ナオコに聞く看護師転職成功塾

看護師の働き方, 看護師転職ノウハウ

看護師が地方公務員や国家公務員として活躍中!看護師が公務員として働く職場やメリット、求人探しのポイント

こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

突然ですが、実は看護師が公務員として働くことができるって、知っていますか?

看護師は、国公立の病院や保健所などの地方自治体が運営している医療施設に勤務すると、公務員として働くことになります。

しかも、看護師は公務員試験を受ける必要がなく、選考に合格すると公務員になることができるんです。

看護師の面接

その選考内容は勤務先によって違いますが、一般的な病院と同じように面接や小論文などが中心です。

さて、公務員といえば、“安定している”イメージがありますよね。
そんな公務員として働くメリットは、以下の3つです。


  1. 給与手当が充実している
  2. お休みがきちんととれる
  3. 毎年昇給がある

看護師が公務員として働くメリット

このように、公務員として働くメリットはなんといっても“待遇がいい”ことです。

しかし、一方で公務員は雇用保険に入らないので失業保険がもらえなかったり、副業が禁止されていたりなど、一般の病院とは違うデメリットもあるんです。

というわけで、今回の記事では看護師が公務員として働ける職場や、給与事情、公務員として働くメリット・デメリット、求人の探し方について解説します。

看護師は地方公務員か国家公務員のどちらかとして働く

まず前提として、看護師が公務員として働く場合、勤務先によって以下のどちらかに分類されます。


  1. 地方公務員
  2. 国家公務員

看護師が公務員として働く種別

地方自治体が運営している医療施設で働く場合は地方公務員、国が運営している場合は国家公務員となります。
ちなみに、国家公務員と地方公務員の違いは、給与体系と、国家公務員は全国転勤の可能性があることです。

それでは、公務員として働いている看護師の職場について、くわしく説明していきますね。

地方公務員として働く看護師の職場

地方公務員として働く看護師は、以下のような都道府県や市区町村などの各地方自治体が運営する医療施設に勤務しています。


  1. 公立病院や公立診療所
  2. 保健所や保健センター
  3. 公立の保育所・幼稚園
  4. 公立の看護専門学校

くわしく説明していきますね。

【看護師が地方公務員として働く勤務先】
1.公立病院や公立診療所

公立病院

公立病院とは「県立病院」「市立病院」などのことで、都道府県や市町村などの地方自治体や、地方独立行政法人が管轄している病院を指します。

地方自治体が運営している公立病院で働く場合は公務員、地方独立行政法人が運営している公立病院で働く場合は「準公務員」となります。
(準公務員については、のちほど説明しますね)

現在、地方自治体が運営している公立病院と公立診療所の数は、以下の通りです。
※平成28年度厚生労働省調べ


●都道府県が運営している医療施設

  • 病院:200施設
  • 診療所:257施設

●市町村が運営している医療施設

  • 病院:635施設
  • 診療所:2996施設

このように、公立病院や公立診療所は全国に数多く存在しているので、地方公務員として働く看護師の多くがこれらの医療施設に勤めています。

【看護師が地方公務員として働く勤務先】
2.保健所や保健センター

予防接種の介助

「保健所」は都道府県や政令指定都市などに設置され、「保健センター」は市町村ごとに設置されている保健施設です。
これらの施設で働く看護師は、地域住民の予防検診や指導、予防接種を行う医師のサポートを担当します。
ただ、保健所には保健師が配属されることが多いので、看護師は少数です。

もし、保健師の仕事について興味がある場合は、以下の記事で紹介していますので確認してくださいね。

【看護師が地方公務員として働く勤務先】
3.公立の保育所・幼稚園

赤ちゃんの世話をする保育園の看護師

公立の保育所や幼稚園で働く看護師は、子供のケガや病気の看護、予防接種や健康診断などを行う医師のサポートを担当します。

【看護師が地方公務員として働く勤務先】
4.公立の看護専門学校

公立学校の看護師教師も公務員

公立の看護専門学校で働く看護師は、未来の看護師を教える教員として働いています。
ちなみに、看護学校の教員になるためには以下いずれかの条件を満たす必要があるため、事前に準備が必要となるんです。


