リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

いまどきのナース事情, 現役看護師に聞く, 看護師の働き方

現役看護師に聞いてみた!看護師がやりがいを感じる瞬間4つ

こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

看護師のあなたは、最近、仕事のやりがいについて考えたことはありますか?

「日々忙しくて、そんなことを考えている余裕がない」なんて声が聞こえてきそうですね。

でも、そんな忙しい日々だからこそ、ときには原点に戻って看護師のやりがいについて考えてみませんか。
いつもと同じ仕事が違って見えたり、気分をリフレッシュできたりするかもしれません。

リフレッシュする看護師

そこで私は、4人の看護師さんに“仕事にやりがいを感じる瞬間”をヒアリングしてみることにしました。
その結果、以下の点にやりがいを感じていることがわかったんです。


  1. 患者さんやご家族に「ありがとう」と言われること
  2. 患者さんの人生の節目に立ち会う機会が多いこと
  3. 看護師だからこそ得られる知識や視点があること
  4. 自分のライフステージに合わせて柔軟に仕事ができること

こうしたやりがいは人それぞれ違いますが、どれも看護師の仕事特有のやりがいだと思います。
もし、あなたが看護師の仕事に疲れていたりやる気を失っていたりするなら、彼女たちの話を聞きながら、仕事についてあらためて考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、まいりますっ!

看護師の本音を教えてくれる現役看護師の方4名を紹介

まず、看護師の本音を教えてくれる4名の看護師さんを紹介します。

全員集合


●KAさん(後列左)
看護師経験5年、国立大学病院で呼吸外科などを経験し、現在は金融系企業の企業保健師をしている
●Mさん(後列右)
看護師経験4年、国立大学病院で呼吸外科、放射線科、緩和ケア病棟を経験している
●Tさん(前列左)
看護師経験3年、民間総合病院の総合内科に勤務している
●Kさん(前列右)
看護師経験9年、療養型病院や大学病院の手術室、小児科を経験している

4名の現役看護師さんに、さっそく質問をしていきます!

看護師がやりがいを感じる瞬間と印象に残っている出来事

看護師の仕事にやりがいを感じる瞬間や、印象に残っている出来事を教えてください。

患者さんやご家族から「ありがとう」って言ってもらえるときが、看護師をしていてよかったなぁと思う瞬間ですね。
何度か転職経験がありますが、患者さんやご家族から別れ際に手紙をもらったり、声をかけてもらったりして、とても感慨深かったです。

看護師みたいに、自分の頑張りを認めてもらえて感謝される仕事って、なかなかないよね。

たしかにそうですよね。

最近印象に残っているのは、患者さんとご家族の関係性が変わる瞬間を目の当たりにしたことかな。

私は緩和ケア病棟で働いているので、根治治療をあきらめたばかりの患者さんがくることが多いんです。
患者さんによって違いますが、病棟に来たばかりのときは落ち込んでいたり、カラ元気だったりすることもあります。
そこから徐々に自分の身体の状態を受け入れて、穏やかになっていく方が多いんです。
そんな変化によって、患者さんと奥様との関係がより親密になっていく様子を見たことが印象的でした。

患者さんの人生の節目に立ち会う場面が多いから、日々いろんな人生を垣間見る仕事だよね。
勤務先によって違うけど、出産、手術、介護、亡くなる直前の家族との時間・・・。
日々、多くの人生を見ているので、考えさせられることが多いです。

私は総合内科で働いていて、高齢の患者さんが多いので、介護保険や自分の親の老後について考えることが多いです(笑)

一般の20代で介護保険のことを考えている人は、あまりいなそうだよね(笑)
たしかに、看護師の仕事をしているからこそ得られた知識や考え方ってあると思います。
いろんな経験をさせてくれる患者さんや看護師という仕事に「ありがとう」と言いたい気持ちです。

