リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

ナオコに聞く看護師転職成功塾

看護師の働き方, 看護師転職ノウハウ

ワークライフバランスを重視したい人にオススメ!デイサービス看護師のメリットと仕事内容、転職ポイントまとめ

こんにちは!
医療系キャリアアドバイザー、伊集院ナオコです。

看護師のあなたは、「仕事が忙しすぎて、プライベートとの両立が難しい」と思ったことはありますか?

そんな悩みをもつ人に対して、以前、介護施設で働く看護師の記事で、日勤のみの勤務で働くメリットについて紹介しました。
そして今回は、介護施設と同じように日勤のみの勤務である、「デイサービス」での働き方を紹介したいと思います。

デイサービスでは、高齢者を日帰りで施設に受け入れ、食事や入浴などの介護サービスを提供します。
(利用者とは、デイサービスを利用している高齢者のことを指します)

そんなデイサービスで働くと、次のようなメリットがあるんです。


  1. 日勤のみでワークライフバランスがとりやすい
  2. 医療処置が少ないので、ブランクがあっても働きやすい
  3. 利用者との交流がある

デイサービスで働くメリット3つ

なかでも、医療処置が少ない点は、看護師の仕事から離れてブランクがある看護師にとっては安心材料になるんです。

このように、デイサービス看護師はさまざまなメリットがありますが、メリットはデメリットの裏返しでもありますよね。
たとえば、「医療処置をする機会が少ないと、スキル低下の恐れがある」ことをデメリットと考える人もいるでしょう。

もし、あなたがデイサービスで働くことに興味があるなら、デイサービスで働く実情を理解しておいてくださいね。
そこで今回は、デイサービス看護師の仕事内容やデメリット・メリット、転職のポイントについて紹介します。

それではまいりますっ!

デイサービスで働くメリット3つ

冒頭で説明したように、デイサービス看護師のメリットは以下の3つです。


  1. 日勤のみでワークライフバランスがとりやすい
  2. 医療処置が少ないので、ブランクがあっても働きやすい
  3. 利用者との交流がある

【デイサービスで働くメリット】
1.日勤のみでワークライフバランスがとりやすい

ワークライフバランスがとりやすい

デイサービスは、平日の日中に営業している施設がほとんど。
そのため、デイサービスで働く看護師は夜勤がなく、土日が休みになるので、体力的な負担が少ないです。
そして、シフト勤務である病院勤務と比べると、家族や友人と休みを合わせやすいんです。

【デイサービスで働くメリット】
2.医療処置が少ないので、ブランクがあっても働きやすい

デイサービス看護師は医療処置が少ない

デイサービスでの看護師の主な仕事は、バイタルチェックなどの健康管理です。
デイサービスの利用者は、介護度が低く比較的元気な高齢者なので、医療処置をする機会が少ないんです。

このように、高度な看護スキルを求められる場面が少ないので、ブランクがあってスキルの低下を不安に感じている看護師から人気があります。

【デイサービスで働くメリット3つ】
3.利用者との交流がある

利用者との交流が多い

デイサービスは、利用者と交流する時間が多いので、コミュニケーションをとるのが好きな人に向いています。

また、利用者は外出の機会が少ないので、デイサービスに来ることを楽しみにしています。
デイサービスで働く看護師のなかには、高齢者がデイサービスでイキイキと過ごしている姿を見るのが好きという人も多いんです。


デイサービスで働くメリットは、ご理解いただけましたか?

ただ、どんな職場でもメリットとデメリットがあります。
デイサービス看護師になってから「こんなはずじゃなかった・・・!」と後悔しないように、デメリットについてもあらかじめ知っておきましょう。

というわけで、ここからはデイサービス看護師として働くデメリットをお話しします。

デイサービスで働くデメリット3つ

デイサービスで働くデメリット3つ

デイサービス看護師のデメリットは、以下の3つです。


1.医療処置スキルが低下する恐れがある
先ほどお話しした通り、デイサービスで働くと、医療処置をすることはほとんどないので、医療処置スキルが低下する可能性があります。
2.レクリエーションや入浴の介助など、看護業務以外の仕事も担当する
デイサービスで働く場合、入浴の介助やレクリエーションの参加などの業務もこなす必要があります。
そのため、看護業務に専念したい人は、デイサービスには向いていない可能性があるんです。
3.給与水準は低い傾向がある
デイサービス看護師は夜勤がないため、夜勤手当が支給されません。
そのため、病院勤務の看護師と比べると給与は低い傾向があります。
また、小規模な施設では、定期昇給がなかったり、福利厚生が整っていなかったりすることがあるので注意してくださいね。

