リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

いまどきのナース事情, ストレス解消法, 現役看護師に聞く

看護師は趣味にハマる人が多い!?看護師に人気の趣味とオススメの趣味5つ

こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

「あなたは、趣味の習い事をしていますか?」

一般的に、趣味をもつと以下のようなメリットがあります。


  • ストレス解消
  • 仕事と私生活の切り替えができる
  • 教養が高まる
  • 健康維持・向上
  • 友人ができる

このように、趣味にはさまざまなメリットがあるので、看護師に限らず趣味をもつことはとても有意義です。

忙しいイメージのある看護師ですが、現役看護師さんに趣味について質問をしたところ、ダイビングにランニング、美術館めぐり、ジムに通うなど、さまざまな趣味を楽しんでいました。

看護師は趣味もパワフルに活動

ただ、看護師は心身ともにハードな仕事なので、なかなか時間がとれず仕事と趣味との両立ができなくなる人もいます。

そこで今回は、現役看護師の趣味をリサーチした上で、忙しい日々でも続けやすい趣味を紹介したいと思います。
趣味を探している人は、ぜひ読んでくださいね。

それでは、まいります!

現役看護師に、ハマっている趣味について聞いてみた

習い事や趣味への質問に答えてくれたのは、「看護師のやりがい」の記事で回答してくれた、以下4名の看護師さんです。

全員集合


●KAさん(後列左)
看護師経験5年、国立大学病院で呼吸外科などを経験し、現在は金融系企業の企業保健師をしている
●Mさん(後列右)
看護師経験4年、国立大学病院で呼吸外科、放射線科、緩和ケア病棟を経験している
●Tさん(前列左)
看護師経験3年、民間総合病院の総合内科に勤務している
●Kさん(前列右)
看護師経験9年、療養型病院や大学病院の手術室、小児科を経験している

みなさんの趣味を教えてください!

私の趣味は旅行に行ってダイビングをすることです。
偶然、海で出会った人が隣の病院の看護師だったことがあったので、ダイビングは看護師に人気があるんじゃないかと思ってます。

なぜ、ダイビングは人気があるんでしょうか?

海の中は普段とまるで違う世界なので、思いっきり気分転換ができるからだと思います。
仕事のストレスから解き放たれたい人が多いのかもしれません(笑)

ほかのお三方はどうですか?

私は最近、同僚と一緒に皇居のまわりをランニングしています。
企業保健師になってデスクワークが増えたので、健康のために始めました。
それと、横浜ベイスターズが好きなので野球観戦にも行っています。

仕事にストレスをあまり感じていないので、ストレスを発散したい!という気持ちはないんです
休日はジムに行ったり、人と会ってご飯を食べたりして過ごしていて、なんでも楽しむタイプだと思います。

私はお芝居を観たり、美術館に行ったりして芸術に触れる機会を作るようにしています。

みなさん、それぞれ趣味や休日の過ごし方が違うんですね。
同僚の看護師さんは、どんな趣味をもっていますか?

ライブに行ってる人が多い気がします!

わかる!前の職場でロックバンドのライブによく行っている先輩がいたかも。

ライブのために、北は北海道、南は九州まで行っちゃうから、すごいパワーだなって思っています。

スパやマッサージなどのリラクゼーション系にハマっている人も多い気がしますね。
癒しを求めている人が多いんだと思います。

F1やミュージカルにハマっている人もいます。
全体的に、看護師はフットワークが軽い気がしますね。

みんな、それぞれお金のかけどころが違うよね。

このように、忙しい日々を送っている看護師の人は、いろいろな形でストレス発散や気分転換をしているよう。
ちなみに、私がお会いした看護師さんは、ディズニーランドの年間パスポートをもっている人が多かったです。
看護師は平日休みがあるので、空いている時に行けるのがうらやましいです!

さまざまな趣味の話が出ましたが、ここでナースフルが集計した人気の習い事ランキングをチェックみましょう。

看護師から人気がある習い事ベスト10とその理由

看護師が通っている習い事ベスト10は、以下の通りです。


  1. ヨガ・ピラティス
  2. フィットネス・クラブ
  3. 楽器演奏
  4. 料理
  5. 英語
  6. ダンス
  7. テニス
  8. 手芸などのものづくり
  9. アロマテラピー
  10. 英語以外の外国語

(参考:ナースフル・アンケート〜趣味の習い事&仕事に役立つ資格取得

ベスト10のうち、「1.ヨガ・ピラティス」「2.フィットネス・クラブ」「6.ダンス」「7.テニス」の4つは、身体を動かす習い事ですね。
そのほか、楽器演奏などの芸術系がランクインし、料理や手芸などものづくり系も人気があるようです。

身体を動かす趣味が多い傾向がありそうですが、一般の人と比べるとどうなのでしょうか?
参考までに、職業を限定せずに女性を対象としたアンケートでの“最近1年間で実施した習い事ベスト10”を紹介しますね。


  1. ヨガ・ピラティス
  2. 英語
  3. 料理
  4. フィットネス・クラブ
  5. パン
  6. 簿記
  7. 医療(看護・医療事務など)
  8. お菓子
  9. ペン字
  10. ピアノ

(参考:ケイコとマナブ 2016年度人気おケイコ ランキング

看護師のベスト10と共通する習い事もありますが、一般のアンケートでは身体を動かす習い事はふたつしかないので、看護師のほうがアクティブな習い事を好む傾向があるといえそうです。


あなたが始めたいと思っている趣味は、ランキングに入っていましたか?

