リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

看護師の働き方, 看護師系資格, 看護師転職ノウハウ

高い看護スキルが身につく救急看護師になるには?救急看護師の仕事内容と求人まとめ

こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

突然ですが、看護師のあなたは「救急看護師」になりたいと思ったことはありますか?
救急看護師とは、突発的な病気やケガなどで苦しむ患者さんの救急処置をおこなう看護師のことです。

救急看護師の活躍場所は、「救急外来」や高度な救急医療を提供する「救命救急センター」などの医療施設が中心に、事故や災害の現場などでも活躍しています。

ヘリポートがある病院

このような場所では、救急看護師は緊急度が高い重症の患者さんを看護する機会が多いため、仕事を通じて以下のようなメリットを実感できます。


  1. 幅広い診療科の看護スキルが身につく
  2. 一刻を争う状況で冷静な対応ができるようになる
  3. 生命の危機を救えたときに、強い達成感を得られる

救急科で働くメリット

そんな高度なスキルや対応力が身につく、救急看護師を数年経験していると“仕事ができる看護師”と評価されやすいので、転職をする時にも有利になることが多いんですよ。

その一方で、責任重大な仕事だけに精神的にハードだったり、忙しくて体力的にハードだったりといった大変な面もあります。

もし、救急看護師になるとしたら、そういったリアルな情報も知っておく必要がありますよね。

というわけで、今回は、救急看護師として働くメリットやデメリット、求人探しのポイントなどを紹介していきます。
救急看護師に憧れている人はもちろん、救急看護師の仕事に興味がある人もぜひチェックしてくださいね。

それでは、まいりますっ!

救急看護師として働くメリット3つ

先ほどお話ししたように、救急看護師のメリットは、以下の3つです。


  1. 幅広い診療科の看護スキルが身につく
  2. 一刻を争う状況で冷静な対応ができるようになる
  3. 生命の危機を救えたときに、強い達成感を得られる

それぞれについて、詳しく説明していきますね。

【救急看護師として働くメリット】
1.幅広い診療科の看護スキルが身につく

救急看護師は幅広い診療科の知識がある

救急看護師が働く救急科には、循環器科や脳神経外科など、勤務する病院に存在するすべての診療科の患者さんが搬送されてくる可能性があります。
そのため、救急看護師には幅広い診療科の看護スキルが必要になるんです。
こうしたスキルは仕事や講習会などを通じて身につけていきます。

【救急看護師として働くメリット】
2.一刻を争う状況で冷静な対応ができるようになる

冷静な判断力が身につく

救急科には突発的な病気やケガなどで、生命の危機にさらされている患者さんが運ばれてくるため、救急看護師は瞬時に状況を把握し、必要な医療器材やケアをおこなう必要があります。
そのため、一刻を争う状況でも冷静な対応ができる判断力が身につきます。

こうしたスキルは、救急科だからこそ身につくスキルなので、もしほかの部署に異動になったとしても非常に重宝されるでしょう。

【救急看護師として働くメリット】
3.生命の危機を救えたときに、強い達成感を得られる

生命を救ったときの達成感

生命の危機にさらされた重度の患者さんを救おうと必死に働き、その結果患者さんの生命を救えると強い達成感があります。
看護師冥利につきる瞬間です。


このように、救急看護師として働くメリットは、高い看護スキルが身につくことや達成感を得られることです。

メリットが多い救急看護師の仕事ですが、一方でハードな仕事であることもお伝えしておかなければいけません。

救急看護師になってから「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔しないためにも、救急看護師の大変さを理解しておいてくださいね。

というわけで、続いては“救急看護師として働くデメリット”について説明します。

救急看護師として働くデメリット

落ち込む救急看護師

救急看護師として働くデメリットは、以下のふたつです。


1.つらい現場に直面することが多く、精神的にハード
先ほど、メリットでお伝えしたとおり、救急科はほかの診療科に比べて重症の患者さんが多いです。
そのため、大ケガをしてぐったりしている患者さんなど、目をそむけたくなるような場面に直面します。
そして、必死に手を尽くしても患者さんが亡くなってしまうこともあり、人の死に立ち会うことも少なくありません。
ときには、患者さんの死を受け入れられない家族から責められてしまうこともあります。
そういった面で、精神的にハードな仕事といえるんです。
2.忙しすぎて、なかなか休憩がとれないことがある
救急看護師は患者さんに合わせて動いているので、日によっては休憩や食事をとることができないほど忙しいこともあります。
そんな日は残業になることも多いので、体力面でもハードな仕事なんです。

