リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

看護師の働き方, 看護師転職ノウハウ

今注目の訪問看護師は給料水準が高い!訪問看護師の仕事と役割について

日勤のみで働きやすいのに給料水準が高い!
そんな訪問看護師が注目を浴びています。

訪問看護師

こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

これまでも何度かお話ししてきましたが、医療業界は慢性的な人手不足の状態が続いています。
そのなかでも、とくに看護師不足が深刻なのが「訪問看護」の分野です。

訪問看護は、看護師が患者さんの自宅を訪問して看護を行う仕事です。
この訪問看護の分野で、なぜ深刻な人手不足が起きているかというと、訪問看護の需要が急速に増えているからです。

現在、深刻な高齢化社会を迎えている日本では、増加する高齢者の数に対して病院の数が追いついていません。
そのため、国はこの事態を打開しようと、自宅で療養し、自宅に看護師に来てもらう訪問看護を推進しています。
その結果、病院に入院できない患者が訪問看護を選ぶようになり、訪問看護の需要が急速に増えたんです。

しかし、そもそも看護師全体の数が不足している状態なので、訪問看護での看護師不足は深刻化しています。
こうした状況を改善しようと、訪問看護を行う医療施設は給料や待遇などの労働条件を改善することで看護師を集めようとしています。

たとえば、“夜勤や残業なしで月給35万円以上”など、働きやすく給料水準が高いという好条件の求人も珍しくない状況なんです。

まさに今、訪問看護師は“ひっぱりだこ”の状態といえます。

訪問看護で看護師はひっぱりだこです!

また、訪問看護は求人の条件がいいだけでなく、看護師が仕事のやりがいを感じられることでも注目されています。
具体的には、訪問看護は病院よりも患者さんと深く長い関係になれるため、「患者さんとじっくりと向き合って看護ができる」と感じる看護師が多いんです。

このように、様々な点から注目を集めている訪問看護師ですが、もし訪問看護に興味をもっている場合は訪問看護師のリアルな仕事内容を知っておくことが重要です!

なぜなら、訪問看護は病院での看護と比べると、さまざまなな違いがあり、働き始めてからギャップを感じる看護師が少なくないからです。
ですから、訪問看護への理解をしっかりと深めておきましょう。

というわけで、今回は訪問看護師のリアルな仕事内容や今後の動向について説明していきますね。

それでは、まいります!

訪問看護のやりがいは、患者さんの人生に深く関われること

訪問看護師について知っていただくために、まずは病院で働く看護師との違いを説明していきます。

人生か治療か

その違いは、“看護の目的”“どこで看護をするか”です。

はじめに、ひとつめの違いである“看護の目的”から説明しますね。

病院看護の目的は病気の治療、訪問看護の目的は生活のサポート

病院看護師の看護の目的は、患者さんの“病気の治療”をサポートして退院してもらうことです。
それに対して、訪問看護師の看護の目的は、患者さんの“生活”をサポートすることなんです。

訪問看護を受けている患者さんは、なんらかの病気を抱えながら生活している状態です。
患者さんによっては、余命が残り少ないこともあるかもしれません。

患者に寄り添う訪問看護師

そんな患者さん一人ひとりが、これからの自分の人生をどう生きていきたいと考えているのかを知り、その気持ちに寄り添ったサポートをしていくのが訪問看護師の仕事です。

訪問看護は、医療設備のない患者さんの自宅で看護を行う

そして、病院看護師と訪問看護師のふたつめの違いは“どこで看護をするか”です。
勤務先の病院で看護を行う病院看護師に対して、訪問看護師は患者さん宅で看護を行います。

そのため、これまで病院看護師として医療設備の整った病院で看護をしてきた人にとっては、訪問看護師の働き方はイメージしづらいと思います。
そこで、患者さんのご自宅で行う看護の内容について、具体的に説明していきますね。