実は、私も新しく趣味を始めたいと思い、情報収集をしているところなんです。
そこで、聞き取り調査をふまえ、“看護師にオススメの趣味”を5つ選んでみました。
なにか趣味を始めたい人は、チェックしてくださいね。

ナオコが選ぶ!看護師にオススメする趣味5つ

看護師にオススメする趣味を選ぶにあたって、私が重視した点は以下3つです。


  1. ひとりでも始められる
  2. 時間の融通がきく
  3. 新たな出会いがあるかも

看護師さんは勤務が不規則な人が多いので、時間の融通がきくことや、ひとりでもできることは外せない条件です。
出会いも気になるポイントですよね。

こうした点を踏まえて、紹介するのは以下5つの趣味です。


  1. 身体を動かすのが好きな人には「登山」
  2. ものづくりが好きな人には「カルトナージュ」
  3. カフェ好きの人には「コーヒースクール」
  4. インドア派の人には「水耕栽培」
  5. 日本の文化が好きな人は「書道」

それぞれの面白さや、かかる費用について説明しますね。

【看護師にオススメの趣味】
1.身体を動かすのが好きな人には「登山」

登山と聞くと、大変そうなイメージをもつ人がいるかもしれませんが、標高が低い山から徐々に始めれば体力的にキツクありません。
きれいな空気の下で、自然に触れられる登山は気分転換にピッタリです!

トレッキング

また、登山で汗をかいた後にスーパー銭湯で汗を流し、お風呂あがりに一杯!なんて楽しみ方もできますよ。

登山を始める場合は、以下の装備を用意しておきましょう。


  • 登山靴
  • 速乾性の服(ランニングウェアなどでもOK)
  • リュック

最初の装備を揃えるには数万円かかりますが、一度揃えてしまえば何年も使うことができます。

しかも、登山自体にかかる費用は交通費と食費くらいなので、ランニングコストがあまりかからない趣味なんです。
標高が高い山に登る際はもう少し装備が必要ですが、まずは手軽に登れる山にチャレンジして、登山にハマったら徐々に装備を揃えていくといいでしょう。

また、登山をする人は男性の比率が多いので、登山サークルなどに入ったら新たな出会いがあるかもしれません。

【看護師にオススメの趣味】
2.ものづくりが好きな人は「カルトナージュ」

「カルトナージュ」とは、フランス語で「厚紙細工」を意味し、厚紙で作った箱に布や紙を貼ってアレンジすることです。

言葉よりも写真で見た方が早いですよね。
以下のような手作りの箱を作ります。

カルトナージュ

選ぶ布によって印象がガラリと変わるので、自分好みの箱を作ることができますよ。
部屋のインテリアにもなりますし、誰かにプレゼントをあげるときにカルトナージュの箱に入れると特別感があって喜ばれます。

カルトナージュを習うための費用は教室によって違いますが、受講料と材料費を合わせて、1回あたり5,000円前後が相場のようです。

以下のページから、カルトナージュ教室の検索ができますので、気になる方はチェックしてくださいね。

【看護師にオススメの趣味】
3.カフェ好きの人には「コーヒースクール」

「カフェ巡りが好きで、コーヒーの香りをかぐと気持ちが落ちつく」
そんな人には、「コーヒースクール」がオススメです。

コーヒースクールはカフェや珈琲店が開催していて、美味しいコーヒーの淹れ方などを学ぶことができます。
ふだんはなかなか触る機会がない、エスプレッソマシーンを操作できちゃったりするんです。

コーヒーマシン

たとえば、タリーズコーヒーが開催しているコーヒースクールでは、以下のような内容を学ぶことができます。


  1. おいしいコーヒーの淹れ方
  2. コーヒーのテイスティングと豆知識
  3. エスプレッソマシンの楽しみ方

1回完結で所要時間は120分、参加費は2,000円ほどの講座が多く、気軽に参加できます。
仕事の合間にコーヒーが欠かせない私としては、個人的に一度体験してみたい習い事です。

【看護師にオススメの趣味】
4.インドア派には「水耕栽培」

看護師はアクティブな人が多いイメージですが、もちろんインドア派の人もいると思います。
そんな人にオススメしたいのは「水耕栽培」です。

水耕栽培

水耕栽培とは、水だけで野菜や花などを栽培する方法で、手軽に家庭菜園ができちゃうんです。
土を利用するガーデニングと違って、水をあげ忘れて枯らしてしまうリスクが少なく、手入れも簡単です。
それに、家の中に緑があると癒されますよね。

以下ページでは水耕栽培機が紹介されていて、費用は1万~2万円ほどです。

【看護師にオススメの趣味】
5.伝統文化が好きな人は「書道」

華道、茶道、日本舞踊など、日本の文化に関する習い事はさまざまです。
ただ、着物を着る必要があったり、揃えなくてはいけない道具が多いと、初心者にはなかなかハードルが高い印象がありますよね。

その点、書道は筆とすずり、墨汁など基本的な書道セットがあれば始められるので手軽です。

書道

そして、書道を続けていくと、キレイな文字が書けるようになります。
パソコンやスマホの普及で文字を書く機会は減っていますが、冠婚葬祭や年賀状など人前で文字を書く機会はまだまだありますし、キレイな文字は印象に残りますよね。
さらに、キレイな文字を書くために集中した状態を保つので、集中力がアップしますよ。

書道教室に通う場合は、月々5000円前後の月謝が目安となります。


いかがでしたか?

あなたが気になった習い事があれば、体験レッスンに行ってみるなど試してみてくださいね。
仕事と趣味のバランスをとりながら、生活をリフレッシュしていきましょう。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