ナオコに聞く看護師転職成功塾

看護師の働き方, 看護師系資格, 看護師転職ノウハウ

産婦人科で働く看護師と助産師の業務の違いは?産婦人科で働く看護師のメリットと求人の探し方まとめ

こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

突然ですが、看護師のあなたは産婦人科で働きたいと考えたことはありますか?
産婦人科は新しい命が生まれる場所なので、“幸せな雰囲気の職場”というイメージをもって、産婦人科を希望する人が多いかもしれませんね。

幸せそうな妊婦さん

もちろん、そういった面も産婦人科で働く魅力ですが、実は女性の患者さんばかりの産婦人科では、患者さんに対して非常にきめ細やかな配慮が必要となります。
そのため、産婦人科の看護師は気をつかう場面がとても多いんです。

どういうことかというと、産婦人科には妊産婦ばかりではなく、不妊治療をしている人や流産や中絶などの処置をする人など、さまざまな状況の患者さんが訪れます。
産婦人科の待合室では、不妊治療をしている患者さんの隣に妊婦さんが座っているなんていう状況がよく起こるんです。

産婦人科の待合室

そんなとき、看護師がなんの配慮もなく妊婦さんと盛り上がって話していたら、不妊に悩んでいる患者さんは気を悪くするかもしれませんよね。
このように、産婦人科の看護師はさまざまな状況の患者さんの心情に寄り添った看護をしていく必要があるんです。

きめ細やかな対応をするためには観察力や思いやりが必要ですし、人によって向き不向きもあります。
ですから、産婦人科のいい面だけを見て転職をすると「こんなに大変だと思わなかった・・・」と、理想と現実とのギャップを感じてしまうかもしれません・・・!

悩む看護師

そんな事態を避けるためには、産婦人科で働くメリットとデメリットをしっかりと理解しておく必要があります。
また、産婦人科では看護師だけでなく助産師が働いているので、看護師と助産師の仕事内容にどういった違いがあるかもあらかじめ知っておくことをオススメします。

というわけで、今回は産婦人科で働くメリット・デメリットや、看護師と助産師の業務違い、求人を探すときのポイントについて説明します。

産婦人科に興味をもっている人はもちろん、助産師へのキャリアアップを考えている人もぜひチェックしてくださいね。

それでは、まいりますっ!

産婦人科で働くメリット

産婦人科で働くメリットは、以下の3つです。


  1. 生命の誕生を見届けられる
  2. 夜勤や土日勤務が少ない
  3. 妊娠や出産の知識が役に立つ

産婦人科で働くメリット

それぞれについて、詳しくお話しします。

【産婦人科で働くメリット】
1.生命の誕生を見届けられる

生命の誕生に立ち会える喜び

一般的に、看護師は苦しい闘病生活を送っている患者さんの看護をする機会が多く、患者さんを看とることも少なくありません。
一方、産婦人科の看護師は赤ちゃんの誕生をサポートし、お母さんや家族が喜ぶ姿を目の当たりにする機会がとても多いです。
「おめでとう!」という幸せな言葉が飛び交い、幸せな気持ちを共有できることが産婦人科で働く最大の魅力です。

【産婦人科で働くメリット】
2.夜勤や土日勤務が少ない

日勤の勤務が多い

産婦人科は病院よりも小規模なクリニックの比率が多く、夜勤や土日出勤は少ない傾向があります。
とくに、婦人科のみのクリニックや入院施設がない産婦人科では分娩業務をおこないません。
そのため、夜中や休日に働くことはほとんどないんです。

【産婦人科で働くメリット】
3.妊娠・出産の知識が役に立つ

妊娠・出産の知識が役立つ

産婦人科で働くと、妊娠中の過ごし方や出産後のケア方法など、さまざまな知識を身につけることができます。
それらの知識は、あなた自身だけでなく、家族や友人から相談をうけたときにも役立つでしょう。