このように、デイサービスは医療処置スキルをアップさせたい人や、給与にこだわりがある人には向いていない可能性がありますので、注意しましょう。

また、デイサービスに興味がある人は、転職後に「イメージと違う・・・」なんてことがないように、実際にどんな仕事をするのか知っておいてくださいね。
というわけで、デイサービスのサービス内容や、看護師の仕事内容をくわしく説明します。

デイサービスとは、高齢者を日帰りで受け入れる介護サービス

冒頭で説明したとおり、デイサービスは高齢者を日帰りで受け入れ、食事や入浴などを提供するサービスです。
利用者の日常生活をサポートすることで、利用者はもちろん、介護するご家族の負担を減らすことができます。

デイサービスとは

デイサービスが提供するサービスは、以下の通りです。


  • 食事の提供
  • 入浴の介助
  • 健康状態の確認
  • 身体の機能訓練(利用者の身体機能の低下を防止するための訓練)

上記サービスのうち、利用者が自分のニーズに合ったサービスを選択します。
こうしたサービスが提供されるデイサービスで働く看護師は、どんな仕事をしているのでしょうか。

デイサービス看護師の主な仕事は、利用者の健康管理

デイサービス看護師の主な業務は、以下のような健康管理です。


  • バイタルチェック
  • 服薬管理
  • 口腔ケア

看護業務

また、以下のような医療処置は利用者の病状によって対応しますが、頻度はあまり高くありません。


  • インシュリン注射
  • 褥瘡や創部のケア
  • バルーンカテーテルの管理
  • ストーマなどの排泄管理
  • 胃ろうの管理や経管栄養の実施

そして、デイサービスで働く看護師は、ほかの職員に比べて業務量が少ない傾向があり、空いた時間はほかの職員のサポートを行います。

たとえば、以下のような業務を担当する可能性があります。


  • 入浴介助や食事介助などの介護職員のサポート
  • 機能訓練指導員のサポート
  • レクリエーションへの参加
  • 送迎バスの運転

看護業務以外の業務

デイサービスの看護師は、看護業務以外の仕事が多いとご理解いただけると思います。
そのため、デイサービス看護師は、看護業務以外の仕事をこなす柔軟性がある人に向いている仕事なんです。

続いては、看護師と一緒にデイサービスで働く職員について紹介しますね。

看護師と一緒にデイサービスで働く職員

デイサービスで働く職員

デイサービスで一緒に働く主な職員は、以下の通りです。


1.施設長
施設長は、施設を管理する責任者です。
施設長になるために必要な資格はありませんが、介護のスペシャリストである「介護福祉士」の資格をもっていることが多いです。
2.生活相談員
生活相談員は、入所希望者がデイサービスを利用するための手続きや、役所や病院などの関連機関との連絡・調整などの窓口業務を担当します。
生活相談員をするために必要な資格は自治体によって違いますが、先ほど紹介した介護福祉士や、「介護支援専門員(ケアマネージャー)」「社会福祉士」などの資格が必要となるケースが多いです。
3.介護職員
利用者の送迎やレクリエーションの企画、食事や入浴の介助など、利用者のケアを行います。
必要な資格はとくにありませんが、「介護職員初任者研修」「実務者研修」などの介護職向けの資格を取得する人が多いです。
4.機能訓練指導員
利用者の身体の機能訓練を担当します。
施設によって必要な資格は違いますが、「理学療法士」「作業療法士」の有資格者が多いです。
また、機能訓練指導員が不足している施設では、看護師が機能訓練を担当することもあります。

デイサービスで働く看護師の仕事内容や同僚について、説明してきました。

さて、キャリアアドバイザーである私が、介護系施設への転職を検討している看護師の人から、よく聞かれる質問があります。
それは、「高齢者が居住している介護系施設とデイサービスで、看護師の働き方はどう違うの?」というもの。