  • 厚生労働省が認定する看護教員養成講習会を受講する
  • 大学で教育に関係する科目を4単位以上取得する

続いて、国家公務員として働く看護師の勤務先を紹介します。

国家公務員として働く看護師の職場

国家公務員として働く看護師は、防衛省や厚生労働省などの官公庁に所属して働いています。

以下が、国家公務員として働く看護師のおもな職場です。


  1. 自衛隊
  2. 国立ハンセン病療養所
  3. 厚生労働省

それぞれについて、説明していきますね。

【国家公務員として働く看護師の職場】
1.自衛隊

自衛隊看護師は「防衛省」に所属し、おもに「陸上自衛隊」で働く自衛官の医療行為を行います。

自衛隊

仕事内容としては、自衛隊が運営する医療施設に入院している患者さんの看護をはじめ、自衛官のケガや病気の看護を担当します。

自衛隊で働く看護師は、防衛医科大学校の看護学科を卒業しているケースがほとんどですが、若干名、一般の看護師を募集することがあります。
以下のページで募集要項が紹介されていますので、興味のある人はチェックしてくださいね。

【国家公務員として働く看護師の職場】
2.国立ハンセン病療養所

ハンセン病療養所

国立ハンセン病療養所は全国に13施設あり、「厚生労働省」が管轄している医療施設です。

ハンセン病とは、「らい菌」により皮膚と神経が侵される感染症で、皮膚に白や赤褐色の斑紋があらわれたり、身体の変形を引き起こして運動障害や視覚障害・知覚障害を引き起こしたりする病気です。

国立ハンセン病療養所の採用については、以下のページにくわしい募集要項が掲載されていますので、興味のある人は確認してくださいね。

【国家公務員として働く看護師の職場】
3.厚生労働省

厚生労働省の看護系技官

厚生労働省で働いている看護師は“看護系技官”という職種名で呼ばれています。
看護系技官の仕事内容は、看護行政に関する政策や制度の推進、整備などです。
以下の採用案内で先輩インタビューが掲載されていますので、興味がある人は確認してくださいね。


上記以外に、「宮内庁病院」などで働く看護師も国家公務員です。
このように、国家公務員として働く看護師は、地方公務員よりも特殊な環境で働くことが多いんです。

続いては、公務員と待遇が似ている「準公務員」についてお話ししますね。

準公務員として働く看護師の職場

準公務員とは、“もともと国が管轄していて、今は法人化された施設”で働いている人たちのことを指します。

公務員ではないのですが、公務員だったときの勤務体系、給与、福利厚生などの待遇を引き継いでいるケースが多いため、公務員と近い待遇であることが多いんです。

公務員と準公務員の違いは、公務員が永続的に仕事が失うことがないのに対して、準公務員はそういった保証がない点です。
しかし、一般的な病院は経営難でつぶれる可能性があることと比較すると、安定した環境であるといえます。

そんな準公務員が働く職場を紹介しますね。

【準公務員として働く看護師の職場】
1.国立病院機構

日本地図

「国立病院機構」とは、全国に143ヶ所の国立医療施設を運営している独立行政法人です。
国立病院機構が運営する病院では、約38,000人もの看護師や助産師が働いています。

国立病院機構の看護師は国家公務員ではありませんが、給与や福利厚生などの待遇は国家公務員に準じているんです。

国立病院機構に所属する医療施設については、以下ページに一覧が載っていますので、興味のある人は確認してくださいね。

【準公務員として働く看護師の職場】
2.国公立大学附属病院

東大 安田講堂

国公立大学附属病院は、国公立大学の医学部に附属しています。

もともと、国公立大学は国や地方自治体が運営していましたが、最近では大学法人化が進んでいるんです。
現在、国公立大学のうち、国立大学はすべて法人化していて、公立大学の多くも法人化しています。

国公立大学附属病院で働く看護師は国家公務員ではありませんが、給与や福利厚生などの待遇は国家公務員に準じているんです。

【準公務員として働く看護師の職場】
3.国立高度専門医療研究センター

高度医療研究をする女性

「国立高度専門医療研究センター」とは、国民の健康に重大な影響がある特定の疾患についての調査や研究を行う医療施設のことです。

以下の6つの施設を総称して、国立高度専門医療研究センターと呼んでいます。


  • 国立がん研究センター
  • 国立循環器病研究センター
  • 国立精神・神経医療研究センター
  • 国立国際医療研究センター
  • 国立成育医療研究センター
  • 国立長寿医療研究センター

