リクルートの看護師転職パートナー ナースフル

閉じる

明日役立つ手技から働き方、医療ニュースまで、看護に活かせる情報をお届け ナースフルマガジン

看護師が言語聴覚士の資格をとるメリットは?

最新ナースコラム > ナースのお仕事

当コンテンツは株式会社 リクルートメディカルキャリアが運営する「ナースフル」というサイト内のコンテンツです。
もし、当コンテンツに関してご不明な点がある場合は、こちらの運営者情報ページからお問い合わせください。


「言葉」や「聴こえ」、「発声」、「摂食」などのリハビリテーションを担う言語聴覚士は、医療機関だけでなく、保健や福祉、介護、教育など、幅広いフィールドで活躍しています。看護師が言語聴覚士の資格を取る方法や言語聴覚士のニーズなどを紹介します。

言語聴覚士になるには?

言語聴覚士は、音声機能、言語機能または聴覚に障害がある人について、その機能の維持向上を目的とした訓練や必要な検査、指導、支援を行う専門職で、1997年に国家資格として認定されました。近年注目が集まっているリハビリテーション領域のなかでも最も新しい国家資格で、現在の有資格者は約3万1,000人。理学療法士や作業療法士と比べても歴史が浅いこともあり、人数が少ないのが現状です。

一般的な言語聴覚士の国家試験受験資格を得るには、高等学校卒業後、短期大学や大学、専修学校などの言語聴覚士養成課程(3~4年制)を修了する、もしくは一般の4年制大学卒業後に、大学または大学院の専攻科など(2年制)を修了する2つの大きなルートがあります。

すでに看護師資格を持っている人の場合、言語聴覚学課程がある専攻科に進むことで、最短1年で言語聴覚士の国家試験受験資格が得られます。夜間の言語聴覚士養成課程を開講している専修学校もあり、例えば看護師として週5日、日勤のみで勤務しながら夜間に通学するという選択肢も可能でしょう。

資格取得だけでなく研究にも関心がある人なら、大学院に進学するという選択肢もあります。ただし、看護師の国家試験の合格率が例年で90%以上であるのに対し、言語聴覚士の国家試験合格者は既卒も含めると約50~60%。看護師としての医療知識は十分に活かせますが、集中的に学んで国家試験の準備を進めることが重要です。

言語聴覚士の役割は?

言語聴覚士が専門とするのは、次のような障害に対するリハビリテーションや支援です。

  • 失語症:
    言語中枢に障害が及び、聞く、話す、読む、書くなどの能力の低下が生じるもの
  • 運動性構音障害:
    脳機能障害により、発語に必要な筋肉が麻痺するなどしてろれつが回らない、特定の音が出ないなどの障害が生じるもの
  • 吃音(きつおん)・音声障害:
    言葉の一部を繰り返したり、詰まってしまったりするもの
  • 聴覚障害:
    先天的、または加齢や疾病によって聴こえが悪くなるもの
  • 嚥下障害:
    病気や障害などにより、食べ物を咀嚼したり飲み込んだりすることに障害があるもの

言語聴覚士は、理学療法士や作業療法士といった他のリハビリテーション職との連携はもちろん、医師や看護師、管理栄養士、臨床検査技師など、多職種連携が欠かせない職種でもあります。患者さんの生活背景や介護者の状況などに合わせた個別性の高い指導や支援を検討して訓練を行うことが求められます。

看護師のWライセンスの選択肢となるのは、嚥下障害の人の観察や検査、食形態の検討など、看護師が行うケアとの共通点があることが理由のひとつでしょう。また、患者さんとじっくりかかわりながらリハビリテーションが進められるのも言語聴覚士のやりがいのひとつです。

言語聴覚士のニーズと将来性は?

言語聴覚士が担当するリハビリテーションの対象は小児から高齢者まで幅広く、求人も医療機関だけに限りません。言葉や発音の訓練をする「ことばの教室」や補聴器の調整を行う専門外来や専門店、主に嚥下障害への対応が必要な介護施設など、ニーズは高い一方で言語聴覚士が不足している現場が多いのが実状です。

また、言葉の発達や吃音のある子どもや補聴器を必要とする人など、言語聴覚士が関わる人は心理的なケアを必要としているケースも少なくありません。例えば吃音がある人は社交不安障害になりやすいことが知られており、家族への指導も含めたケアが欠かせない領域です。患者さんや家族に寄り添い、生活を支える視点を持つ看護師が資格を持つことのメリットもあるといえるでしょう。

言語聴覚士として働く場合は夜勤もなく、リハビリテーションの時間も事前に予定が組まれているため、言語聴覚の分野で長く活躍したい、看護師としての経験も活かしながらチーム医療を実践したい人は選択肢のひとつになるのではないでしょうか。

しかし、資格を取得するには時間も費用もかかる一方で給与面では看護師に追いついていないのも現状。自施設の言語聴覚士や養成課程を開設する大学のオープンキャンパスで話を聞くなど、慎重に検討しましょう。

ナースフルでは働く看護師さんを応援しています。
転職についてお悩みの方はこちらのフォームよりご相談ください。

参考
日本言語聴覚士協会

TOPへ