介護系施設にはいくつかの種類があるため、働き方の違いがわからないという人が多いんです。

そこで、ここからは看護師の働き方の違いを軸に、デイサービスとその他の介護サービスの違いを説明していきますね。

介護サービスは、居宅サービスと施設サービスに分類される

デイサービスとほかの介護サービスの違い

高齢者向けの介護サービスは、主に以下のふたつに分類されます。


1.居宅サービス
自宅で暮らす高齢者が利用できるサービスのことで、デイサービスもそのひとつです。
ほかには、「デイケア」「訪問介護」「訪問リハビリテーション」などがあります。
2.施設サービス
利用者が施設に入所している介護サービスのことです。
具体的には、「介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」「有料老人ホーム」などがあります。

デイサービスは居宅サービスですが、利用者が通ってくるという点が特徴です。
ここからは、デイサービスと、利用者が入所している「施設サービス」での働き方の違いを説明していきますね。

施設サービスで働く看護師は、デイサービスと比べて医療処置の機会が多い

施設サービス、デイサービスで働く看護師の仕事内容の違いは、以下の通りです。


●施設サービスは医療処置をする機会が多い
施設サービスの入居者は、デイサービスの利用者よりも介護度が高いです。
そのため、施設サービスで働くと、デイサービスより医療処置をする機会が多いといえます。
病状によっては、終末期医療や認知症の看護などの専門的なスキルが必要となる場合もあるんです。
●施設サービスはオンコール当番がある
施設サービスの看護師はデイサービスと同様に日勤のみの勤務です。
しかし、入居者がいるため、夜間のオンコール当番を担当するケースが多いです。
オンコール当番の頻度は施設によって違いますが、当番の日はいつでも電話に出る必要があるので、看護師の負担が大きいといえます。

施設サービスとは

看護師として介護施設で働く場合、施設によって仕事内容や勤務体制が違います。
あなたが目指す看護師としてのキャリアや、ライフスタイルに合った働き方を選びましょう。

以下の記事で、施設サービスの種類や、施設サービスでの看護師の仕事内容をくわしく解説しているので、ぜひチェックしてくださいね。

さて、先ほどデイサービスのメリットとして、医療処置の機会が少ないとお話ししたので、「デイサービスは医療処置の機会が少ないから、看護師としての実務経験が短くても働けそう」と思う人がいるかもしれません。

しかし、デイサービスで働くタイミングについては、慎重に考えた方がいいでしょう。
その理由を解説していきますね。

デイサービスで働くのに適したタイミングが、実務経験2~3年である理由

「デイサービスで働くのに必要な実務経験はどのくらいか?」という疑問をもつ人は多いようで、Webの掲示板に以下のような相談が投稿されていました。

デイサービス看護師に必要な経験年数

2年目の看護師です。
昨年、新卒で病棟勤務をはじめ、先月に退職いたしました。
(中略)
夜勤は体調崩すからしたくない、病棟勤務はしたくない、でもまだ2年目だし技術も一通りしただけなのでもっと今のうちに身につけておくべきじゃなかったか・・・など色々考えます。
自ら決めて辞めたものの、わがままで甘ったれた考えの自分に嫌気がさすこともあります。

2年目の看護師じゃデイサービスや老人ホームなど雇ってもらうことは難しいでしょうか?
あと、自分としては看護師の免許を取ったのに、若いうちから病棟勤務をもっとこなしていないといけないんじゃないか・・・など思ってしまいます。

引用元:Yahoo!知恵袋

この相談に回答すると、できれば病院での実務経験を2~3年積んだあとに、デイサービスなどの介護系施設に転職することをオススメします。
この方は2年目ということなので、実務経験は1年ほどだと思いますので、もう少し実務経験を積んでいるとベストです。

なぜかというと、デイサービスには医師が常駐していないことがほとんどだからです。
なかには、看護師が1名しか配置されていないデイサービス施設も。

そんな施設で利用者が急変した場合は、看護師はデイサービス施設に常駐する唯一の医療従事者として、的確かつ迅速に対処する必要があります。

このような対応をするためには、基本的な看護スキルを身につけておく必要があるので、病院で実務経験を2~3年積むことが望ましいんです。
そのため、実務経験に不安がある人は、看護師が複数名配置されているデイサービス施設を選び、先輩と一緒に働くことをオススメします。