このように、看護師は患者さんの人生の節目となる場面に立ち会うことが多い仕事です。
そして、そんな看護師だからこそ、患者さんとの間に特別な絆が生まれることもあるんですね。

以下は、入院していたときのエピソードを患者さんが語ったものです。

10年ほど前、とある病気で抗がん剤治療をすることになりました。
宣告されても「そうですか」とあっさり受け入れ、同室の他の患者さんから「あなたは強いね」と言われていました。

治療の前日に看護師長さんが来て、私に尋ねました。
「不安はないの?」と。
「早いとこ治療をはじめてほしいんだ」と私は答えました。
そうしたら、「強がっているだけじゃないの?私には本当の事を言ってちょうだい」と優しい口調で言われました。
その瞬間、「本当は少し怖いんだ」と、自分が気づかないようにしていた気持ちが溢れ、泣いてしまいました。
師長さんは「大丈夫。きっと治るから」と、私の手をとって励ましてくれました。

翌日から治療がはじまり、副作用でしんどいこともあったけど、「大丈夫。きっと治るから」という言葉を支えとして、治療に耐えることができました。
師長さんと話をせず、ひとりで不安と闘っていたら、治療に耐えられなかったかもしれません。本当に感謝しています。

引用元:あなたのおかげで耐えられました

こうした言葉が、看護師のやりがいにつながっているんですね。

また、看護師がやりがいを感じる瞬間は、看護師の勤務先によっても大きく違います。
なぜかというと、勤務先によって患者さんの容体や関わり方が変わるからです。

そこで次に、勤務先別の看護師のやりがいをお伝えしますね。

10の勤務先別・看護師のやりがい

以下の主な勤務先で、看護師が感じるやりがいについて説明していきます。


  1. 小児科
  2. 産婦人科
  3. 手術室
  4. 救急科
  5. 緩和ケア病棟
  6. 精神科
  7. 訪問看護
  8. 介護施設
  9. クリニック
  10. 企業

4名の看護師さんが経験したり、よく知っていたりする勤務先については、コメントを一緒に紹介しますね。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
1.小児科

小児科で働く一番のやりがいは、かわいい子供たちとのふれあいといえるでしょう。
小児科は診療科ごとに分かれている一般病棟とは違い、15歳くらいまでのさまざまな疾患をもつ患者さんが受診します。
そのため、小児科看護師は幅広い医療知識やスキルが身につくんです。

私は今、小児科で働いているのですが、扱う疾患が幅広いので勉強はとても大変。
でもその分、様々な知識を身につけることができ、視野も広がります。
小児科の子供たちは、病気や自分自身と毎日必死に戦っています。
そんな子供達の力になりたいと思いますし、忙しい中でもケアの合間やふとした瞬間の触れ合い、そして純粋な笑顔に癒されながら日々働いています。

小児科看護師については、以下の記事でくわしく紹介していますので、興味のある人はチェックしてくださいね。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
2.産婦人科

産婦人科で働くやりがいは、なんといっても生命の誕生を見届けられること。
妊娠や出産の知識は実⽣活でも役⽴つことが多いです。

産婦人科の実習で出産に立ち会わせていただき、女性の強さ・生命の神秘に感動して泣いたことを今でも覚えています。
でも、産婦人科は女性特有の病気、妊娠中の予期せぬトラブルなど、喜ばしいことだけではない職場であることも現実なんです。
助産師の友人は、だからこそ生命の尊さを強く実感すると言っていました。
産婦人科で働く助産師・看護師は、嬉しいことも悲しいことも起こりうる患者さんと、一緒に喜んだり悲しんだり・・・寄り添うことのできる広い心が求められると思います。

産婦人科についてくわしく知りたい人は、ぜひ以下の記事をチェックしてくださいね。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
3.手術室

手術室看護師は、手術チームの一員として、手術の進行をサポートします。
手術チームは、医師や臨床工学技士、手術室看護師で構成されていて、それぞれがプロフェッショナルとしてベストを尽くすんです。
手術が無事に終わったときの達成感をチームメンバーと共有することが、手術室看護師のやりがいといえます。

