。
さらに、患者さんは重篤であることが多く、ご家族の不安はとても大きいんです。
そのため、ICU看護師はご家族の不安な気持ちが和らぐように、ご家族に容体を説明するなどの精神的なケアも行います。


このように、ICU看護師は幅広い仕事を担当しているんですね。

以下の記事では、ICU看護師のやりがいや魅力について解説されています。
気になる方はぜひチェックしてくださいね。

これまで説明している通り、ICU看護師はたくさんの知識が必要になります。
そのため、講習会や資格取得などでスキルアップを図っている人が多いんです。

次に、ICU看護師のスキルアップに役立つ資格や講習会について解説しますね。

ICU看護師のスキルアップに役立つ講習会と資格について

ICU看護師にオススメの講習から紹介します。

ICU看護師に役立つ講習

救命処置を施す女性

代表的な講習会は、以下のふたつです。


1.BLSコース
日本BLS協会が実施する講習会です。
心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方、窒息の対応法など、一次救命処置(Basic Life Support)について学べます。
2.ICLSコース
日本救急医学会が実施する講習会です。
蘇生トレーニングを学び、心臓血管系の緊急病態のうち、とくに突然の心停止に対する最初の10分間の対応を身につけることを目標としています。

続いて、ICU看護師にオススメの資格を紹介しますね。

【ICU看護師のスキルアップにオススメの資格】
1.呼吸療法認定士

「呼吸療法認定士」とは、医療機器センターが定めた資格で、2日間の認定講習会を受講し、認定試験に合格すると取得できるんです。
認定講習会では、吸入療法や人工呼吸の実施方法と使用する機器の管理を学びます。

この資格を看護師が取得する場合は、実務経験2年以上あることが条件なので、注意してくださいね。

呼吸療法認定士の資格については、以下ページで確認できますので、興味のある方はチェックしてくださいね。

【ICU看護師のスキルアップにオススメの資格】
2.集中ケア認定看護師

「集中ケア認定看護師」は、日本看護協会が定めている資格です。
集中治療が必要な患者さんの病態変化の予測や、重篤化を予防する方法を学びます。

認定看護師になるには、認定看護師の教育機関に6カ月以上通う必要があるので、取得を目指す場合は、勤務先との調整や準備が必要です。

認定看護師資格の取得方法は、下記ページで詳しく紹介していますので、ぜひ確認してくださいね。

認定看護師になるべきメリット3つ

【ICU看護師のスキルアップにオススメの資格】
3.急性・重症患者看護専門看護師

「急性・重症患者看護専門看護師」は、日本看護協会が定めている資格です。

この資格を取得すると、緊急性が高い重症の患者さんの専門的な看護ができるようになります。
また、ご家族のケアについても学ぶことができるんです。

専門看護師になるには、大学院に2年間通う必要があるので、勤務先との調整や準備が必要なので注意してくださいね。

専門看護師の取得方法は、下記のページで紹介していますのでチェックしてください。

専門看護師は看護を極めたエキスパート

【ICU看護師のスキルアップにオススメの資格】
4.特定看護師

「特定看護師」は、認定看護師や専門看護師と違って、資格ではありません。
「特定行為研修」という研修を受講すると、38の特定の医療行為を看護師の判断で処置できるようになる制度のことなんです。
特定行為研修には21の分野があり、なかでも呼吸器や循環器の分野はICU看護師の業務に役立ちます。

研修期間は各研修機関によって違いますが、半年~2年ほどかかるので、勤務先との調整が必要です。

特定看護師については、下記のページで詳しく解説していますので、ぜひ確認してくださいね。

特定看護師になると38の医療行為を医師が不在でも実施できる

それでは最後に、ICU看護師の求人を探すポイントについて説明します。

ICU看護師の求人を探すときのポイント3つ

ICU看護師の求人を探すときのポイントは、以下の3つです。


  1. 人員配置や教育体制
  2. ICUで対応する診療科の種類や数
  3. 給与や手当などの待遇

ICU看護師の求人を探すときのポイント3つ

【ICU看護師の求人を探すときのポイント】
1.人員配置や教育体制

ICUは重篤な患者さんが多いので、看護師の配置人数もほかの病棟よりも多いです。
一般的なICUでは、1人の看護師が担当する患者さんは2人ですが、実態は病院によって違います。
転職先の候補となるICUの看護師の人数や患者数はあらかじめ確認しておくと安心です。

人員配置や教育体制

なぜなら、こうした人員配置は業務の忙しさや新人教育の内容に影響するからです。
看護師の人数が少ないICUでは業務が忙しいですし、新人の教育にまで手がまわらない可能性があります。
ICUではじめて働く人や、教育をきちんと受けたい人は、看護体制が整った病院を選ぶようにしてくださいね。

【ICU看護師の求人を探すときのポイント】
2.ICUで対応する診療科の種類や数

ICUで対応する診療科の種類や数

先ほどからお話ししている通り、ICUの看護師は多くの知識が必要となります。
勤務するICUがカバーしている診療科の数が多いほど、必要となる知識の幅も広くなるんです。
そのため、病院の公式サイトなどで、ICUで対応している診療科の種類や数をきちんと確認しておきましょう。

【ICU看護師の求人を探すときのポイント】
3.給与や手当などの待遇

給与や手当などの待遇

ICU看護師は夜勤が多いですが、実は残業が少ないんです。
そのため、夜勤手当は多いものの残業代が少ないため、給料水準はほかの診療科とあまり変わりません。
ですが、病院によっては、重篤な患者さんを担当することに対する「ICU特別手当」や、一般病棟の夜勤手当よりも高く設定された「ICU夜勤手当」が支給されることもあるんです。
給与にこだわりたい人は、希望する病院にこうした手当があるかを確認してくださいね。


ここまで、ICUの求人を探すときのポイントをお伝えしました。

ただ、これらの情報は、Webサイトや求人票などではわからないケースが多いので、ナースフルのような看護師専門の紹介会社に登録し、キャリアアドバイザーから情報を入手することをオススメします。

紹介会社利用のススメ

紹介会社に登録しておくと、新着の求人があった際に優先的に求人を紹介してもらうことができます。
とくに、ICUは求人数自体が少ないので、スピーディーに情報を入手することがポイントなんです!

ICU看護師への転職を考えている人は、紹介会社への登録も検討してみてくださいね。


いかがでしたか?

ICU看護師はハードな仕事ですが、幅広い疾患に対応できる看護スキルが身につきます。
看護師としてスキルアップを目指したい方には最適な環境なので、興味がある人はぜひトライしてみてくださいね。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