リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

いまどきのナース事情, 現役看護師に聞く, 看護師の恋愛事情

看護師には出会いがない?現役看護師の恋愛事情と新しい恋に出会う方法4つ

このコンテンツでは、架空のキャラクターである伊集院ナオコと山下リコが、看護の現場の話や、転職ノウハウなどについて深掘りします。
もし、当コンテンツ内で扱っている情報に関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

看護師のあなたは、最近恋愛していますか?

恋愛

「職場は女性ばかりで、なかなか男性と出会う機会がない」
「仕事が忙しくて、それどころじゃないかも」

そんな声が聞こえてきそうですね。

質問をしている私自身、仕事が忙しくしばらく恋愛していません・・・。
まぁ、そんな時期もありますよね!

ただ、ちょっと気になる情報があります。
実は、厚生労働省の調べによると、看護師は一般女性よりも未婚率が高い傾向があるんです・・・!

看護師の未婚率

とくに30代後半を比較すると、一般女性の未婚率18.4%に対して、看護師は35.9%と2倍近くの差があるんです!

その理由は個人によって違うと思いますが、看護師は経済的に自立していること、仕事が不規則で忙しく、出会いの機会が少ないことが影響していると考えられます。

でも、「恋愛したい」「結婚したい」と考えている看護師は少なくないはずです。
今回は、そんな人のために、看護師の恋愛事情や新しい恋と出会う方法について、お届けします。
(恋愛から遠ざかっている私も、この機会に考えたいと思います・・・)

それでは、まいりますっ!

現役看護師が語る!出会いの定番「合コン」は苦手意識がある

忙しい日々を送る看護師は、どんな方法で異性と出会うのでしょうか?
まずは、看護師の恋愛事情について、現役看護師さんに聞いてみました!

質問に答えてくれたのは、「看護師の趣味」や「看護師のやりがい」「看護師の人間関係」に回答してくれた、以下4名の看護師さんです。

全員集合


●KAさん(後列左)
看護師経験5年、国立大学病院で呼吸外科などを経験し、現在は金融系企業の企業保健師をしている
●Mさん(後列右)
看護師経験4年、国立大学病院で呼吸外科、放射線科、緩和ケア病棟を経験している
●Tさん(前列左)
看護師経験3年、民間総合病院の総合内科に勤務している
●Kさん(前列右)
看護師経験9年、療養型病院や大学病院の手術室、小児科を経験している

ふだん異性と出会う機会はありますか?

出会いはないですね・・・。

Mさんは大学病院勤務だから男性が多くて、職場に出会いがありそうなイメージでした!

たしかに看護師以外の医療関係者が多いから、男性はいるんですが・・・。
個人的には、医療関係者同士は仕事に対するプライドのぶつかり合いがありそうで、恋愛対象として考えられないです。

そうなんですね。
大学病院のオペ室の勤務経験があるKさんは、いかがですか?

オペ室はいろいろな科の人が出入りするので、出会う人数は多かったです。
研修医も多くて、20代後半くらいの若い先生もいました。
ただ、医師は30歳前にほとんど結婚するので既婚者が多くて、あんまり恋愛対象として見たことがないです。

みなさん、職場での出会いはあまりない印象なんですね。
それ以外には、どんな出会いがあるんでしょうか?

出会い系アプリを活用している友達が多いです。

最近多いですよね。
大丈夫なの?って思うけど、利用している人は「合コンみたいなものだし、意外と大丈夫」って言ってました。

私は出会い系アプリも合コンもあんまり好きじゃないんです。
そういう場って、絶対職業を話す流れになるじゃないですか。

看護師さんって、男性からすごく人気がありそうですよね。

「白衣の天使」とか、勝手にイメージをもたれるのがイヤなんです。
なので、もし職業を話さないといけないときは「医療職です」とか言ってごまかしてます。

医療職って言ったら、看護師だってバレそうですね(笑)

そうなんですけどね(笑)
イメージがひとり歩きするのがイヤなんですよね。
なんかゾワゾワします・・・。

こんな感じですか?

看護師は癒し系のイメージ

(出典:【漫画】看護師あるある!看護師ならわかる日常的な行動パターン16選

そうそう・・・!
「え~!看護師!すごいね!」って言われて、反応がよすぎてビックリします(笑)

看護師を好きな理由が「実際に入院したことがあって看護師さんにお世話になったから」とかならいいんですけど、イメージが先行するのは微妙ですよね。
なぜか、看護師はエロイみたいな勝手なイメージをもっている人とかいますし・・・。

勝手にイメージを膨らませられちゃうと、困っちゃいますよね・・・。
合コンや出会い系アプリを避けたい人は、どんな出会いの方法がありますか?

