リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護あるある手技Q&A プレパレーションのポイント

看護あるある 手技Q&A > 生活介助・ケア 編

処置の前に泣き叫んでしまう患児には、どんな働きかけが必要ですか?

プレパレーションにより患児本人が「納得する」ことがスムーズな処置につながるわ。

リコ:友人の小児病棟のナースから聞いたのですが、注射や点滴のように痛みが伴う処置をするとき、いつも患児が泣き叫んで大騒ぎだとか。
「すぐ終わるからね!」と声をかけながら、数人で押さえつけて処置をしているそうです。
もっとうまいやり方はないものでしょうか。

ヨシミ:それはよろしくないやり方ね!
患児も大人の患者さんと同じように自分なりに納得することが、落ち着いて処置を受けることにつながっていくのよ。
プレパレーションの基礎を学んで、子どもにより良い働きかけができるナースを目指しましょう!

適切な説明を受けるのは子どもの「権利」

プレパレーション(preparation)を直訳すると「準備」や「予習」という意味だけれど、医療用語としては「子どもが直面するであろう医療行為によって引き起こされる心理的混乱に対して、本人が納得できるような方法で説明・配慮することにより、不安や恐怖心を最小限に抑え、その子なりに乗り越えられるよう支援すること」を指すわ。
プレパレーションは、子どもに情報を伝えるために行うのはもちろん、子どもの気持ちを受け止めたり、医療従事者との信頼関係を築いたりすることも重要な目的なのよ。

ひょっとしたら「事前に説明したら子どもが怖がるから、さっと処置を始めて、すぐに終わらせてしまったほうがいい」と思う人もいるかもしれないけれど、それは大きな誤解だわ。
そもそも、たとえ小さな子どもであっても、その子が理解できる方法で、自らが受ける医療処置の説明を受ける権利があるの。
このことは、日本も批准している国際条約(子どもの権利条約)にも明記されているわ。

また、プレパレーションをきちんと行ったほうが処置がスムーズに進むと、多くの研究や実践で明らかにされているわ。
例えば、2歳くらいの幼児であっても、プレパレーションにより自ら処置室に向かったり、泣きながらでも手を動かさないで処置を受けたりできるようになるといわれているの。
たとえ抵抗してしまったとしても、処置後に気持ちが落ち着きやすいそうよ。

なお、大人にとっては何でもない処置でも、子どもにとっては強い不安や恐怖を感じるものもあるわ。
例えば、CTやMRIは、保護者と離れて暗く狭い場所に入るため、子どもが恐怖心を抱きやすいの。
「撮影中にどんな音がするか」
「何が見えるか」
「お父さんやお母さんはどこで待っているか」
などを事前にわかりやすく説明し、子どもに協力してほしいことを伝えておくことが大切よ。

プレパレーションの3つのポイント

プレパレーションに「こうすれば成功する」という定型は存在しないわ。
その子どものことをよく観察しながら、より納得されやすい説明をしようと心がけることが大切よ。

point①:年齢や発達段階に沿った説明をする

幼児期の子どもに対しては「これからどんな体験をするのか」について視覚的に説明するといいわ。
例えば、ぬいぐるみを使って説明したり、「好きなキャラクターに変身するおまじない」をかけたりすることで、頑張れるようになることが多いの。
小学生以降の子どもであれば言葉で理解できる部分も多くなるけれど、未知のことは理解しづらいため、ビデオや絵本なども使って理解を促しましょう。

point②:嘘をついたり否定したりしない

プレパレーション中、
「それ痛いの?」
「やりたくない!」
といった反応を見せる子どもは少なくないわ。
そのとき、痛くないと嘘をついたり、子どもの気持ちを否定したりするのはやめましょう。
あくまで共感的に寄り添い、
「チクッとするけど、○秒で終わるよ」
「嫌だよね。でも、〇〇君の病気を治すには大切なことなんだよ」
というように前向きに話しましょう。

point③:保護者にも参加してもらう

プレパレーションの前に、保護者の思い(家庭で病気についてどんな説明をしてきたか、医療従事者の側で何をどのくらい伝えてほしいかなど)を確認しましょう。
また、プレパレーションの場に保護者も同席してもらうといいわね。
子どもが安心できるだけでなく、幼児期の子どもが使う独特の言葉がある場合、保護者に通訳のような役割を果たしてもらうことで、説明がスムーズに伝わりやすいわ。

なお、プレパレーションは狭義には処置前に始めるものだけれど、処置中に気持ちを紛らわすことや、処置後に気持ちを落ち着かせるために遊ぶことも含まれるのよ。
処置を受け終えた子どもが「自分は頑張れた!」と自己肯定感を高められるような働きかけができるといいわね。


子どもの目線に立って、どんな説明なら受け入れやすいのか、いろいろと工夫する余地がありそうですね。

特に繰り返し侵襲的な処置を受けるような子どもにとって、適切なプレパレーションには大きな意味があるから、その子に合った方法を探っていきましょう。

■小児科の公開求人をみる
https://nurseful.jp/career/dept-1203/

■小児の病歴聴取・服薬介助などを学ぶ
ナースフル疾患別シリーズ「小児疾患」
https://nurseful.jp/career/nursefulshikkanbetsu/pediatrics/section_9_00/

【監修】安田 洋 先生

安田洋先生

目黒通りハートクリニック院長
医学博士/総合内科専門医/循環器専門医
東京内科医会理事

平成25年、目黒区鷹番に目黒通りハートクリニックを開院。
生活習慣病・心臓病のスペシャリストであるが、AGA/ED治療やピル外来・プラセンタ注射などあらゆる悩みに対応できるクリニック院長として活躍中。被曝が全くないエコー超音波検査による診断・治療がクリニックの特長。

TOPへ