訪問看護は、手際のよさとコミュニケーション力が重要

訪問看護師の仕事内容は、以下のふたつが中心です。


1.医療処置(診療の補助)
患者さんの主治医の指示のもと、バイタルチェックや、カテーテル・在宅酸素・人工呼吸器などの管理、床ずれや創傷の処置、注射や点滴、服薬管理や指導などを行います。
2.日常生活に関わる看護
清潔ケアや食事介助、排泄ケアやコミュニケーションを通した症状観察などを行います。

仕事内容を見ていただくと病院の看護師とあまり変わらないのですが、一人の患者さんにつきっきりで看護を行うのが訪問看護の特徴です。
そのため、一人ひとりの患者さんとしっかりと会話することができます。

患者さんとしっかり会話

こうした様々な看護を、訪問看護師は30分から1時間ほどの決まった時間の中で行う必要があります。
そのため、訪問看護師には手際のよさが求められます。

また、以前は寝たきりの高齢者などの療養を目的とした訪問看護の比率が高かったのですが、先ほどお話した国の施策の影響で医療依存度が高い状態で自宅療養に移る患者さんが増えています。
その結果、訪問看護師の仕事のうち、医療処置業務の割合が高くなりつつあります。

では、訪問看護を利用する患者さんはどのような方が多いのでしょうか?
次から説明していきますね。

訪問看護の患者さんは年齢層が広く、多様化している

訪問看護師の患者さんと聞くと、高齢者をイメージする方が多いと思いますが、下は0歳から高齢者までと患者さんの年齢層は幅広いです。

そして、患者さんの病状も様々なので、訪問看護師に必要とされる知識やスキルも多岐にわたります。

訪問看護の主な利用患者さんと訪問看護師が行うケアについて、それぞれ説明していきますね。

【訪問看護の患者さん】
1.寝たきりなどの高齢者・認知症患者

体位交換

寝たきりの患者さんには、体位交換や日常生活動作訓練などを行います。
そして、認知症の患者さんには症状のケアや家族との介護相談、患者の生活リズム調整などを行います。

こうした患者さんのケアをするには、高齢者の清潔ケアや在宅リハビリテーション、認知症ケアなどの知識などが必要です。

【訪問看護の患者さん】
2.精神疾患の患者

服薬管理

精神疾患の患者さんに対しては、精神や心理状態のケアをはじめ、服薬ミスや事故が起こらないような防止策を考えます。
こうした患者を担当する場合は、精神疾患ケアの知識や精神疾患患者とのコミュニケーションスキルが必要となります。

なお、精神看護については下記記事でも紹介していますので、ご興味のある方は確認してみてくださいね。

【訪問看護の患者さん】
3.末期がんなど終末期の患者

末期

終末期の患者さんに対しては、患者さんが悔いのない最期を迎えるために痛みのコントロールや本人や家族の精神的サポート、看取り体制に関する相談を行います。

こうした患者さんを担当する場合は、ターミナルケアやがん看護、緩和ケアなどの知識をはじめ、患者と家族の精神を支えるスキルが必要となります。

【訪問看護の患者さん】
4.難治性疾患(なんじせいしっかん)の患者、小児患者

小児患者 訪問看護


「難治性疾患(なんじせいしっかん)
とは、症例数が少なく治療方法も明確ではなくいため長期的に症状が出る病気のことです。

この難治性疾患の患者さんや小児患者さんに対しては、長期の在宅療養生活での主体性を尊重した「セルフケア支援」を行ったり、その患者を支える家族の相談に乗ったりします。

こうした患者さんを担当する場合は、疾患や新生児・小児ケアに関する知識や家族支援などの知識が必要となります。


このように、訪問看護師は担当する患者さんの疾患によって、さまざまなスキルが必要になってくるんです。
「こんなに幅広い知識を自分が身につけられるのかな・・・」と心配した方がいるかもしれませんが、安心してください。

多くの勤務先では、最初は先輩の看護への同行することから始まりますし、スキルは徐々に身につけていくことができます。

訪問看護師はOJTで成長

ここまで訪問看護師が行う具体的な仕事内容を説明してきましたが、訪問看護師として働くイメージはできましたか?

