リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

静脈血採血(真空管採血)のポイント|クイズで学ぶ看護手技

仕事に役立つ看護手技 > 注射・点滴 編

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


先日、あまり経験のないシリンジ採血には戸惑ってしまいましたが、真空管採血なら任せてください!

それは頼もしいわね。
ただ、慣れているだけに、かえって見落としているポイントもあるかもしれないわね。

Question1 真空管採血における採血量に関して誤っているのはどれ?

1.採血管は陰圧に調整されており、血管に針を刺入すれば確実に必要量を採血できる。
2.翼状針を用いる場合、チューブ内に血液が残留しやすいため注意する。
3.駆血帯を締めている時間が長いと、採血量が多くなる傾向がある。

真空管採血は「勝手に血液が入っていく」というイメージですが…。

Answer 1

解説
真空管採血に用いる採血管は、正確な採血量が得られるよう陰圧に調整されています。
血管内に針が入った状態で採血管をホルダーに差し込めば血液が流入し、十分な量がたまったところで止まります。
ただし、血管内に針が入っているにもかかわらず十分量の血液が流入しないケースもゼロではなく、特に脱水傾向の患者さんでは注意が必要です。

翼状針は、血管が細くて針先の固定が難しい場合などに用いられます。
ただし、チューブ内に血液が残りやすいため、凝固検査や血沈検査などでは採血量の不足が問題になることがあります。

採血量は、そのときの環境条件(気温や気圧など)、患者さんの状態(血圧など)、手技のやり方の影響を受けて増減することがあります。
例えば、駆血帯の締め方がきつかったり駆血時間が長かったりすると、静脈内圧力が高まって採血量が多くなる傾向があります。
逆に、締め方が弱いと採血量が不足することも考えられるため、適度な強さ・時間で締めることを意識しましょう。

Question2 真空管採血における感染予防に関して誤っているのはどれ?

1.ホルダーはディスポーザブルが基本で、使い回すことはしない。
2.採血後は駆血帯を外してから、採血管の入ったホルダーを抜く。
3.採血管内の針に血液が触れないようにするため、患者に腕を下向きにするよう伝える。

できるだけ感染リスクを下げるためには…。

Answer 2

解説
ホルダーに採血管を刺したまま駆血帯を緩めると、微量ながら採血管内の血液が逆流します。
滅菌されていない採血管の場合は細菌感染のおそれがあるほか、抗凝固薬などが体内に入る可能性も考えられます。
そのため、まずは採血管をホルダーから外し、その後に駆血帯を外してから抜針するのが正しい方法とされています。

採血に用いる針はもちろんのこと、ホルダーからの感染リスクも見逃せません。
例えば、漏れた血液がホルダーに付着し、別の患者さんの採血時に逆流することで、交差感染が起こるおそれもあります。
そのため、ホルダーはディスポーザブル製品の使用を基本とし、使用後は針とともに廃棄することが求められています。

採血時、患者さんの腕を下向きにする(アームダウン法)ことで、採血管の底を採血部よりも下の位置に置き、採取した血液が採血管内の針へ触れないようにすることができます。

Question3 真空管採血における溶血リスクに関して正しいのはどれ?

1.中の血液が泡立つほど強く採血管を転倒混和しても、溶血リスクには影響しない。
2.成人の静脈血採血に21~22Gの針を用いた場合、溶血リスクは上昇する。
3.規定量より少量の採血となった場合、その血液は陰圧の影響を受けて溶血リスクが高まる。

溶血とは、血液中の赤血球が何らかの原因で破壊された状態でしたよね。

Answer 3

解説
採血後には、採血管をしっかりと(目安として5回以上)転倒混和する必要があります。
ただし、泡立つほど強く混ぜるなど過度な振動を与えると、溶血の原因になりかねません。
同じ理由で、検査を待つ間は試験管立てに立てるなどしてできるだけ静置し、運搬時にも強い振動を与えないよう配慮しましょう。

成人の静脈血採血には21~22Gの針を用いるのが基本で、小児など血管が細い場合は23Gを用いることもあります。
それより細い針を使うと、赤血球が針の中を通過する際の抵抗が強く、赤血球の破壊につながることがあります。

真空管採血で規定量に満たない採血となった場合、血液が陰圧にさらされた状態になり、溶血する可能性があります。
そのため、必ず規定量を採血するようにしましょう。


あらためて聞かれると、さっと答えが出てこないものですね…。

日常的にこなす手技こそ、「知ったつもり」にならないように意識的に振り返る機会を持つことが大切ね。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

監修:医療法人社団航洋会 目黒通りハートクリニック 理事長/院長 安田洋先生

TOPへ