このように産婦人科ならではの特徴がメリットでもあるんですね。
しかし、冒頭でお話しした通り、デメリットについてもきちんと理解しておく必要があります。

というわけで、次に産婦人科で働くデメリットについてお伝えします。

産婦人科で働くデメリット

産婦人科で働くデメリット

産婦人科で働くデメリットは、以下の3つです。


1.ほかの診療科とは違う気遣いが求められる
冒頭でもお話ししたように、産婦人科の患者さんは妊産婦だけではなく、不妊に悩む人や流産や死産などで苦しんでいる人もいます。
そのため、産婦人科の看護師はさまざまな患者さんの心境をおしはかって、きめ細やかなコミュニケーションをとる必要があります。
こういった気遣いをするのが苦手な人は、産婦人科の看護師として働くのは難しいかもしれません。
2.看護技術が低下する可能性がある
産婦人科では、妊産婦や婦人系疾患の患者さんなどのケアを行うため、患者さんの層が限定されています。
さらに、ほかの診療科に比べて注射や点滴などの医療処置をする機会が少ないため、看護技術が低下してしまう恐れがあります。
そのため、今後さまざまな診療科を経験したいと考えている人は、産婦人科への転向を慎重に検討したほうがいいでしょう。
3.任される仕事が限定されていることがある
産婦人科の看護師と助産師では、担当できる業務内容に違いがあります。
(看護師と助産師の仕事の違いについては、のちほど説明しますね)
医療施設によってはこうした違いが過度になり、看護師が雑用全般にしか携われないことがあります。
このような職場では、助産師と看護師がもつ権限に違いがあるため、人間関係がぎくしゃくしてしまうこともあるんです。

このように、助産師と看護師に業務の違いがあることは、産婦人科ならではの特徴といえます。

では、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。
産婦人科での業務内容を説明しながら、看護師と助産師の業務の違いについても説明していきますね。

産婦人科で働く看護師の仕事内容

産婦人科の看護師

勤務先によって仕事内容の違いはありますが、産婦人科で働く看護師のおもな仕事内容を紹介します。


●出産前
患者さんの検診を行う医師のサポートや、検査・処置に必要な採血や点滴などの看護ケアをします。
●出産時
分娩業務を行う医師や助産師のサポートをしたり、「帝王切開」などの手術を必要とする場合は、医師のオペ介助をします。
●出産後
授乳や沐浴、おむつ交換などの新生児の育て方を指導します。
また、患者さんの「悪露交換(おろこうかん)をします。
(悪露とは、出産後に子宮から排出される出血や分泌物のことです)
●中絶時
診察や検査を行う医師のサポートや、中絶手術をおこなう医師のオペ介助をします。
●不妊治療
「体外受精」「人工授精」などの、不妊治療に伴う検査介助をおこないます。

上記で説明した業務のうち、出産時の業務は看護師と助産師とでは違いがあります。
その違いについて、くわしく説明していきますね。

看護師と助産師の業務の違いは「助産行為」ができるかどうか

助産師とは、「看護師免許」に加えて「助産師免許」を保有し、「助産行為」をおこなえる看護師のことです。

お腹にエコーをあてて妊婦検診をする助産師

助産行為とは、出産を手助けし赤ちゃんをとりあげる行為のことをいいます。
看護師と助産師の業務の違いは、この「助産行為」ができるかどうか、という点なんです。

助産師は、正常な出産であれば医師の指示がなくても、単独で助産行為を行うことができます。
一方、看護師は医師の指示があったとしても、助産行為を行うことはできません。
助産行為は、出産に対する深い知識をもった助産師だけができる仕事なんですね。

引用元:助産師資格をとって助産師へ転職するメリット

上記のような違いがあるため、看護師が分娩に立ち会う場合は、医師や助産師のサポートをおこないます。
具体的には、妊婦さんの子宮口を計測して医師や助産師に報告したり、医師や助産師へ手術器具を手渡したりといった業務です。

20160920_ill2

ちなみに、助産師免許を取得するには、看護系の専門学校や短期大学などの「助産師学校」で1年以上学んだ上で、「助産師国家試験」に合格する必要があります。

助産師は、総合病院やクリニックだけではなく、「助産院」でも働いています。

助産院とは、助産師のみで運営している“ベッドの数が9床以下”の施設のことです。
助産院には産婦人科医がいないため、助産院で出産できるのは母子共に正常な状態の妊婦に限られます。
もし、出産時に何らかの異常が認められた場合は病院と連携し、産婦人科医の指示で出産を行う体制へ移行します。

引用元:助産師資格をとって助産師へ転職するメリット

このように、助産師の活躍の幅は広いので、「ずっと産婦人科で働きたい!」と考えている人は助産師免許の取得について検討してみてもいいかもしれません。

助産師については、以下の記事でくわしく説明していますので、ぜひチェックしてくださいね。

少子化時代と思いきや、実は助産師さんの仕事の需要がすごいんです!