デイサービス看護師に必要な実務経験について説明しました。
こうした情報を加味しながら、転職の時期を検討してくださいね。

続いては、“デイサービス看護師の求人を探すときのポイント”について、お伝えします。

デイサービス看護師の求人を探すときのポイントふたつ

デイサービス看護師の求人を探すときのポイントは、以下の通りです。


  1. 施設の規模や、看護師の人数を確認する
  2. 必ず施設見学をする

【デイサービス看護師の求人を探すときのポイント】
1.施設の規模や、看護師の人数を確認

施設の規模や、看護師の人数を確認

さきほど説明したとおり、小規模なデイサービスでは看護師が1名しかいないことが多いです。

もし、あなたの実務経験が短かったり、ブランクがあったりする場合は1名体制では不安ですよね。
そういった場合は、規模が大きい施設を選ぶことをオススメします。
規模が大きい施設なら、看護師が2名以上のことがあるので、先輩看護師に指導してもらえるんです。

施設の規模や看護師の人数は、必ずチェックしておきましょう。

【デイサービス看護師の求人を探すときのポイント】
2.必ず施設見学をする

必ず施設見学をする

デイサービス看護師は、ほかの職員をサポートすることが多いので、相性を見極めることが重要です。

とはいえ、転職前に相性を見極めることはなかなか難しいですよね。
そこでオススメしたいのは、「施設見学」です。
施設見学とは、転職する前に実際に施設を案内してもらうことを指します。

見学では、自分が一緒に働いている姿をイメージできるかという視点で、施設長やほかの職員の様子を観察してみましょう。

見学での情報収集のテクニックについては、以下ページでくわしく説明していますので、ぜひチェックしてくださいね。

見学をしたい場合は、気になるデイサービスに直接問い合わせれば大丈夫ですが、もし自分で頼みにくい場合は、ナースフルのような看護師専門の紹介会社に依頼することもできます。

デイサービスの転職ポイント

ここまで、デイサービス看護師について、さまざまな情報を説明してきましたが、理解は深まりましたか?

最後に、デイサービスへの転職を考えている人に知っていただきたい“デイサービスを取り巻く環境の変化”について、お話ししたいと思います。

デイサービスの施設が減少する可能性があり、看護師の求人も減るかもしれない

デイサービス イメージ画像

デイサービスを取り巻く環境は、大きく変わりつつあります。
2015年に介護保険制度が改正され、以下のような変化があったんです。


  • デイサービスに対して、国や利用者が支払う「介護報酬」が下がった
  • 今までより、小規模なデイサービスを開設しにくくなった

介護保険法が改正された背景のひとつに、デイサービスの急増が挙げられます。
具体的には、2011年10月時点では29,950施設でしたが、2014年10月時点で41,144施設となり、3年間で約1.37倍になりました。
(参考:介護保険居宅サービス・全国データ

このように、デイサービスが増えて利用者が増えると、国や地方自治体の財政負担も増加します。
なぜなら、高齢者がデイサービスを利用したときの費用の多くは、介護保険でまかなわれているからです。

介護 お金

そこで、先ほどお話ししたように、国は介護報酬を減らすことで財政の負担を減らし、小規模なデイサービスを開設するときの基準を厳格化したんです。
この変化によってデイサービスは介護報酬が減額されたことで収入が減少傾向となり、経営が厳しくなるので、閉鎖する施設が出てくると予想されます。
デイサービスの施設数全体が減っていく可能性があるんです。

そして、デイサービスの施設数が減ってしまうと、そこで働く看護師の求人も減ります。
すると、希望に合う求人を見つけにくくなる可能性があるので、デイサービスへの転職を検討されている方は、ナースフルのような紹介会社を活用することをオススメします。

紹介会社を活用する看護師

なぜかというと、ナースフルでは、デイサービスの求人を多く扱っていて、転職事例も多数あるからです。

また、勤務条件や労働環境などの直接聞きにくい情報は、担当のキャリアアドバイザーがあなたに代わって情報収集することができます。
転職活動を有利に進めたい場合は、ナースフルの活用を検討してくださいね。


いかがでしたか?

デイサービス看護師は、ワークライフバランスをとりやすい仕事です。
ただ、デイサービスを取り巻く環境は変化していますので、きちんと情報収集をした上で転職活動を進めてくださいね。

ナオコの転職業界 本音トーク

ナオコさん、相談です。

あら、何かしら?