これらの施設は、もともと厚生労働省が管轄していましたが、現在では法人化されています。
そのため、国立高度専門医療センターの看護師は国家公務員ではありませんが、給与や福利厚生などの待遇は国家公務員に準じているんです。

【準公務員として働く看護師の職場】
4.KKR病院(国家公務員共済組合連合会病院)

病院と地域が協力する

「KKR病院(国家公務員共済組合連合会病院)とは、国家公務員とその家族の健康を守り、地域の中核病院として良質な医療を提供するためにつくられた病院です。

KKR病院で働く看護師は公務員ではありませんが、給与や勤務条件などの待遇は国家公務員に準じているんです。


ここまで、地方公務員や国家公務員、準公務員として働く看護師の職場を紹介してきました。
全国各地の公的な医療施設で看護師が活躍しているんですね。

「どんな職場で働くのかはわかったけど、公務員になるとどんなメリットがあるか知りたい!」という人が多いと思います。
冒頭でも公務員として働くメリットについてお話しますが、くわしく説明していきますね。

公務員として働く看護師のメリット

看護師が公務員として働くメリットは、以下の3つです。


  1. 給与手当が充実している
  2. お休みがきちんととれる
  3. 毎年昇給がある

それぞれについて、くわしく説明しますね。

【公務員として働く看護師のメリット】
1.給与手当が充実している

公務員看護師は給与手当が充実している

公務員として働く看護師には、さまざまな給与手当が支給されています。
たとえば、東京都立病院で支給されている主な手当は、以下の通りです。


  • 住居手当(上限27,000円)
  • 初任給調整手当
  • 期末勤勉手当(約4.2月分)
  • 特定看護分野従事手当(専門・認定看護師などが対象)
  • 分べん介助業務手当

住宅手当などは、一般の病院では支給されないことが多いので、手当が充実してますよね。
(これらの手当は、地方自治体によって違いますので注意してくださいね)

【公務員として働く看護師のメリット】
2.お休みがきちんととれる

休日が充実している

公務員として働ける職場は休日が多く、働きやすい環境が整っています。
例として、東京都立病院で働く看護師の勤務条件を紹介しますね。


●勤務シフト
変則2交代、3交代、変則3交代です。
3交代の場合、夜勤は月8回(準夜勤4回、深夜勤4回)で、準夜勤をした看護師には毎回タクシー代(2,700円まで)が支給されます。
そして、変則2交代の場合、夜勤は月4回と決められています。
●休日・休暇
週に2日休みがあり(変則週休2日制)、それに加えて、国民の祝日、年末年始、夏季休暇(5日)があります。
そのほかにも、介護休暇、結婚休暇、慶弔休暇、ボランティア休暇などの休暇もあります。
また、妊娠出産休暇、育児休業、育児短期間勤務制度もあり、働きやすい環境が整えられています。

このように、祝日がお休みだったり、夜勤回数が定められていたりするなど、看護師にとって働きやすい環境だといえます。

【公務員として働く看護師のメリット】
3.毎年昇給がある

毎年昇給がある

公務員として働いていると、毎年必ず昇給があり、月給が上がっていきます。
なぜなら、公務員の場合は条例や法律で、昇給が定められているからなんです。
(参考:国家公務員と地方公務員の給与制度に係る法体系|総務省

一般の病院では昇給のタイミングが明確に定められていなかったり、経営状況が厳しいと昇給しない可能性があったりします。
月給はボーナスの支給額にも影響しますので、毎年昇給がある公務員はボーナスの金額も年々増えていくんです。

具体的に、看護師全体と公務員の看護師の平均月収を比較してみましょう。


●看護師全体

  • 看護師の平均年齢:36.1歳
  • 基本給:25万4,583円
  • 平均月収:35万2,157円

●公務員の看護師

  • 看護師の平均年齢:38.7歳
  • 基本給:28万3,693円
  • 平均月収:44万9,098円

平均年齢は少し公務員のほうが高いものの、平均月収で比べると、なんと10万円近く公務員のほうが給料を多くもらっているんです。

看護師が公務員として働くメリット

ここまで、公務員として働くメリットをお伝えしました。
今までの話を聞いて「給料も待遇もいいし、一般病院より公務員として働いたほうがいいかも!」と思った人がいるかもしれません。

