リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

雨の日などに起こる痛みや不定愁訴 「気象病」はなぜ起こる?

最新ナースコラム > 医療の最新ニュース

「頭痛がするから明日は雨かも……」その正体は?

img_nurseful

不安定な天気が続いたり、雨の日が続くと頭痛やめまいがしたりするという人、また身近にそのような訴えをする人はいませんか? 近年、こうした気象の変化に伴うさまざまな不定愁訴を総称して、「気象病」と呼ぶようになっています。
気象病の代表的なものとしては、過去の外傷箇所の痛み、頭痛、関節痛、神経痛などがあげられ、なかにはめまい、吐き気などの症状が出ることも。気管支喘息のある人は、気道のむくみなどが起こって呼吸が苦しくなったり、うつ症状がある人は、悪化したりすることもあります。

痛みやめまい、吐き気、うつ症状の悪化など、そのメカニズムとは?

 人の身体は、常に気温、気圧、湿度など気象の変化による影響を受けています。しかし、人間の身体には、それらの外部環境の変化に対応して、内部環境を維持する機能が備わっています。
たとえば、寒さから体温が急激に下がる環境下では、自律神経が働き、筋肉を動かして体温を維持しようとするシバリングが起こります。逆に、体温が上がりすぎた場合には、発汗が起こり、熱を放出させて体温を下げようとします。このような、外部環境の変化があっても体内の状態を一定に保つ仕組みを「ホメオスタシス」といいます。しかし、気象の変化が激しいと自律神経のバランスが崩れてしまうため、外部環境の影響が強く出て、不定愁訴として現れてしまいます。
 また、気圧の急激な低下が起こると、体内の「ヒスタミン」分泌が増加するといわれています。ヒスタミンは血圧の低下や血管拡張、炎症作用を引き起こし、交感神経を亢進させる作用があるため、痛みを強く感じるようになると考えられています。
このほか、「気象の急激な変化がストレスとなって下垂体前葉や副腎皮質系が活性化されることで痛みなどの症状が起こる」という説、「湿度の上昇によって発汗がスムーズにできずに体内の水分代謝が滞ってむくみが生じ、血行が悪くなるため痛みが強くなる」といった説もあります。ただし、はっきりとしたメカニズムについてはわかっていません。いずれにしろこのような要因のため、神経痛などの持病をもつ人の場合、気圧の変化によって痛みが増強することがあるのです。

どんな人が「気象病」になりやすいのか

船酔いや車酔いをしやすい人は、気象病になりやすいといわれています。
その要因は、気圧の変化に対する身体の反応。身体の平衡感覚は内耳で調整されていますが、高速での移動や揺れが激しい乗り物に乗っている状態では、その情報が適切に処理されずに異常な刺激として脳に伝わってしまうことがあります。これによって自律神経のバランスが乱れ、めまいや吐き気などの症状が起こります。気象病も自律神経のバランスが乱れることが原因のひとつであり、乗り物酔いをしやすい人は気象の変化への対応力が弱いと考えられています。
また、普段は乗り物酔いしにくい人でも、疲労が溜まっていたり、睡眠不足が続いていたりすると乗り物酔いをすることがあるのではないでしょうか。それはまさに、身体の平衡感覚がうまく機能しにくくなっているためなのです。このように、気象病は規則正しい生活により自律神経のバランスを保つことで、予防につながります。寒さで血行が悪くなり、痛みが増強しているような場合には、入浴でしっかりと身体を温めること、冷やさないようにすることも大切です。ストレッチやマッサージで身体を適度に動かしたり、リラックスできる時間を作ったりすることも効果的でしょう。患者さんから訴えがあった場合のアドバイスだけでなく、看護師自身の体調管理にも参考にしてください。

TOPへ