このように、救急看護師は心身ともにハードな仕事です。
ハードな仕事だからこそ、スキルアップできる環境ともいえますよね。
こういった環境で働いている救急看護師としての実務経験は、高い看護スキルをもっている証明になるので、転職活動をするときに有利なんですよ。

では、次に実際に救急看護師はどんな仕事をしているのか、説明していきますね。

救急看護師は“救急外来”か“救急病棟”で働いている

救急看護師のおもな職場は“救急外来”ですが、入院施設がある病院では、“救急病棟”で働くこともあります。
そして、外来と病棟では仕事内容に違いがあるんです。


●救急外来
救急外来を受診した患者さんや、救急車で緊急搬送されてきた患者さんの看護を行います。
発熱などの軽い症状の患者さんから、蘇生処置が必要な生命の危機にある患者さんまで、幅広くケアをします。
●救急病棟
ほかの診療科の病棟と同様に、入院している患者さんに対する採血や点滴などの看護ケアを行います。
救急外来での治療がおわった患者さんが入院することが多いため、救急外来の患者さんと比べると容態が安定している傾向があります。

上記の通り、所属によって患者さんの容態が違うため、看護師が行う看護や緊急度も変わってきます。
それぞれに所属する救急看護師の仕事についても説明していきますね。

【救急看護師の仕事の流れ】
1.救急外来に所属している場合

救急外来に所属している看護師

救急外来の救急看護師は、患者さんの容態に合わせた看護を行います。
たとえば、急な発熱や軽いケガなど軽症の患者さんの場合は、採血や点滴などの看護ケアです。

また、重篤な患者さんが緊急搬送されるときは、救急車から伝達された情報をもとに必要な医療器具を準備します。
患者さんが到着したら、救急車に乗って救命処置を行う「救急救命士」から情報共有を受けながら、医師と共に蘇生処置を行います。

この蘇生処置には、心停止を改善する「除細動器(AED)」や人工呼吸器の「バックバルブマスク」などを使用します。
こうした医療機器を定期的に点検しておくのも、救急看護師の仕事です。

【救急看護師の仕事の流れ】
2.救急病棟に所属している場合

救急病棟に所属している看護師

救急病棟の救急看護師は、救急病棟に入院している患者さんを看護します。
基本的な仕事内容は、ほかの科の看護師と同じで、以下のような業務をおこないます。


  1. 患者さんの状態の観察
  2. 採血や点滴、検査などの看護ケア
  3. 食事の配膳
  4. ベッドメイクなど

救急病棟の様子は、下記ページで詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

救急看護師の仕事は、すこしイメージできたでしょうか?
これらの仕事をスムーズにできるように、救急看護師は日々スキルを高めています。

実務で経験を積んでいくのが基本ですが、それ以外にも講習会や資格取得などでスキルアップを目指していきます。

というわけで、次に救急看護師のスキルアップについて説明しますね。

救急看護師のスキルアップについて

救急看護師の仕事は、「クリニカルラダー」にもとづいて、以下の5段階の順番でスキルアップしていきます。
(クリニカルラダーとは、専門知識や技術を身につけられるように設定された、”病院ごとのキャリア開発プラン”のことです)

救急看護師のキャリアアップ


●配属1年未満
クリニカルラダー“レベルI”の看護スキルを習得します。
レベルⅠの看護スキルでは、「一次救命処置」といわれる、止血・包帯法や創傷ケアなどの救急看護の初期対応をおこないます。
●配属1年~2年め
クリニカルラダー“レベルⅡ”の看護スキルを習得します。
レベルⅡの看護スキルでは、「二次救命処置」といわれる、気管挿管による気道確保や、人工呼吸器などによる呼吸管理など、医療従事者が行う心肺蘇生法が実施できます。
●配属3~5年め
クリニカルラダー“レベルⅢ”の看護スキルを習得します。
レベルⅢの看護スキルを身につけると、「トリアージ」を実施できます。
トリアージとは、現場において患者さんの重症度や優先度を判断して、治療の優先順位を決めることです。
正確なトリアージは、患者さんを救う確率を上げるので非常に重要な業務です。
●配属6年め
クリニカルラダー“レベルⅣ”の看護スキルを習得します。
レベルⅣになると、指導員としてレベルⅡ(配属2年め)以下の新人への指導が可能です。
●配属6年以上
クリニカルラダー“レベルⅤ”の看護スキルを習得します。
レベルⅤは、救急科でマネジメントを行うことができ、救急科以外の看護師への指導も実践できます。
いわば救急科のリーダー的存在です。

