リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

特別インタビュー

馬場ふみかさん『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』特別インタビュー

このコンテンツでは、架空のキャラクターである伊集院ナオコと山下リコが、看護の現場の話や、転職ノウハウなどについて深掘りします。
もし、当コンテンツ内で扱っている情報に関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


今話題の「フライトナース」とは、医療用ヘリコプターである「ドクターヘリ」に乗って、患者のもとに駆けつける看護師のこと。

もしかすると、あの人気ドラマ『コード・ブルー』を観てフライトナースのことを調べはじめたという人も多いかもしれません。
(ちなみに、国内のドクターヘリはコード・ブルー放送以降認知が高まり、2007年時点で14機しかなかったのが、2017年には全国に配備されるようになりました)

実は今回、その『コード・ブルー』の劇場版公開に合わせ、新人フライトナース「雪村双葉」を演じている「馬場ふみか」さんにインタビューできる機会をいただきました!

馬場ふみかさんTOP

ナースフル編集部の私はコード・ブルーのドラマを全話欠かさず観てきた、生粋のファンのひとり♪
この機会を逃す理由はないと、馬場ふみかさんのインタビュー会場へかけつけました。

インタビューでは、撮影時のエピソードやフライトナースの役を演じる上で心がけたことなどを中心にお聞きしました。

この記事をきっかけに『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』とともに「フライトナース」への興味や理解を深めてもらえるとうれしいです。

それではまいります!

看護師や看護学生など医療従事者も注目!リアルな医療シーンの裏での苦悩

――馬場さんが演じる雪村の職業「フライトナース」に、どんな印象をもっていますか?

フライトナースは、救急の処置はもちろん、オペナースとしての仕事もこなさなくてはいけない。
なんでもできるエースの中のエース、かっこいいナースだと思っています!

ただ、私は3rd Seasonからの登場だったので、それまではコード・ブルーを見ていた視聴者のひとりでした。
そのため、1st Seasonから出演している比嘉愛未さん演じる、キリッとした「冴島」のイメージも強いです。

馬場ふみかさん1

――それでは「フライトナース」を演じる上で、苦労したことはありますか?

難しかったのは、処置をするシーンでの「器械出し」ですね。
(器械出しとは、手術に必要な器械の準備や、メスなどの手術器具やガーゼなどを執刀医に手渡す業務のこと)

処置に使う医療器具は、一般の人からすると全部同じように見えるのですが、実は少しずつ形や大きさが異なり、用途も違います。

その違いを医療指導の先生に教わりながら、ひとつずつ覚えていくことに苦労しました。

――たしかに、ドラマでも処置のシーンではたくさんの医療器具が出てきていました。普段見慣れていないものを覚えるのは大変ですよね・・・

そうなんです・・・勉強にも時間をとりました。
処置のシーンを撮影するときは、まず通しのリハーサルをして、手術台のどの位置に誰が立って、どんな動きをするかを頭に入れます。

そして、使用する器具の順番を覚えた上で、さらに手際よくタイミングを合わせて医師に手渡さなくてはいけなくて・・・。
その動きをマスターするのが本当に大変で、これまで比嘉さんが演じられた映像を見たりして、ナースらしい動きを心がけました。

馬場ふみかさん2

――先輩フライトナース役の比嘉さんから、なにかアドバイスなどはもらいましたか?

患者情報を伝えるシーンで苦戦していたときに、比嘉さんに励ましていただいたことがありました。
フライトナースが患者情報を伝えるのは、初療室(しょりょうしつ※)やヘリポートに入るときです。
(※初療室とは、救急搬送患者が最初に運ばれ、初期診療を受ける部屋のこと)

メンバーが理解できるように、たくさんの情報を短時間ではっきりと伝える必要があります。
それが専門用語も多くて本当に大変で、苦手意識をもっていたんです。

そんな私に、比嘉さんが「きちんとできているから大丈夫だよ」と優しく声をかけてくださって、安心して演技ができました。

同時に、実際の医療従事者の方は、こういった器械出しや患者情報の伝達を日々確実におこなっているんだなと考えると本当に尊敬の思いでいっぱいでした。
だから私も真剣に役と向き合い、現場に行って衣装を着ると自然とスイッチが入って、「雪村双葉」が作られる瞬間を感じるようになっていきました。

――フライトナースを演じてから、医療従事者からの反響はありましたか?