また、看護師の仕事のなかで、患者さんとのコミュニケーションをとる機会が少ないことも特徴です。

身体的構造を直接見て、解剖生理の知識が深まることは、看護師としての強みになります。
医師にメスなどの医療機器を渡す「器械出し」は、手術の手順を大まかに理解し、次に医師がどのような動きをするのか予想する必要があります。
医師とのあうんの呼吸があり、息がぴったり合ったときにはとても気持ちがいいです。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
4.救急科

救急科の看護師は緊急度が高い重症の患者さんと接する機会が多いため、一刻を争う状況で冷静な対応ができる判断力を高めることができます。
さまざまな疾患の患者さんが運ばれてくるため、対応力が鍛えられスキルが高まるんです。
そして、患者さんを生命の危機から救えたときに、強くやりがいを感じます。

救急科で働くメリット

救急科についてくわしく知りたい人は、以下の記事をチェックしてくださいね。

また、最近ドラマでも話題になっていたフライトナースに興味がある人は、フライトナースの記事もチェックしてくださいね。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
5.緩和ケア病棟

緩和ケア病棟とは、治癒を目的とした治療ではなく、終末期のがん・AIDS患者さんの様々な苦痛を緩和させることを目的とした病棟です。
身体的なことはもちろんのこと、看護師は精神的な苦痛をケアしていくことが求められます。

あらゆる苦痛症状の緩和・コントロールをする中で、全身管理を学ぶことができます。
常にほかの医療従事者と密な連携を取り、患者さんの苦痛を取り除くためのケアを検討しています。
看取りを多く経験する職場ですが、患者さんとご家族が有意義な時間を過ごせるようケアをする中で、深い関わりができることにやりがいを感じています。

このように、緩和ケア病棟では患者さんから頼りにされることがやりがいなんです。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
6.精神科

日本ではうつ病の患者さんが増えているため、精神科のニーズは高まっています。

精神科は、患者さんとのコミニュケーションの機会が多く、じっくりと向き合う看護を経験できることがやりがいです。
看護師が患者さんとの信頼関係を築くことで、患者さんも安心して治療を受けることができるようになります。

また、仕事を通じて精神科看護や心理学の知識も身につけることができるんです。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
7.訪問看護

訪問看護では、病気や障がいをもった方の自宅に訪問して看護ケアを提供します。
住み慣れた地域や家庭で、患者さんがその人らしく療養生活が送れるようにサポートすることに、やりがいを感じている看護師が多いです。

私の母が看護師で、在宅看護・地域看護が大好きで訪問看護師を長くやっていました。
病院ではなく患者さんの生活の場に入って看護をしていくので、それぞれのご家庭の価値観を大切にして看護をしていく難しさとやりがいがあるようです。
「自宅で療養したいけど、他人が頻繁に家に訪ねてくるのは抵抗がある」という患者さんもいたそうですが、母は少しずつ信頼関係を築いていました。
高いコミュニケーション能力と柔軟性が求められる仕事だと思います。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
8.介護施設

介護施設に入居している人の平均在所日数は1年弱ほどと、病院と比べると長期です。
そのため、看護師のやりがいは、じっくりと入居者とコミュニケーションをとりながら、健康をサポートできること。

以下の記事では、介護施設での看護師の仕事内容をくわしく紹介していますので、気になる方はチェックしてくださいね。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
9.クリニック

クリニックで働くやりがいは、規模の大きな病院と比べて患者さんとの距離が近く、ダイレクトにコミュニケーションを取れることです。
自分の症状や不安を医師にうまく話せない患者さんの気持ちを汲み取り、自分が代弁者になって患者さんをサポートできることに醍醐味を感じることができます。
地域密着型のクリニックが多く、患者さんの日常に近いところで看護が提供できることも魅力です。