上記のクリニカルラダーは、以下の日本看護協会の資料を参考にさせていただきました。

次に、救急看護師のスキルアップに役立つ資格や講習会について、お伝えしていきますね。

救急看護師のスキルアップに役立つ資格・講習会

救急看護師が対象となる資格や講習会は数多くありますが、とくにオススメの資格や講習会を紹介します。

【救急看護師のスキルアップにオススメの資格】
1.救急看護認定看護師

「救急看護認定看護師」は、日本看護協会が定めている資格です。
救急外来で患者さんの病態に応じた迅速な救命技術を提供するほか、不安な状態にある患者さんの家族への早期ケアや、院内トリアージを実施できることを、対外的にも認められます。
21の分野がある認定看護師のなかでも最初につくられた資格なんですよ。

ただ、認定看護師になるには、認定看護師の教育機関に6ヶ月以上通わなければいけません。
そのため、取得を目指す場合は、勤務先との調整や準備が必要です。

認定看護師の取得方法については、下記ページで詳しく紹介していますので、気になる人はぜひチェックしてくださいね。

認定看護師になるべきメリット3つ

【救急看護師のスキルアップにオススメの資格】
2.急性・重症患者看護専門看護師

「急性・重症患者看護専門看護師」は、日本看護協会が定めた資格のことです。

この資格を取得すると、緊急度や重症度が高い患者さんに対して集中的な看護を提供し、患者さんやその家族を支援する“救急看護のエキスパート”として活躍することができます。

ただ、専門看護師になるには、その専門領域が学べる大学院に2年間通う必要があります。
そのため、勤務先との調整や準備を念入りに行わなければいけません。

専門看護師の取得方法については、下記のページに詳しく紹介していますので、興味がある人は参考にしてくださいね。

専門看護師だからできる仕事

救急看護師のスキルアップにオススメの講習会

続いて、救急看護師のスキルアップに役立つ3つの講習会を説明します。
講習会については、各職場で経験に合った講習会の受講が推進されると思いますので、ここでは代表的なものだけ紹介しておきます。

救命処置を施す女性


●AHA BLSヘルスケアプロバイダーコース
「AHA BLSヘルスケアプロバイダーコース」は、日本救急医療教育機構が開催している講習会です。
急に倒れたり、窒息したりした患者さんに対して、その場に居合わせた人が救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う応急処置である「一次救命処置法」が実践できるようになる内容です。
●JNTECプロバイダーコース
「JNTECプロバイダーコース」は、日本救急看護学会が開催している講習会です。
交通事故などで外傷を受けた人に対して、病院に搬送される前にするべき適切な看護を学ぶことができます。
●トリアージナース育成研修会
「トリアージナース育成研修会」は、日本救急看護学会が開催している講習会のことです。
(トリアージナースとは、患者さんの重症度を判断し、病院搬送や治療の順番を自分の裁量で決められる看護師のことです)
トリアージを行うことで、医療現場や災害現場での患者さんの救命率を上げていくことができます。

ここまで、救急看護師のスキルアップについて説明してきました。
救急看護師は学ぶことが多いので、向上心のある人に向いています。

ほほえむ看護師

ところで、救急看護師が看護する患者さんの容態は、“医療施設の種別”によって全然違うことを知っていますか?

実は、救急医療をおこなう医療施設である「救急指定病院」は3つに分類されており、それぞれの病院で対象とする患者さんが違うんです!

続いては、救急看護師が活躍する救急医療施設と、患者さんについて説明していきますね。

医療施設によって、対象とする患者さんが違う

総合病院

「救急指定病院」とは、救急隊による救急搬送を受け入れる医療機関のことです。
その救急指定病院は、以下の3つに分類されます。


●一次救急医療病院
入院が必要のない、病気やけがの程度が軽い、軽症の患者さんに対応しています。
●二次救急医療病院
軽症の患者さんはもちろん、入院が必要な中等症の患者さんに対応しています。
●三次救急医療病院
初期と二次救急施設では対応がむずかしい、心肺停止や重度外傷、脳卒中、心筋梗塞など重症の患者さんに対応しています。
「救命救急センター」とも呼ばれます。

ちなみに、三次救急医療病院の一部では、医療用のヘリコプターである「ドクターヘリ」を所有しています。

ドクターヘリ

実は、このドクターヘリに同乗する「フライトナース」も救急看護師なんですよ!

