リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

静脈血採血(シリンジ採血)のポイント|クイズで学ぶ看護手技

仕事に役立つ看護手技 > 注射・点滴 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


採血といえば真空管採血をすることが多いので、この間、先輩がシリンジ採血している場面を見てちょっと驚いてしまいました。

シリンジ採血は真空管採血と異なる部分もあって、慣れていないと忘れがちよね。
あらためて手順や注意点をチェックしておきましょう。

Question1 採血前の注意点に関して誤っているのはどれ?

1.血管が細く真空管採血が難しかったため、シリンジ採血を選択した。
2.採血部位を探すとき、輸液している側の腕は避けるようにした。
3.駆血帯を巻いた後、何度も手を握ったり開いたりを繰り返すよう患者に促した。

駆血帯を巻いた後、手をグーパーしてもらうことで、表在静脈を確認しやすくなると聞いたような・・・。

Answer 3

解説
何度も手を握ったり開いたりする動作(クレンチング)を行うと、筋肉細胞内からカリウムが流出し、血清カリウム値などに影響する可能性があります。
また、駆血帯を長時間締めたままにしても、血液成分が変化してしまうことがあります。
患者さんには採血する側の手を軽く握るよう声かけし、駆血時間は1~2分以内を目安にしましょう。

採血量が多いと作業に時間がかかるため、シリンジ内の血液が凝固しないよう注意が必要です。
また、必要な量を精確に採取できる真空管採血に比べて、採血量の過不足が生じる可能性や、分注の際に針刺しが起こるリスクも考えられます。
これらのことから、現在では多くの場面で真空管採血が選択されています。
しかし、血管が細いなどの理由で真空管採血が難しい場合や、血液培養などホルダーに合わない採血管を使用する場合は、シリンジ採血を行うことがあります。

シリンジ採血における採血前の注意点は、基本的に真空管採血の場合と変わりません。
輸液している側からの採血は、薬剤が混入することがあるため避けるようにします。
どうしても輸液している側を選ばざるを得ないケースでは、中枢側ではなく、できるだけ離れた末梢側を穿刺するようにしましょう。
なお、透析などのためにシャントを造設している場合も、シャント肢側での採血はNGです。

Question2 シリンジ採血の実施に関して誤っているのはどれ?

1.皮膚に対して針の角度が15~20度になるように穿刺した。
2.血液の逆流を確認してから、利き手でゆっくりと内筒を引いた。
3.採血後はアルコール綿で押さえながら針を引き抜き、それから駆血帯を外した。

引っかけ問題でなければ、これは採血の基本ですね!

Answer 3

解説
駆血帯を巻いたままの状態で抜針すれば、穿刺部から流血してしまいます。
勢い良く噴出するおそれもあるため、必ず駆血帯を外してから針を抜きましょう。
抜針後は止血用パッドの付いた絆創膏などで穿刺部を保護し、5分間ほど圧迫止血します。
このとき、穿刺部を揉むと止血しにくくなるため、患者さんにも揉まないように説明しておきましょう。

穿刺角度はおおむね15~20度になるようにして、シリンジを固定しながら刺入します。
注射針のカット面を上にしてスムーズに挿入することで、疼痛を最小限に抑えることができます。
また、皮膚を伸展させて張りを持たせることで、血管が動きにくくなります。

血液の逆流(逆血)は、確実に血管内に針を刺入できたことの証となります。
注射器と針の接続部に血液が流入していることが分かったら、利き手と反対の手でシリンジを固定します。
その後、利き手で内筒をゆっくりと引きましょう。
シリンジ採血では、必要な量のみが自動的に採取できる真空管採血とは異なるので、あらかじめ検査などに必要な合計量をしっかりと把握しておく必要があります。

Question3 シリンジ採血後の処理に関して正しいのはどれ?

1.抜去した針はリキャップせず、シリンジごと廃棄した。
2.シリンジから分注するとき、片方の手で採血管を把持して針を刺した。
3.できるだけ素早く分注できるよう、内筒を強く押しながら採血管に注入した。

シリンジからの分注は、血液が固まらないうちに急いで作業すべきですよね。

Answer 1

解説
使用済みの針はリキャップせず、シリンジごと専用の廃棄容器に速やかに捨てます。
針刺し防止機構付きの採血用シリンジなどを使用すれば簡単に針を保護でき、安全性が高まります。
廃棄容器が満タンになると梱包時に針が飛び出すおそれがあるので、容量の8割程度まで入れたら新しい容器と交換します。

分注は(1)凝固検査用容器→(2)血球検査用容器→(3)ヘパリン容器→(4)血糖検査用容器→(5)生化学検査用容器という順番で行います。
この順番通り、採血管立てに並べておくとよいでしょう。
針刺し事故を予防するためには、採血管を手に持つことは避け、採血管立てを利用します。
できれば、分注ホルダーなどの安全器具を用いることが望ましいでしょう。

勢い良く血液が押し出されると溶血してしまい、検査値が不正確になることがあります。
内筒を押すのではなく採血管の自然吸引に任せ、ゆっくりと血液を注入しましょう。


正直、真空管採血のことだけ覚えていれば大丈夫と思っていましたが、シリンジ採血をする機会もまだまだあるのですね。

特に分注する際には細心の注意が必要よ。
どちらの採血方法でも自信を持って行えるようになっておきましょう。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