次に、よりリアルに訪問看護師の仕事をイメージしていただくために、訪問看護師の1日の仕事の流れを説明していきますね。

訪問看護師は、1日3~5件の訪問看護を行います

訪問看護師の1日は、所属する勤務先での30分ほどの打ち合わせから始まります。
この打ち合わせでは、患者さんの病態や精神状況などの情報を看護師同士で共有します。

その後は、1日で3~5件ほどの患者さんのご自宅を順番に訪問していきます。
ひとつのお宅には、30分から60分ほど滞在します。

事業所から距離が近い患者さんのご自宅への移動手段は「電動自転車」を利用するケースが多いです。
距離が遠い場合は、車や交通機関を利用することもあります。

電気自転車

訪問看護の働き方の利点としては、患者さんのお宅への訪問時間があらかじめ決まっているため、ほぼ定時で帰れることです。

そして、訪問看護師が所属する勤務先は基本的に平日の日中が営業時間であることが多いです。
そのため、訪問看護師は夜勤なしで土日休みの勤務スタイルが一般的です。
ただ、事業所によって営業曜日や時間は違いますので、しっかり確認しておきましょう。

また、訪問看護師は「オンコール対応」を行う必要があります。
このオンコール対応について、詳しく説明していきますね。

オンコール対応のルールをしっかり確認しておこう

オンコール対応とは、看護師が会社用PHSなどを自宅に持ち帰って、夜間や休日など営業時間外の緊急の電話に対応できる状態にしておくことです。

訪問看護師のオンコール

オンコール対応は職場の看護師が順番に担当することが多いので、事業所の看護師の人数が少ないとオンコール対応をする頻度が高くなります。
オンコールの持ち回りを減らしたい場合は、看護師の人数が多い事業所を選んだほうがよいでしょう。

ただ、訪問看護のサービスを受けている患者さんは比較的容体が落ち着いていることが多いので、実際にオンコールで呼び出されることはそこまで多くないようです。

また、事業所によっては所長のみがオンコールを受けていたり、ベテラン看護師だけが対応していたりすることもあります。
転職を考えているときは、勤務先のオンコール対応のルールについて確認しておくと安心です。

さらに、訪問看護では、医療チームや介護チームとの連携が非常に重要です。

訪問医療チーム

医療チームとは医師や薬剤師、作業療法士や理学療法士などを指し、介護チームはケアマネージャーやヘルパーなどを指します。
この医療チームと介護チームとの連携は、患者さんの状態を正確に知っておくという点で欠かせません。

なぜかというと、複数の看護師で患者さんの状態を観察できる病院とは違い、訪問看護では担当になった看護師しか患者さんの状態を観察することができないからです。
正確に患者さんの状態を知るために、医療チームや介護チームなどと連携して患者さんの情報をしっかり共有することが重要なんです!

そのためには、患者さんのみならず、こうした関係者とも円滑にコミュニケーションを取る必要があります。
訪問看護の仕事をしていく上では、コミュニケーション力は非常に重要なんですね。

では、もし訪問看護に興味を持って働きたい場合は、どのような勤務先の候補があるのでしょうか?

次からは、訪問看護師の勤務先についてお伝えしていきます。

訪問看護師の勤務先は、訪問看護ステーションか老人介護施設

訪問看護師の勤務先は、大きく次のふたつに分けられます。
それは、訪問看護師の多くが勤務する「訪問看護ステーション」と、有料老人ホームなどの「老人介護施設」です。

それぞれの職場の特徴や知っておきたいポイントについて、説明していきますね。

【訪問看護師の勤務先】
1.訪問看護ステーション

訪問看護師

訪問看護ステーションは、自宅で療養をしている患者さんに訪問看護を行うために運営されている訪問看護専門の事業所のことです。

その数は2014年時点で全国に約7500件に上り、増加傾向にあります。
また、訪問看護ステーションのなかには、“小児看護専門”などのように特定の分野に特化している事業所もあります。

この訪問看護ステーションは小規模な事業所が多いことが特徴で、看護師数が5人未満の事業所が訪問看護ステーション全体の61%を占めています。

こうした小規模な訪問看護ステーションの場合は、訪問できる患者数が限られていて患者数が少ないため、患者さんが死亡したり入院したりなどの変化が売上にダイレクトに反映されます。