実は私の友達のナースが転職を考えていて・・・。

今、どこかの転職情報サイトを利用しようとしているそうなんですが、自分の個人情報をやみくもに登録するのはイヤだし、どうしようか迷っているみたいで・・・。

そうなのね。
じゃあ転職情報サイトの選び方をアドバイスしておこうかしら。

ほわわわ!
ぜひお願いします!

えっとね。
転職情報サイトを選ぶ際のポイントはね・・・。

そのサイトの「運営会社」をチェックすることよ。

運営会社・・・ですか?

そうよ。
実は運営会社によって、取り扱っている求人にバラつきがあるのよ。

たとえば、●●社では紹介してもらえた求人が、■■社のサービスを利用すると紹介してもらえないケースがあったりするの。

えええ!?
そんなことがあるんですか・・・!?

そうよ。
正確には「●●社にはあった求人が■■社にはないことがある」と言ったほうが分かりやすいわね。

えっ、ど、どうしてそんなことが起こるんですか・・・?

それはね、求人紹介会社のビジネスを考えれば分かるわ。

求人紹介会社はボランティアで求人を紹介しているわけじゃない。
ビジネスで求人を紹介しているの。
看護師の転職を成功させることで、求人情報を登録していた会社から紹介料をもらっているのよ。

で、今、紹介会社はものすごく増えている。
そんな激化する求人業界において、紹介会社同士の差別化をはかれる部分、それが「求人情報」なの。

つまり、“他社よりいい求人情報を取り扱っているかどうか”で、紹介会社の価値が決まるのよ。

紹介会社からすると、求人情報はいわゆる“自社の商品”になるわけね。

ほわわ・・・。
いい求人情報を揃えることが、その紹介会社の運命を握るんですね・・・。

そうよ。
だからね、転職情報サイトを選ぶ際は“そのサイトにどれだけ魅力的な求人が掲載されているか?”という視点で選ぶといいわ。
あとは求人のは「量」なんかも大事よ。
量がたくさん掲載されているということは、転職者ごとの条件に合った求人も多いはずだから。

求人の「量」・・・。

そう。
言い換えると、「求人の掲載件数が少ない転職情報サイト」は避けたほうが無難ってこと。

・・・そう考えるとね、ぶっちゃけなところ、大手の紹介会社が運営するサイト以外の選択肢はないのよ。

えっ・・・!?

今の時代、いろいろな転職情報サイトがあるわ。
でもね、やっぱり、大手の求人サイトには、大手なりの強みがあるのよ。
一言でいえば、単純に「病院とのネットワーク」の強さが違う。

病院とのネットワーク・・・!?

大手の中には古くから求人紹介ビジネスをおこなっている会社があるわ。
そういう会社は多くの病院にたくさんの看護師を紹介してきた。
その実績があるからこそ、病院側はその求人会社を信頼して、ほかの紹介会社には出さないような「特別な求人」を出したりするのよ。

特別な求人・・・?

そうよ。
その求人会社にお世話になっているからこそ、その紹介会社にだけスペシャルな求人を出すってこと。
そうすれば、その紹介会社を利用する看護師も増えるでしょ?
病院と紹介会社は持ちつ持たれつの関係なの。
いい意味でね。

なるほどです・・・。

あと、大手の紹介会社を選ぶメリットはもうひとつあるわ。

それは何ですか?

大手の紹介会社の場合、「キャリアアドバイザー」の“質”が平均して高いってことね。

キャリアアドバイザー?

キャリアアドバイザーって、ナオコさんみたいに、求人の紹介や面接のサポートなどをしてくれる人のことですか?

そうよ。
大手はキャリアアドバイザーの“質”が違う。
なぜなら、単純に優秀な人が集まりやすいから。

優秀な人が集まりやすい・・・!?

大手の紹介会社はお給料がいいこと以外にも、そこで働くやり甲斐も大きいわ。
誰しも大企業で働くことに憧れるでしょ?
だから、優秀なキャリアアドバイザーが他社からどんどん転職してくるの。

説明が長くなっちゃったけど、私の話を総合すると、転職で失敗したくないのなら、まずは大手の紹介会社が運営している転職情報サイトに登録したほうがいいってこと。

たとえば、リクルートが運営している「ナースフル」とかね。

ほわわわ・・・。 看護師の転職は奥が深いです・・・!

もっと知識をつけませんか?

このページの先頭へ