ただ、公務員という安定した立場だからこそ、自由度が少ないというデメリットがあるんです。
続いては、公務員として働く看護師のデメリットについてお話しします。

公務員として働く看護師のデメリット

公務員看護師のデメリット

公務員として働く看護師のデメリットは、以下の4つです。


1.年功序列なので、能力に応じた給料をもらえない可能性がある
公務員は毎年昇給していくことはメリットですが、役職につかない限り、能力やスキルの差による給料の格差がありません。
つまり、年齢や勤続年数が同じであれば、能力が高い人と、能力が低い人が同じ給料をもらうことになるんです。
そのため、成果を出した分だけ認められたいという人は、一般病院のほうが合っているかもしれません。
2.古い体質の医療施設の可能性がある
公務員が働く医療施設は、設立から長い時間が経過していることが多いです。
その長い歴史がゆえに新しいものを取り入れることが少なく、患者さんへのケアや教育体制などが、一般の病院よりも遅れている可能性があります。
また、組織の風通しが悪く、患者さんへのケアや教育体制の改善などを進言しても意見が通りにくかったりするかもしれません。
3.副業ができない
公務員の副業は、法律で禁止されています。
そのため、アルバイトや業務委託などでも、ほかの仕事をすることができません。
4.失業保険をもらうことができない
公務員は雇用保険に加入していないため、公務員として働いた病院をやめた後に失業保険はもらえませんので、注意してくださいね。

ここまで、公務員として働くメリットやデメリットについて説明してきました。
メリットとデメリットの両方を比べて、慎重に検討してみてくださいね。

最後に「やっぱり公務員として働きたい!」と思った人のために、“公務員として働く求人を探すポイント”についてお話しします。

看護師が公務員の求人を探すときのポイント

看護師が公務員の求人を探すときのポイントは、以下の3つです。


  1. 各都道府県や市町村の公式サイトをチェックする
  2. 転勤の有無を確認する
  3. 紹介会社に登録する

それぞれについて、くわしくお話ししますね。

【看護師が公務員の求人を探すときのポイント】
1.各自治体や組織の公式サイトを確認する

自治体の公式サイトをチェック

地方自治体の公式サイト内の「職員採用情報(専門職など)」のページに、全体の採用の一部として看護師の求人情報が載っていることが多いです。
(参考:大阪市役所

あなたが地方公務員の求人を探すときは、働きたい地域の地方自治体の公式サイトを定期的に確認することをオススメします。
看護師が国家公務員として働く施設については、先ほどの職場説明の段落で紹介していますので、気になる人は確認してくださいね。

求人を探すときの注意点としては、募集が“正規職員”であることを確認することです。
なぜなら、地方自治体の看護師の求人は、嘱託(しょくたく)職員募集の可能性があるからなんです。

嘱託職員は臨時に雇用する職員のことなので、契約期間中は地方公務員の待遇を受けられますが、契約期間が終了すれば解雇されることもあるので注意しましょう。

【看護師が公務員の求人を探すときのポイント】
2.転勤の有無を確認する

転勤の引っ越し

施設が全国各地にある医療施設の場合は、転勤の可能性があります。
そのため、必ず転勤の有無について確認をしましょう。

【看護師が公務員の求人を探すときのポイント】
3.紹介会社に登録する

asian businesswomen working

公務員として働ける医療施設は、看護師求人サイトにも掲載されています。
ただ、公務員はとても人気なので、新たに求人がでても応募が殺到し、すぐに応募が締めきられてしまうことがあります。
求人情報を見逃さないためには、看護師求人サイトを利用して、新着の求人情報を定期的に確認しましょう。

また、紹介会社を利用すると、求人サイトに公開されていない非公開求人の情報も入手できますし、競争率が高い面接の対策をすることができます。
興味がある人は、ぜひ紹介会社の活用を検討してくださいね。


いかがでしたか?

看護師が公務員として働く職場は給与水準が高く、福利厚生も充実していて、安定して働くことができます。
ただ、自由度が低いというデメリットもありますので、あなたが職場に求めることと比較して、慎重に検討してみてくださいね。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