そのため、小規模な訪問看護ステーションは経営が不安定な傾向があるため、そこで働く看護師の給料にも影響することがあります。

安定した環境で働きたい場合は、看護師の人数が10名以上の大規模な訪問看護ステーションを検討するのがオススメです。

【訪問看護師の勤務先】
2.老人介護施設

訪問看護師

訪問看護ステーション以外では、有料老人ホームや介護施設などでも訪問看護師を採用しています。
ただ、こうした施設では訪問看護師を2、3名しか雇っていないため、オンコール対応などの業務分担が増える傾向があります。

このように訪問看護師の仕事は、勤務先に勤める看護師の数によって個人にかかる負担が変わってきます。
転職先を選ぶときは、人数規模に注目してみてくださいね。

ここまで、訪問看護師について様々な角度で説明してきましたが、理解は深まったでしょうか?

これまでのまとめも兼ねて、看護師が訪問看護師として働くメリットやデメリットをまとめておきますね。

訪問看護師として働くメリットは、労働条件がいいことと患者さんと向き合う看護スタイル

訪問看護師のメリットは大きく分けるとふたつあります。


  1. 日勤のみ・残業なしで働きやすいのに給料水準が高い
  2. 患者さんとじっくり向き合った看護ができる

それぞれについて、詳しく説明していきますね。

【訪問看護師のメリット】
1.勤務時間が短く、給料が割高

訪問看護師が高収入

先ほど、訪問看護師は基本的に土日休みで夜勤なしの働き方が一般的だとお話しました。
また、1日の訪問件数や訪問時間があらかじめ決まっているため、残業も少ない傾向にあります。

訪問看護師は、このように勤務時間が短いにも関わらず、病棟勤務と給料水準があまり変わりません。
20代後半の病院看護師、同じく20代後半の訪問看護師の平均年収は共に年収413万円です。(ナースの年収・給料大調査|勤務先でどう違う?

病院看護師には残業や夜勤がありますが、訪問看護師は日勤のみで残業なしということを考えると、訪問看護師の給料は割高であるといえます。

訪問看護師の給料水準が高い理由としては、時間外手当やオンコール手当などが充実していることが挙げられます。

ちなみに、ナースフルでは給料水準が高い訪問看護の求人を多く掲載しています。
なかには、日勤のみの常勤で月給45万円を超える求人もあります。
興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

【訪問看護師のメリット】
2.患者さんとしっかり向き合った看護ができる

訪問看護師のやりがいは、“患者さんとしっかり向きあえること”です。

訪問看護の利用者には、末期がんなどの終末期の患者さんや高齢の寝たきりの患者さんが多いです。
そして、こうした患者さんが考えていることは“残された人生をいかに生き、どのように死を迎えるか”ということです。

このような人生の重大な選択をした患者さんの気持ちに寄り添う看護は、訪問看護師にしかできません。
最期の看取りのときに、深く心を通わせた患者さんとご家族から送られた感謝の言葉が忘れられない訪問看護師はたくさんいます。

遠くを見つめる訪問看護師

このように、患者さんに深く踏み込んだ看護に共感する方は、訪問看護師に向いています。

さて、訪問看護師には多くのメリットがありますが、どんなにやりがいのある仕事でもちょっと気になるデメリットはつきものです。
人によっては、そのデメリットがメリットを打ち消してしまう、なんてことも・・・。

ですから、訪問看護師になりたいと思う方は、デメリットについてもちゃんと知っておきましょう。

というわけで、訪問看護のデメリットについても理解しておいてくださいね。

訪問看護師のデメリットは、悪天候での移動が大変なことや患者さんの自宅の汚れなど

訪問看護師のデメリットは、主にふたつです。


  1. 天候に関係なく自転車で訪問するのが大変
  2. 患者さん宅が汚れていたり、苦手なペットがいたりすることがある

ひとつずつ説明していきますね。

【訪問看護師のデメリット】
1.天候に関係なく自転車で訪問するのが大変

訪問看護師は雨でも自転車

訪問看護は、基本的に電動自転車で移動しますので、夏の暑さや冬の寒さ、雨や雪が大敵です。
どれだけ天候が悪くても患者さんは自宅で待っていますから、たとえ大雪でも伺わなくてはいけません。