以下の記事で詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

このように、勤務先によって患者さんの容態が違うため、職場の雰囲気にも違いがあります。
三次救急医療病院は生命の危機にさらされている重症の患者さんが搬送されてくるので緊迫した雰囲気だったり、一次救急医療病院は患者さんの症状は軽いものの、多くの患者さんがきて忙しかったりします。

救急看護師への転向を考えるときは、どの救急医療病院を選ぶかという点も重要になってきます。

ただ、実は、救急看護師の求人は決して多くありません。
ナースフルで救急科の仕事を検索した場合も、全国で100件ほどです。
あなたが実際に通勤可能な範囲での候補は、もっと少なくなるでしょう。

しかし、その仕事への憧れから救急科は人気があり、とても倍率が高いので、転職活動の進めた方にコツがいります。
また、あなたに合った職場を選ぶために確認すべきポイントもあるんです。

というわけで最後に、救急看護師の求人で確認すべきポイントや、転職活動を成功させるコツをお伝えしますね。

救急看護師の求人で確認すべきポイント3つ

まずは、“救急看護師の求人で確認すべき3つのポイント”について説明します。


  1. 医療施設の種別
  2. 診療科の種類や数
  3. 手当や休暇などの待遇

救急看護師の求人の確認ポイント

それぞれ詳しく説明していきますね。

【救急科看護師求人の確認ポイント】
1.医療施設の種別

先ほどお話ししたとおり、救急がある医療施設は、一次救急医療病院~三次救急医療病院にわかれています。

そのため、自分の目指したい看護スタイルに合った病院を選びましょう。
たとえば、症状が軽い患者さんを多く助けたいなら一次救急医療病院や二次救急医療病院、生命の危機にある重症度の高い患者さんを看護したいなら、三次救急医療病院といった具合です。

たとえば、ナースフルでは、求人を検索する際に、「施設形態」で、病院の種類を選択することができます。

施設形態

ただ、救急科は求人が少なく、高いスキルが必要とされるため、希望する救急科以外に配属されてしまう可能性もあります。

そのため、どうしても救急科にこだわって転職したい人は、救急救命センターが独立している施設への転職を目指すのもひとつの選択肢です。
もちろん難関ではありますが、希望でない部署へ配属されることはありません。

【救急科看護師求人の確認ポイント】
2.診療科の種類や数

診療科の数

救急科では、その医療施設に存在するすべての診療科の患者さんを担当する可能性があります。
とくに、三次救急医療施設は大規模病院であることが多いため、診療科の数も多く、救急看護師が覚えなければいけない知識やスキルも幅広いです。

そのため、救急科を探す際には、希望する病院の診療科の種類や数をしっかりと確認しておきましょう。

ちなみに、救急科への転職に有利なのは「脳神経外科」「心臓外科」などの経験です
なぜなら、救急科には「脳卒中」や「心筋梗塞」などの外科疾患で搬送されてくる患者さんが多いため、外科に関する豊富な知識や技術をもっている看護師はとても心強い存在なんです。

【救急科看護師求人の確認ポイント】
3.手当や休暇などの待遇

明細書

救急科の仕事は忙しく、ほかの科より残業が多い傾向があります。
そのため、残業代がしっかり支給されるかは事前に確認しておいた方がいいでしょう。

また、救急科のみに「特殊業務手当」が支給される病院がありますので、希望する病院にそういった手当があるのかを事前にチェックしてみてくださいね。


ただ、これらの情報は、求人票などではわからないケースが多いので、ナースフルのような看護師専門の紹介会社に登録して、キャリアアドバイザーから情報を入手するのがオススメです。

それに紹介会社に登録しておくと、新着の求人があった際に優先的に求人を紹介してもらうことができます。
とくに、救急科は看護師からの人気が高いため、すぐに求人が締め切られてしまうので、スピーディーに情報を入手することがポイントになるんです!

救急看護師への転職を考えている人は、紹介会社への登録も検討してみてくださいね。


いかがでしたか?

救急看護師はハードな仕事ですが、その分だけの高いスキルや判断力が身につく仕事です。
看護師としてスキルアップを目指したい方には最適な環境なので、興味のある方はぜひ行動してみてくださいね。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