看護師になる前から付き合っている人もいますね。
大学に通っていた場合は、看護学部以外の学部もあるので、学生時代は出会いが多い気がします。

そうなんですね。
ドラマではよく見かけるんですが、医者と看護師のカップルは実際に多いですか?

うちは、親が医師と看護師の夫婦です。

私のまわりは医師と結婚している看護師がけっこう多いですね。
看護師をしている“いとこ”が勤務先の医師と結婚しましたし、オペ室で研修医と付き合っていた人もいたし、今の勤務先にもひとりいます。
意外と医師と看護師との恋愛ってあるんだなと思いました。

オペ室は業務上、医師と看護師さんとの距離が近いですもんね。

その影響もあるかもしれません。
オペ中は、先生がとてもかっこよく見えます(笑)

そうなんですね(笑)
私の知り合いだと、大学時代から医学生と看護学生のカップルで最近結婚した人はいますが、それ以外は知らないです。
いるところにはいるんですね。

医師と看護師のカップルは存在するんですね。
ちなみに、看護師さんのパートナーは、医療関係者とそれ以外の方とだと、どちらのほうが多いですか?

私の知り合いだと半々くらいです。
医療関係者だと、理学療法士さんと付き合っている看護師が多い気がします。

私の知り合いにも、理学療法士と看護師のカップルがいますね。

個人的には、理学療法士さんって、看護師が知らない患者さんの姿をいっぱい知っていて、すごく情報をもっていてすごいなと思っています。
元スポーツマンで爽やかな雰囲気な人が多いです。

ここまで、看護師さんの恋愛事情や出会いについて聞いてきました。

看護師は出会いの場でとても人気がある一方で、変に期待をもたれるのは困るという意見が多かったです。
では、看護師が新たな出会いを探すとしたら、どんな方法があるのでしょうか?

看護師が恋人と出会う方法4つ

看護師が新たに出会いを見つける方法は、おもに以下4つです。


  1. 職場
  2. 友達の紹介
  3. 趣味
  4. 出会い系アプリや結婚相談所

それぞれについて説明しますね。
(私も参考にします・・・)

【看護師の出会いの方法】
1.職場

「職場に出会いはないんだけど・・・」と思っている人も、職場で出会う男性を再チェックしてみましょう。

病院は多くの人が集まる場所です。
一緒に働く同僚以外にも、病院に出入りしている製薬会社や医療機器メーカーの営業、理学療法士など、ほかの医療関係者と出会う機会があります。

医療関係の男性

まずは世間話からはじめて、少しずつ親しくなってみてくださいね。
職場に好きな人ができれば、職場に行くのも楽しくなりそうです。

【看護師の出会いの方法】
2.友達の紹介

友達に紹介してもらう場合、あなたの好みなどを事前に伝えやすいので、より相性のいい人を紹介してもらえる可能性が高いです。
友達としても、変な人を紹介すると自分の信用に関わるため、そういったリスクが低いでしょう。

親しい友人の紹介

とくに、看護師のパートナーにもつ男性に、同僚や友人を紹介してもらう方法をオススメします。
実際に看護師さんをパートナーにもつ男性なら、看護師さんと相性がいい人を紹介してくれることが期待できるからです。

【看護師の出会いの方法】
3.趣味

「看護師という職業を変に意識することなく、自然にお互いを知っていきたい」という方には、趣味の場での出会いをオススメします。
趣味の場なら、自然と顔を合わせる機会があるため、お互いのことを知ってから恋愛に発展できるので安心です。

さまざまな趣味がありますが、男性の比率が多いものを選んだほうがチャンスは多いでしょう。
たとえば、ランニング、登山、ダイビングなどのスポーツ系は男性比率が高い傾向があります。
あなたの好きな趣味のなかから、男性比率が高そうなものを始めてみるのはいかがでしょうか?

トレッキング

登山は、看護師にオススメの趣味の記事でも紹介していますので、気になる方はチェックしてくださいね。

【看護師の出会いの方法】
4.出会い系アプリや結婚相談所

出会い系アプリや結婚相談所は、看護師を問わず、活用する女性が増えているようです。
結婚を真剣に考えている場合は、結婚する意志が強い男性が多い結婚相談所を活用してみましょう。

結婚相談所は入会時にきちんと身元確認をしていることが多いので、安心感があるんです。

結婚はまだいいけど恋人がほしい場合は、出会い系アプリを活用する方法があります。

出会い系アプリをつかう看護師もいる

出会い系アプリは種類が多いので、きちんと身元確認があったり、友人が利用していたりするなど、安心できるサービスを利用してくださいね。


いかがでしたか?

「なかなか出会いの機会がない」と感じている人は、出会いを増やすために、思い切って一歩を踏み出してくださいね。
この記事が、新しい恋に出会いたい人の役に立てばうれしいです。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