また、一般的に日勤だけの勤務で、診療時間が明確に設けられているので、残業が少ない傾向があります。
看護師の仕事を続けたいけど、なにかしらの理由で夜勤ができない人が、体調に負担をかけることなく働き続けることができますよ。

クリニック看護師のメリット

また、美容外科を行う美容クリニックでの看護師の仕事については、こちらの記事で紹介していますのでチェックしてくださいね。

【勤務先別の看護師が感じるやりがい】
10.企業

「産業看護師」は、企業の医務室で働いていることが多いです。
医療機関や介護施設にいる看護師が患者さんを看護するのに対して、産業看護師は企業の社員が元気に働くことをサポートします。
病気にならないように未然に防ぐ役割を果たすことが、産業看護師のやりがいなんです。

現在、企業で働いていますが、働く人を元気にすることにやりがいを感じています。
また、病院勤務の時は体力的な不安を感じていましたが、現在は日勤だけで身体的な負担が少ないので、長く仕事を続けていけそうです。

産業看護師の仕事をくわしく知りたい人は、以下の記事も読んでみてくださいね。

このように、勤務先によって看護師がやりがいを感じるポイントは違うことがおわかりいただけたでしょうか。
もし、現在の職場より自分に合いそうだなと興味をもった勤務先があれば、くわしく情報収集してみてくださいね。

では最後に、4人の看護師さんに今後のキャリアについて聞いてみましょう。

看護師としての今後のキャリア、どう考えていますか?

今後のキャリアをどう考えていますか?
ずっと看護師を続けていきますか?

私は今と同じように病棟勤務を続けると思います。
もし、途中で辞めることがあったとしても、看護師は復帰がしやすいので続けていくでしょうね。
自分のライフステージに合った勤務先を選ぶことができることは、看護師のメリットだと思います。

病棟勤務は日勤・夜勤と不規則な勤務で大変じゃないかとよく聞かれますが、やりがいを感じるので、しばらくは夜勤も含めた病棟勤務を続けていきたいです。
というのも、患者さんの24時間に関わることで、ブツ切りではない“継続する看護”を実感できるからです。

でも、看護師はいろんな働き⽅の選択肢があります。
知り合いの看護師は、夜勤専従や派遣看護師として働いてお⾦を貯めて、しばらく海外に⾏って、帰ってきたらまた働いて、というアグレッシブな⽣活を楽しんでいる⼈もいます。
世間的には、看護師は大変でキツイというイメージをもたれがちですが、私自身は「自分に合った働き方を選べて、やりがいがあり、いきいきと生活できる職業」だと思っています。

今はまだ知識、経験共に積みたいので続けていくと思います。
でも今後は、結婚や出産を視野に入れていく年齢でもあるので、自分のペースやプライベートとの両立を考えたライフスタイルへ変えていくことも考えています。
看護師ならそういった柔軟な働き方ができますしね。

私は国立病院の看護師をしていましたが、今は金融系企業の医務室で企業保健師として働いているので、すでにキャリアチェンジ済みです。
月~金の日勤なので、常勤で働いていた頃に比べると、体力的にはかなりゆとりができました。
これからも企業保健師として働いていきたいと思っています。

このように、今後のキャリアについても人それぞれなんですね。

同じ看護師の資格をもちながら、さまざまなキャリアを実現できることも、看護師という仕事の魅力だといえます。
ですから、あなたが現在の職場環境に悩んでいたり、キャリアチェンジをしたいと思っているなら、転職を検討してみるのもひとつの方法です。

その場合は、ナースフルのような看護師専門の紹介会社に相談してみてくださいね。
ナースフルなら、さまざまな看護師の要望をかなえた転職支援の実績がありますし、看護師としてどうキャリアアップしていくべきかという相談にも乗ることができます。


いかがでしたか?

忙しい日々ですが、ときには立ち止まって自分の仕事の意義を見つめなおすことも必要です。
仕事の意義や今後のキャリアプランについて、時間をとって考えてみてくださいね。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