身近なところでは、小さい頃からお世話になっている病院の先生に「処置のシーンがしっかりできていて、かっこよかったよ」と言ってもらいました(笑)

また、看護師さんから「コード・ブルーで馬場さんを知りました。私も看護師なんです」と声をかけていただく機会が増えて、とてもうれしいです。
それと、私個人の変化として病院に行くと、看護師さんを尊敬のまなざしとともにすごく観察するようになりました。

――雪村を演じて、看護師という職業に対する印象は変わりましたか?

はい、フライトナースを演じてみて、こんな大変な仕事を実際に毎日している方がいるんだ、と尊敬の念を抱くようになりました。

体力仕事な上、どんな時でも平静でいられる精神的なタフさも必要です。
時には、生死を目の当たりにするなど本当につらいこともあり、誰でもできる仕事ではないということ。

だから大げさでなく、お医者さんや看護師さんがいるからこそ私たちは安心して生活できているんだな、とあらためて感謝しました。
「ドラマをきっかけに看護師を目指すようになりました」という方も増えているので、がんばってくださいと心から応援する気持ちでいます。

馬場さん全身

本日公開の劇場版!映画の見どころも教えちゃいます

――映画では、これまで描かれていなかった雪村の家庭環境が明らかになりますよね。

はい。
雪村の家族が、救命の患者として病院に現れて、複雑な家庭環境を職場の人に知られてしまいます。

――家庭環境を職場の人に知られるのは、プライドの高い雪村にとっては耐え難いのではと心配になりました。

はい、私もそう思います・・・。

だからこそ、その反動からか、劇場版では感情をあらわにするシーンが増えたんです。
3rd Seasonのクールな雪村に対して、映画では感情を爆発させる演技が多く、そのギャップに苦労しました。

この新しい「雪村双葉」という人間をしっかり作り上げる作業が、現場に入るにあたってはすごく必要で。
家庭環境やバックボーンを意識して、ひとつひとつ丁寧に組み立てていきました。
また、雪村の母親役を演じた「かたせ梨乃」さんにうまく感情を引き出していただきました。

――そうだったんですね。余談ですが、かたせ梨乃さんの登場シーンには度肝を抜かれました(笑)

私もびっくりして、思わず笑ってしまいました。
これから映画を観る人には、ぜひ注目していただきたいですね!

l_DSC5235

――雪村はフライトナースとして成長しているように感じました。災害現場でも冷静に処置をしていた姿が印象的でした。

映画は3rd Seasonから3ヶ月後という設定だったので、成長した雪村の姿を見せたいと思っていました。
戸惑いはありつつも、経験を積んでしっかりと判断できるようになった雪村を観ていただけたらと思います。

・・・そうそう、実は雪村の成長を感じさせるシーンがあるんですよ。
3rd Seasonで患者さんの処置で手が塞がっている先輩看護師の冴島が、ジャクソンリース(挿管された患者さんの呼吸を補助する道具)を手ではなく膝で押すシーンがあるんです。

当時、雪村はその様子に驚いていたのですが、映画では雪村がジャクソンリースを冴島同様、手以外の箇所で押しているんです。
フェリーでの処置のシーンに少しだけ映っています。
そんなシーンからも、雪村の成長を感じていただけるかもしれません!

――それでは最後に、『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』の見どころを教えてください。

映画だからこそ実現できるスケールの大きな現場のシーン、大画面だからわかる役者の表情や細かな動きにぜひ注目していただきたいです。
もちろんドラマでも細部にこだわって演じていますが、映画の撮影は時間をかけてひとつのシーンが丁寧に進んでいくので、より臨場感にあふれ、楽しんでいただけると思います。

1st Season放送開始から10年になる本作は、コード・ブルーの集大成といえますので、ドラマからずっと観ている方は感慨深い気持ちになると思います。
逆に、はじめてコード・ブルーを観る方は映画を見終わったあと、大切な人に会いたくなる、そんな映画かもしれません。

それと、見どころとは違うかも知れませんが、映画を観て日々医療の現場で働いている人たちに想いを馳せていただけたら、うれしく思います。

馬場ふみかさんプロフィール

馬場ふみか

集英社ノンノ専属モデル。2014年に映画『パズル』で女優デビュー。
『仮面ライダードライブ』で敵女幹部・メディックを演じて話題となり、 映画『黒い暴動♡』で初主演。

ドラマ「お前はまだグンマを知らない」や「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にヒロイン役で出演し、注目を集める。
2017年7月クールの「コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐」にレギュラー出演し、劇場版にも登場。

過去に馬場さんの先輩ナースを演じた「比嘉愛未」さんにもインタビューをしています。

実は、看護師を目指していたこともあるという比嘉さんが、フライトナースについて熱く語ってくれていますので、気になる方は以下ページをチェックしてみてくださいね。

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