ただ、1年訪問看護師を続けて春夏秋冬を通り過ぎれば自転車にも慣れてきますし、季節の変化を肌に感じられるのが楽しいという方もいます。
また、自転車に頻繁に乗ることでシェイプアップができた、なんてうれしい効果を実感している人もいるようです。

でも、1年中紫外線にさらされてしまうので、“日焼け止め”が欠かせないそうです。

【訪問看護師のデメリット】
2.患者さん宅が汚れていたり、苦手なペットがいたりすることがある

患者さんに行くための悩み

患者さんの自宅が汚れていたり、あなたが苦手なペットを飼っていたりすることがあります。
訪問看護師は訪問するお宅を選べませんので、こういった場合は困ってしまいますよね。

キレイ好きな人は、スリッパを持参したくなってしまいますが注意が必要です。
というのも、訪問看護師がスリッパを履くことで、患者さんに対して暗に「家が汚い」と伝えてしまう可能性があり、患者さんが気分を害してしまうかもしれないからです。

そんな時には、訪問看護師さんは“靴下の二重履き”という必殺技を使うそうです。
靴下を二重にはいておいて、帰る直前に患者さんに気づかれないように外側の靴下をさっと脱ぐという方法です。
すると、自分の靴が汚れませんし患者さんに対してもカドが立ちません。

とはいえ、潔癖症の人には耐えられない可能性がありますので、潔癖だと自覚している方はよく検討してみてくださいね。

訪問看護師のメリット、デメリット

さて、改めて訪問看護師になるメリットとデメリットを確認して、あなたは訪問看護師に興味を持ちましたか?

訪問看護師に興味をお持ちの方は、どんな看護師が実際に訪問看護で活躍しているのか気になりますよね。
というわけで、続いては実際に訪問看護の現場で活躍している看護師について紹介します。

訪問看護師に必要なのは熱意とコミュニケーション能力

看護師さんとの転職相談の場で、「訪問看護に興味はあるけど、看護師経験が浅いと訪問看護は難しいですよね?」と質問されることがあります。

先ほどお伝えしたように、訪問看護を利用する患者さんの病気は様々なので、訪問看護師には多くの知識が求められるのではないかと心配する人が多いようです。

たしかに、訪問看護師には幅広い知識が求められますが、最初からすべての知識をもっている必要はありません。

訪問看護師になるために必要なのは、訪問看護に対する熱意とコミュニケーション能力です。
ですから、訪問看護に興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

実際、訪問看護で働いている看護師さんは、一般病棟などでの経験をした後に訪問看護を選んだという方が多いです。

最終的に訪問看護

その理由としては、病棟看護師をしていたときに、自分の理想の看護が実現できずに悩み、より患者さんに寄り添える訪問看護に魅力を感じたというものです。

また、結婚や出産などのライフステージが変化するタイミングで、夜勤や残業がない働き方に魅力を感じたという人もいます。

さらに、在宅看護では男性看護師も多く活躍しています。
なぜなら、在宅看護では寝たきりの患者さんの体位交換などを頻繁に行うため、腕力がある男性看護師が求められているからです。

訪問看護師は男性も活躍

このように、訪問看護師として様々な看護師が活躍しています。
これまでの話を聞いて、「私も訪問看護師として働けるかも・・・!」と思ったあなたに、さらにお伝えしたいことがあります。

それは、訪問看護師を経験すると、あなたの看護師としてのキャリアに非常にプラスの効果があるということです。
どういうことなのか、詳しく説明していきますね。

訪問看護師の経験は、看護師スキルの底上げにつながる

訪問看護師は常に医療設備が整っていない環境で看護を行うため、常に臨機応変な対応が必要になります。
そのため、訪問看護師を経験することで、看護師のスキルとして重要な“判断力”や“コミュニケーション能力”を磨くことができるんです!