ここまで、産婦人科の仕事内容や助産師との違いについて説明してきましたが、産婦人科で働くイメージはわいてきましたか?
次に、産婦人科で働いたあとのスキルアップに役立つ資格について解説していきますね。

産婦人科で働く看護師のスキルアップにオススメの資格

産婦人科で働く看護師のスキルアップ方法

産婦人科で働く看護師のスキルアップにオススメの資格は、以下のふたつです。

【産婦人科で働く看護師にオススメの資格】
1.皮膚・排泄ケア認定看護師

産婦人科では、帝王切開で出産した場合の傷や、出産後の排尿の痛みなどに関する皮膚トラブルの治療や予防をおこなっています。

そのため、妊産婦や皮膚が弱い新生児のケアを学ぶことができる「皮膚・排泄ケア認定看護師」の資格は、産婦人科で働く看護師にオススメなんです。

「皮膚・排泄ケア認定看護師」は、日本看護協会が定めている資格です。
手術の傷や床ずれ、失禁などのケアを必要とする患者やその家族に対する生活水準向上のための支援を学ぶことができ、産婦人科だけでなく幅広い診療科で活用できるんですよ。

【産婦人科で働く看護師にオススメの資格】
2.不妊症看護認定看護師

「不妊症看護認定看護師」は、日本看護協会が定めている資格で、不妊治療に関する専門的な知識やスキルをもっていることを認定された看護師です。

現在、カップルの約10組に1組が不妊症だといわれています。日本産科婦人科学会調べ
さらに、最近は妊娠を考える年齢が上昇しているので、不妊治療をする人はさらに増加すると予想されているんです。

不妊治療は身体的・経済的に負担が大きく、治療をしたからといって妊娠するという保証もありません。
そのため、不妊治療をしているカップルは、精神的にも負担を感じていることが多いんです・・・。
不妊症看護認定看護師は、こうしたカップルに対する精神的なサポートについても学ぶことができます。

ちなみに、ここで紹介した認定看護師の資格を取得するには、認定看護師の教育機関に6ヶ月以上通った上で、認定看護師の試験に合格する必要があります。

認定看護師の取得方法については、下記のページで詳しく解説していますので、気になる人はぜひチェックしてくださいね。

認定看護師になるべきメリット3つ


それでは、最後に“産婦人科の求人探しのポイント”について説明します。
産婦人科は、病院の規模や経営方針によって仕事内容や勤務時間などに違いがあるので、チェックしてくださいね。

産婦人科の求人を探すときのポイント

チェックリスト

産婦人科の求人を探すときは、以下の3つのポイントを確認しましょう。


  1. 病院の規模や勤務スタイル
  2. 診療内容や経営方針
  3. 教育体制が整っているか

それぞれについて、詳しく説明しますね。

【産婦人科の求人を探すときのポイント】
1.病院の規模や勤務スタイル

病院の種類や規模

産婦人科の看護師は、医療施設の規模によって勤務スタイルが違います。
たとえば、入院設備がある施設では24時間体制で患者さんを看護するため、夜勤があるんです。
一方、小規模な医院やクリニックで入院施設がない場合は、日勤のみの勤務が中心です。

【産婦人科の求人を探すときのポイント】
2.診療内容や経営方針

同じ産婦人科でも、医療施設の方針によって診療内容に違いがあります。
たとえば、体外受精や人工授精などの不妊治療に特化したクリニックでは分娩を行わなかったり、逆に分娩を中心に扱う産院などでは本格的な不妊治療を行っていなかったりするんです。
そのため、あなたが産婦人科でどのような看護をしたいかを考えつつ、医療施設を選ぶことをオススメします。

また、最近ではサービス面を充実させる産婦人科が増えています。
たとえば、個室の病室しかなかったり、患者さんがくつろげるようにアロマをたいたりしている施設もあるんです。
こうしたサービスが充実している施設は、看護師が求められるサービスレベルも高い傾向があります。

アロマオイル

施設の雰囲気は、医療施設のサイトでチェックすることができます。

【産婦人科の求人を探すときのポイント】
3.教育体制が整っているか

新人教育をする看護師

産婦人科は出産や女性特有の疾患など専門的な内容をあつかっているので、新たに覚えるべき知識が多いからです。
そのため、あなたが産婦人科での勤務経験がない場合は、新人の教育体制が整っている医療施設を選ぶと安心です。

そのため、求人を探す際には「教育支援制度」があるかどうかに注目してください。
たとえば、看護師転職サイトナースフルの求人では、「プリセプター制度」「資格取得支援」など、教育支援について記載していますので参考にしてくださいね。

教育支援

産婦人科の求人を探す際は、上記のようなポイントに気をつけてくださいね。

また、産婦人科の求人数はあまり多くないですし、看護師からの人気が高いため、求人募集が始まってもすぐに求人が締め切られてしまうことが多いです。
そのため、ナースフルのような看護師専門の紹介会社に登録して転職活動することをオススメします。

紹介会社に登録しておけば、求人が出たときに優先して教えてもらえますし、一般には公開されていない非公開求人を紹介してもらうことができます。
そのため、産婦人科への転職を考えている人は、紹介会社の活用を検討してくださいね。


いかがでしたか?

産婦人科は、生命の誕生に立ち会うことができ、お母さんやその家族の喜びを実感できる魅力的な職場です。
しかし、人気があって競争率が高いので、しっかりと勤務先の情報を収集してくださいね。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