キャリアアップ

また、訪問看護の経験を積んでスキルアップしたい場合は「訪問看護認定看護師」の資格取得を目指すのもオススメです。

訪問看護認定看護師とは、在宅療養患者の主体性を尊重したサポートなどの熟練した技術と知識を持つと認められた看護師のことです。
認定看護師になるのは容易ではありませんが、ステップアップのチャンスが広がるなど取得のメリットがとても大きい資格です。

認定看護師の勉強

認定看護師の資格取得に関して詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしてみてくださいね。

また、そのほかのキャリアアップとしては、訪問看護師として経験を積んだ後に独立して訪問看護ステーションを開業するという選択肢もあります。
看護師が看護資格を活かして、経営者として活躍できるチャンスは滅多にありません。

訪問看護から女社長へ

このように訪問看護師はさまざまなチャンスがある仕事です。
そして、さらなる高齢化社会を迎える今、訪問看護師はこの先ますます必要とされるでしょう。

というわけで、最期に訪問看護師をとりまく現状と今後の動向についてお話します。

訪問看護師をとりまく現状とこれから

前回、「看護師が知っておきたい給料アップ5つの方法」の記事でもお話しした「2025年問題」が、訪問看護にも大きな影響を与えています。

2025年問題とは、日本の人口の4人に1人が75歳以上の後期高齢者になり高齢者が増加することで、病院不足や看護師の人手不足が予測されているということでしたよね。

2025年問題の解消のため、国は入院患者をできる限り在宅療養へと移していくという施策を進めています。

自宅医療の推進

この施策では、患者をできる限り早く退院させることが診療報酬アップにつながるため、医療依存度が高い患者さんを早々に退院させてしまう病院も出てきています。

また、日本は、他の先進国と比較すると、終末期を自宅で迎える患者さんの割合がとても低い状況です。
たとえば、がんで死亡した患者のうち在宅看護を受けた人の割合は、イギリスが60%に対して日本はたったの5%弱です。※訪問看護支援協会調べ

また、終末期の患者さんに対するケアである「ターミナルケア」を自宅で受ける人の割合は、オランダやフランスでは約30%ですが日本はまだ約12.5%と低い水準です。

このため、日本看護協会や日本訪問看護財団などでは、ターミナルケアを自宅で受ける人の割合を約30%まで引き上げようとしています。
つまり、訪問看護師は今後ますます“看取り”に欠かせない重要な仕事になっていきます。

こうした訪問看護の今後については、下記資料で詳しく紹介されていましたので、興味のある方はご確認ください。

このように、訪問看護師は看護技術の“質”と、看護師の人数という“量”のどちらも求められてくる状況です。
そのため、日本看護協会ではもっと多くの看護師に訪問看護に興味をもってもらおうと動き出しています。

この日本看護協会の動きとは、2016年2月26日にスタートしたばかりの「訪問看護入門プログラム」です。

看護師の学習

このプログラムでは、2日間にわたり訪問看護についての座学や同行訪問を行います。
この訪問看護入門プログラムを経験すると、訪問看護未経験の看護師に訪問看護のリアルなイメージを持つことができます。
訪問看護に興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

このような訪問看護師を増やすための取組みは、今後ますます活発化していくでしょう。
それによって、訪問看護師の数は少しずつ増えていくことが予測されます。

訪問看護師が増えていくことはとても喜ばしいことですが、訪問看護師の人手不足が解消されていくと労働条件がいい求人が減っていくことも考えられます。

そのため、訪問看護師になりたい方は、早めに条件のいい勤務先を探しておくと安心です。
転職を検討されている方は、ナースフルのような紹介会社をうまく活用してみてくださいね。

いい条件の求人を探す


いかがでしたか?

高齢化社会を迎え、訪問看護への需要は今後ますます高くなっていきます。
訪問看護に興味を持った方は、ぜひ訪問看護師への転向を検討してみてくださいね。
訪問看護師がひっぱりだこの今が、絶好のチャンスです!

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